下村健一

◆報道現場25年。「筑紫哲也NEWS23」「サタデーずばッと」等で取材キャスター ◆民間任用で内閣審議官。民主&自民の3政権で、首相官邸の広報を担当 ◆東大・慶応大・関西大などの教壇を経て、白鴎大特任教授 ◆令和メディア研究所主宰、「インターネットメディア協会」リテラシー担当理事

追悼 大林宣彦さんーー訃報が触れていない、もう1つのライフワーク

大林宣彦監督が亡くなった。昨日一斉にそれを報じたメディアの追悼記事には、数々の映画作品の功績や、平和を強く希求した人物像が揃って描かれていた。 だがーーー私が直…

リモート化に消極的なニュース情報番組の“感度” って、どうなの?

家からテレビ局まではるばる外出してきた出演者たちが、「外出を控えよう」と視聴者に呼びかける。この奇妙な光景に、今変化が進行中だ。 こういう移行期には、番組ごとの…

デマに負けないーー“コロナ後”に向けて、ヨルダンの ある情報教育プラン

コロナ禍で、世界中のNGOなどの市民活動も今、活動停止などの窮地に直面している。各地で子ども達の教育支援を実践している国際NGO「国境なき子どもたち」も、その1つ。 …

今すぐ! コロナ報道が取るべき“戦時態勢”

コロナ禍が、いよいよ深刻な段階にさしかかってきた。メディアも、いよいよ平時とは発想を切り替えた《戦時下の報道》のあり方を考えるべき時だ。 戦時の報道と言うと、大…

地下鉄サリン事件ーー25年目の全駅献花巡り

今日(3/20)、東京都心の6ヶ所の地下鉄駅構内に、こんな献花台がひっそりと設置された。ちょうど25年前の今朝8時頃、丸ノ内線・日比谷線・千代田線を大混乱に陥れた、世界…

緊急事態に臨んで――― 3・11当時の官邸から、今の官邸に伝えたい事

2011年の今日3/11―――突然大震災と共に襲ってきた、福島原発事故。危機は短時間でピーク状態に駆け上がり、首相官邸は、目に見えない放射性物質の拡散と格闘。事故現場の…