羽黒山

【おすすめ見所】最上川、銀山温泉、羽黒山

今日も昨日のエントリに引き続き、私の地元、山形のおすすめ見所を書きたいと思います。

久しぶりに朝早く起きることが出来ました。朝活してエントリを作るのはなんとなく気持ちいですね。

*今回の最上川の水害被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
*本マガジンの説明はこちら

* * *

今回の舞台(山形県)

最上川

この程の氾濫により、その猛威を改めて示した最上川。

一方で、最上川は

もっとみる
ありがとうございす!とても嬉しいです!
4

羽黒にて山伏修行 〜思考をすて、体で感じる〜

先週末、山形県鶴岡市羽黒に山伏修行に参加してきた(サムネイルは、羽黒町観光協会HPより)。

数年前から何名かの知人から素晴らしいよって聞いていて、最近自分でも山を走るようになり山で修行する山伏が気になっていた。

そして、最近『日本列島回復論』を読み、"山水郷"という概念を知った。大きな平野に人々が大きな都市を築くようになったのは、治水技術が進んで江戸時代以降であり、古より人々は、水やエネルギー

もっとみる
スキありがとうございます!!次の記事をお楽しみに!
19

羽黒修験 里山伏と秋峰の行

写真は秋峰の行の最終夜に行われる八朔祭の写真です。

羽黒派修験道と里山伏

修験道とは、役小角(えんのおづの)を始祖とし、山岳に登り修行を積み、その呪力により加持祈祷をする、山岳信仰と仏教の密教信仰があわされた宗教のことです。

羽黒派修験道は、江戸時代に東北から関東地方にかけて、羽黒山の本坊である寺院と直末寺、または孫末寺、曽孫末寺の関係で結ばれた約5000人に及ぶ修験者の教団で、天台宗聖護院

もっとみる
励みになります!!
6

#note書き初め

こんにちは。ちゃんゆかです。

今日は母と祖母と山形の羽黒山へ初詣に行きました。

国宝の五重塔。

山頂までは急な階段をたくさん登りました。自分の足で登りきったので何かご利益があると信じています。

さて。2020年の目標。

1.転職

2.貯金

3.趣味を充実させる

4.デートDV関連の活動を続ける

5.新しい仕事に慣れる

簡単に書くとこんな感じです。

でもまずは何よりも転職。

もっとみる
他の記事も読んでみてね!
5

私が わたしに 還る旅 ~羽黒山1

8月の最後、遅めの夏休みの旅先に選んだのは
祖父の故郷・山形。
結婚前の家族旅行から2年ぶり。
今回は主人と二人旅。
主人は初めての山形。
旅の目的は、出羽三山参り。
感じることの多い、不思議な旅でした。

西の伊勢参り 東の出羽三山参り

わたしの住む愛知県では、伊勢神宮への伊勢参りが有名ですが
出羽三山参りは、あまり知られていないように思います。

ですが、古くは
西の伊勢参り 東の出羽三山参

もっとみる
うれしい♡
4

クラゲドリーム

#週1note
ご覧のみなさん、
水曜日のつかぴです。

サードシーズンも
残すところ、
今週と来週の2回で終わりとなりました。

クラゲドリーム館 (鶴岡市立加茂水族館) 。

先月、
2019年6月18日(火) 22:22
山形県沖地震 が発生しました。

新潟県村上市府屋で震度6強を観測。
山形県鶴岡市温海川で震度6弱 。
マグニチュードは M6.7 。

鶴岡市鼠ヶ関で11cmの津波が

もっとみる
チュッ💋
16

梅雨イサキ

ふぐの背ごし

ありがたいことに6月は公私共々たくさんのところに訪れることができました。

まずラジオの取材で山口県へ。くじらのやつです。下関は調査捕鯨のための船が旅立つ場所だったので、実はくじらの名産地。でも今度から調査じゃなくて商業捕鯨になるので、船は変わらず出ますが捕りに行く場所が変わります。

下関でくじら料理や、ふぐ(ちなみに山口では「ふく」と濁らない)の、骨ごと魚をぶったたく「背ごし」

もっとみる
ありがとうございマス!
5

『神仏習合』日本人としての在り方を考える

昨日、山形県にある羽黒山に行ってきました

そこで受けた感覚や想いイメージを書き留めておきたいと思います

何かを感じましたら
遠慮なくご意見・アドバイス等いただけたら嬉しいです。

*****

羽黒山の山頂に佇む
『出羽三山神社』

ここは、その昔
『神仏習合』として在った場所である

神と仏が共存する場

その名残が今も残っている

その空気感や佇まいが
とても神聖な場所に思えてしかたなかっ

もっとみる

羽黒山神社(日常の不思議ファイル 34)

羽黒山神社の宮司さんの夢枕に大神が立ちました。
40年以上まえくらいの話です。

出羽三山ではなく栃木県の羽黒山神社の話です。

栃木県神社庁によると、
江戸時代、宇都宮城主奥平公が出羽の羽黒山の分霊を祀った。
との記述がありますが、

地元の言い伝えによると、
地元の豪族が東北の安倍一族と戦った時、
福島にある羽黒神社からご神体を盗んできたという話が伝わっています。

現在の感覚から言えば
ご神

もっとみる
(^^)ありがとうございます。