演繹法

【読書メモ】

羽田康祐『問題解決力を高める「推論」の技術』
第5章「成果を倍増させる「推論力の合わせ技」」

②-1提案力を身につける

事業面と財政面のすり合わせを行うために、「帰納法」と「演繹法」の合わせ技を使い、提案の根拠を相手に提示します。

励みになります!
5

【読書メモ】

羽田康祐『問題解決力を高める「推論」の技術』
第5章「成果を倍増させる「推論力の合わせ技」」

①-3一貫性を保つ

会社の方針が決まったとしても、各部門の施策への落とし込みが必要です。各部門の個別方針と会社全体の方針に一貫性を持たせるため、演繹法を活用します。

ご愛読ありがとうございます!
8

【読書メモ】

羽田康祐『問題解決力を高める「推論」の技術』
第5章「成果を倍増させる「推論力の合わせ技」」

①-2一貫性を保つ

会社の方針の策定には、フレームワーク(例えば3C)と組み合わせると、ロジックに説得力がでます。複数の事例から共通点を見つけ結論に結びつけます。

ご愛読ありがとうございます!
4

【読書メモ】

羽田康祐『問題解決力を高める「推論」の技術』
第5章「成果を倍増させる「推論力の合わせ技」」

①-1一貫性を保つ

会社の全体方針と各部門の個別の施策に一貫性を持たせるため、全体の方針を決めるときは帰納法、それを個別の施策に落とし込むときは演繹法を使います。

励みになります!
8

【読書メモ】

羽田康祐『問題解決力を高める「推論」の技術』
第4章「「仮説」を生み出す推論法 アブダクション」

アブダクションのポイント②

アブダクションで導き出された仮説を、「演繹法」で検証することによって、より再現性の高い法則することができます。

ご愛読ありがとうございます!
10

【読書メモ】

羽田康祐『問題解決力を高める「推論」の技術』
第4章「「仮説」を生み出す推論法 アブダクション」

アブダクションのポイント①

アブダクションとは「仮説」を導くための推論法です。鍵となるのは、ストックしている法則の多さで、洞察的帰納法により増やすことができます。

嬉しいです!
13

【読書メモ】

羽田康祐『問題解決力を高める「推論」の技術』
第4章「「仮説」を生み出す推論法 アブダクション」

トレーニング方法②

世の中の事象に、以下のステップを当てはめ訓練します。

1. 疑問を持つ
2. 法則を当てはめる
3. 仮説を導く
4. 演繹法で検証する

励みになります!
13

【読書メモ】

羽田康祐『問題解決力を高める「推論」の技術』
第4章「「仮説」を生み出す推論法 アブダクション」

トレーニング方法①

日常業務で問題に対して「なぜ?」と疑問を持ち、法則を当てはめ、仮説を生み出すことを繰り返すことで、アブダクションをトレーニングできます。

励みになります!
14

1コロ、7月。

『インから~1番2番3番、4番5番6番ッ!!』

『い~ま~・・・スタートしましたあ~』

『イン、ぐああああ#&%$あ~ッ はやい~ッ!!』

今更ですが児島競艇場の実況、椛島さんの細かすぎて伝わらないモノマネが流行っていたりします。我が家だけ。

さておき、堅実な方の1コロ検証。

UPしたら微妙な展開とはなりましたが、とりあえず5~6月で黒字にはなったので、もう少しじっくりコトコト煮詰めて7

もっとみる
⌒°(・ω・)°⌒ ピギィ~!!
8

【読書メモ】

羽田康祐『問題解決力を高める「推論」の技術』
第4章「「仮説」を生み出す推論法 アブダクション」

アブダクションをビジネスで活かす③

他社の成功事例を自社に応用する際にアブダクションを活用できます。事例に法則を当てはめ仮説をたてることで成功の主要因を導きます。

ご愛読ありがとうございます!
10