【ポッドキャスト67】宗教”やってる”私が見た映画『A』『A2』(森達也監督)

こんにちは。フローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話す「環・地球おしゃべり」、それがマトカのpodcastです。

ごく最近、ちょっといまさらではあるのですが、森達也監督のドキュメンタリー映画『A』『A2』を一気見しました。

『A』(1998年)は地下鉄サリン事件の後で混乱

もっとみる
ありがとうございます!これからもよろしくお願いします♡
1

【映画『i-新聞記者ドキュメント-』】

映画『i-新聞記者ドキュメント-』を観ました。

この作品は東京新聞望月衣塑子(もちづきいそこ)記者に密着したドキュメンタリー映画です。

結論的な感想を先に言うならば本当に素晴らしい作品でした。

現場に足を運び現場で見て聞いて感じて現場の声をちゃんと記事にしたり官邸記者会見で質問したり、望月さんからジャーナリスト魂を感じ感動しました。

官邸記者会見での質問が鋭いことを脅威に思われたのか望月さ

もっとみる
「スキ」してくださりありがとうございます(≧▽≦)
2

「死刑」

この本を読み終えて、ちょっと怖い感じがした。

こうしてる間にも、塀の中では吊るされようと待ってる人間がいて、全て秘密裏に事が進み、執行しましたという結果だけがメディアによって知らされる。死を直接イメージできる戦場などだったらわかるが、清潔に整えられたガラス張りの部屋がある刑場で首を吊るされ、死ななきゃ刑務官が下で縛られた脚を引っ張る。粛々と、人間味のない、ただ機械的にシステムとして人殺しが実行さ

もっとみる

【映画のはなし】キリスト者の私が見た、別の宗教:映画『A』『A2』(森達也監督)

text by Hanako in London

私はキリスト教の信者なので、「宗教やってる人」と言われることがある。

「やってる」っていわれると…う~ん、何かやってるってわけでもないんだけど~と言いたいときもないわけじゃないけど、

でもまあ、いいです。
宗教やってます(笑)。

ある段階で神を持って生きていくと決めたのだが、「決めた」というほど別に力強く決意したわけでもない。

あるとき「

もっとみる
ありがとうございます!これからもよろしくお願いします♡
3

「FAKEな平成史」

平成は遠くなりにけり…(笑)。

森達也さんの著書は、どれもハッキリとした結論・解答は出ない。問題提起をして、考える材料を示しているともいえるけど。

結局、「ねぇ、みんな、人を殺してはいけないんだ。大切なのは愛なんだよ」なんて恥ずいヒューマニズムに落ち着いてるような気もしないでもないけど、素晴らしい数々のドキュメンタリー作品を通して、ステレオタイプな見方や固定観念に??を突き付けてきた著者がゲス

もっとみる
thanxです。
1

「虐殺のスイッチ」

人のために、国民のために、国のために、きっと彼らも後で理解するはずだ…嘘が微塵もなく、恐ろしい程本気。

こうして、正義は肥大化し、善意が暴走する。

こうなると、結果、あり得ない程多くの人間を加害することになる。

そして、政治家が「国民の生命と安全を守るため」と言い出すと、既に国は大きな間違いを犯してる。歴史を振り返ればわかる。

人は、容易に思考が止まって、理性や感情もなくして、抑制が効かず

もっとみる
thanxです。
1

「オカルト」

「A」シリーズで旬の、森達也さんの「オカルト」を読んだ。前に「職業欄はエスパー」を読んだことあるが、その次作ってとこかな。たくさんの「オ」カルティストに取材したルポ。

結局、否定に傾きながらも、結論はグレーゾーンで曖昧であやふやな部分があるといったところだ。超能力や心霊・超常現象等は、現在のところ、科学的に検証すれば「ない」と結論付けられるが、まだ、どこか理解できない不思議な現象が実際にあるから

もっとみる

名古屋シネマテークで2020年6月13日(土)よりスタートしている『新聞記者』『i新聞記者 ─ドキュメント─』の上映を記念して、6月20(土)18:35〜より<森達也監督 スペシャルトーク>が名古屋シネマテークで開催された。その様子を全編音声でお届け!

テクノロジーの歴史を変えた2007年前後、あなたはWEBで何をしていましたか?

トーマス・フリードマンの『遅刻してくれてありがとう』〜2007年に一体何が起きたのか?〜の項の中で、2007年前後の年はテクノロジーの歴史にとって重要な年と位置づけられています。

2006年〜 FACEBOOKの一般開放を開始
2006年末 GoogleがYoutubeを買収
※Youtubeはもともと出会い系っぽいサイトだったというのはWEBの記事などでは語り草になっていますかね?
2007年

もっとみる
僕もスキです!
3

#30DayMovieChallenge

Songに続く30日チャレンジ。和訳を捉えるのに手こずったり、否定的なものもあったり、途中から30DayFilmChallengeなる類似別企画のほうが伸びてきてたり、でなかなかモチベーションを保つのが苦しい企画であった。なるべく、ベスト映画に選出したもの以外から選ぼうと努力した30作品。

[1日目 お気に入りの映画]

THE 有頂天ホテル

こういうの考えると、いつでも結局ここに戻ってきてし

もっとみる
スースースキ
23