樋口耕太郎

『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』樋口耕太郎

『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』樋口耕太郎

♥️感想♥️ 普段、実用書の類はあまり読まないが、気になったため軽い気持ちで読んでみたら、かなり重要な内容だった。 ─何に重要か?誰に重要か? 沖縄の話だから沖縄でしょ、はとんだ勘違いである。 沖縄の問題は日本社会そのものであり、そして何より自分の問題なのだ。 私は恥を承知で言うが、友達が居ない。恋人も居ない。それは自分には縁がないから、だとか、魅力がないから、だとか、他のもののせいにしてきた。確かに、それは一理ある。しかし、本書を読んで、それは己の自尊心の低さゆえに自分を

スキ
4
回り道だけど正しい道…かもしれないけど:読書録「沖縄から貧困がなくならない本当の理由」

回り道だけど正しい道…かもしれないけど:読書録「沖縄から貧困がなくならない本当の理由」

・沖縄から貧困がなくならない本当の理由 著者:樋口耕太郎 出版:光文社新書(Kindle版) Kindleのキャンペーンで安くなっていたので購入。 相変わらずAmazonに踊らされておりますw。 本書は金融畑から企業再生で沖縄に乗り込み、そこで人生を一変する経験をした作者による「沖縄の貧困」の原因分析とその解決策を提示した作品。 <沖縄の貧困に関連する問題は、数々のデータが示しているとおりだ。   約 3割に達する子どもの貧困率( 1位、全国平均の約 2倍)、給食費未納

スキ
4
約60%OFF!399円【6月29日限定】樋口耕太郎 『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』【Kindle日替わりセール】

約60%OFF!399円【6月29日限定】樋口耕太郎 『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』【Kindle日替わりセール】

こんにちは。光文社電子書籍担当の佐藤です。 樋口耕太郎 『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』が 本日、6月29日(火)限定、Kindle日替わり特別セール! 通常時990円(税込)→→約60%OFF 399円(税込)! 24時間限定の特別価格です! 沖縄には、謎が多い。圧倒的な好景気が続く中、なぜ、突出した貧困社会なのか。「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。誰もなしえなかったアプローチで、沖縄

スキ
11
② マンガも読めなかった僕が『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』を読んで伝えたいこと

② マンガも読めなかった僕が『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』を読んで伝えたいこと

「クラクション」を鳴らした奴が悪者扱い

スキ
36
有料
100
#沖縄から貧困がなくならない本当の理由 著者の #樋口 耕太郎氏のトークイベントに参加しました😊

#沖縄から貧困がなくならない本当の理由 著者の #樋口 耕太郎氏のトークイベントに参加しました😊

樋口先生とお会いするのは本日で2回目😊 1回目は去年の12月半ば。お絵かきムービーの作成を始めたところでした。 (お絵かきムービーはこちら) ▶︎ https://youtu.be/UNt5-KnSwoA 当初お絵かきムービーを使い、同じ境遇のシングルマザー(シングルファーザー)向けに応援メッセージを制作しようと思っていた私。 ただ制作過程で何か違和感を感じる🤔 私が伝えたいことってシングルマザーに頑張れってことを言いたいの? いや、シングルマザーはすでに頑張ってる。

スキ
5
#13 激動の県知事選から2年 変わる沖縄人の意識と貧困がなくならない本当の理由

#13 激動の県知事選から2年 変わる沖縄人の意識と貧困がなくならない本当の理由

視聴⇒ https://vimeo.com/ondemand/politastv/451028895 出演:樋口耕太郎(トリニティ株式会社代表取締役社長/沖縄大学人文学部准教授

愛の経営(『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』2)

愛の経営(『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』2)

「経済性を完全に捨てて愛を優先する。それが、結果として、究極の経済合理性をもたらす」というシンプルな発想は、実は、極めて合理的なのだが、資本主義経済の常識からはかなり異常に見える。 私は本社でちょっとした「狂人」あつかいとなり、解雇前には、精神科にかかるか、半年休職するかを迫られ、東京本社の社員は沖縄にいる私との接触をされた。 愛に生きること、愛の経営を再び実現すること、が人生の目的になり、それまで重要だと思っていた一切のことに関心がなくなってしまった。 一人ひとりの人

スキ
7
『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』1

『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』1

人生において、ありのままで愛される体験は、人間にとっての究極の価値である。一人ひとりの人生から、究極の価値が奪われれば、社会が問題だらけになるのは、当然ではないか。 人間が生きて死ぬまでの間の最も価値ある体験が妨げられることが、人間と社会の根源的な問題でなくてなんだろう。 表面上は穏やかで、しかし、深い怒りを溜めて、自ら変化を望まず、現状維持という麻酔を打ち続ける社会。これが問題でなくてなんだろう。 自分の羽を信じられない人は、羽ばたく可能性を考えもしない。自分を生きる

スキ
2
読書感想 『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』 樋口耕太郎 「2020年現在の必読書」

読書感想 『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』 樋口耕太郎 「2020年現在の必読書」

 沖縄に何度か行ったことがある。  初夏の石垣島は、とても太陽が強かった。空港に降りた時は、初めて空港の地面を歩き、荷物を受け取るところには、地元の英雄・具志堅用高の写真が誇らしげに飾られていた。島の道路を走っていると、左右に牛がいた。時間の流れが違って感じた。  12月の沖縄本島は、まだ寒くなかった。  海はある地点までは、緑とモスグリーンの間の色で、とても澄んでいて、ある地点から、急に濃い青い色に変わっていた。  そんな海は見たことがなかった。  それから、ずいぶん長い

スキ
7
【2020読書】No.347『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』

【2020読書】No.347『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』

本日もお読みいただきありがとうございます。 昨年は、305冊の本を読みました、五木田穣(ごきたゆたか)です。 過去5年間で1015冊の本を読み、その記録はFacebookの方にしてきましたが、今年から、更新の仕方を変えつつ、こちらに記録をアップしております。 2020年9月26日。2020年270日目。 2020年347冊目の読書は、 『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』 でした。 ※なお、この投稿は、本の内容を要約する趣旨のものではございません。 あくまで個人

スキ
1