株主

【経営学を学ぶ企画】第一章その4

挨拶

 予告通り、今回は株主総会の議決権等の仕組みについて解説になります。

株主総会の議決権とは

 前回、少し触れましたが、株主総会は株式会社の最高機関として機能しており、定款の変更や解散・合弁などの基本事項から株主の利益に関わる配当や取締役や監査役の選任と解任の権限も持ち合わせてます。わかりやすく言い換えると、株主総会の議決権は会社の運営方針を左右し、経営者の任命等の経営層における人事権が

もっとみる
応援ありがとうございます。
1

丸善株主優待制度は本好きの味方!

私はカレーと、本に使いました。
ありがとうございます。

もっとみる
やったー!ありがとうございます♪よろしければシェアお願いします♪

会社四季報を通読する

おはようございます。山本憲明です。

スカパーでカープの試合をほとんど観ていますが、
現実的に今年はもう優勝は無理でしょうね。

ただ、「今年はもうだめだ」と毎試合思いながらも、
勝てば嬉しく、結局観てしまいます。

1992年から2015年までは暗黒の時代で、一生優勝を
見られないと思っていましたが、セリーグ3連覇は
幸せな時間でした。

FA選手を取らなかったり、成長した主力が流出
してしまう

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです。
8

【経営企画担当者のためのIR/SR実践講座】第5回:SRの目的と手法とは?

連載1回目から4回目まで、主にIRに的を絞って書いてきた。

今回はIRからは少し離れて、SR(Shareholder Relations)について説明してみたい。

SR(Shareholder Relations)とは?

従来「株主対応」というと株主総会運営や総会屋対策という文脈の中で、企業の総務部所管事項とされることが多く、企業経営の中でもあまり注目を浴びる分野ではなかった。

どちらかと

もっとみる
スキありがとうございます!!
2

企業

昨日、虎の門ニュースで武田邦彦先生が言葉にしていた「株式会社の制度変える」という話に感銘を受けたので記していきたいと思う。

株式会社の一番偉い人は誰か?もちろん社長ではない。筆頭株主だ。それが今の現状だ。筆頭株主と社長が一緒の場合もあるだろうが、海外の投資家が目を付けその会社の株の半分を占めたとすればその会社の一番偉い人はその投資家に変わる。筆頭株主は会社の方針に口出しをできる。それを主にやって

もっとみる
読んで頂きありがとうございます🙏愛と感謝をあなたへ🌈

資産運用スキル【WEEK 24】

今回は、前回の資産運用スキルの続きの話をしていきます。

前回の記事をまだ見ていない方がいましたら、以下の記事を見てから今回の記事を見るようにしてください!

それでは、今回の資産運用スキルについて紹介していきます。

順序を踏んで投資を行うべきである。

上記の図は、前回も取り上げたものになりますが
①自己投資・②人脈投資・③事業投資の3つで、自分の稼ぐ力を強くする投資=不労所得ではない投資を行

もっとみる
スキありがとうございます!
8
ありがとうございます!!\(^o^)/
2
ありがとうございます!!(≧▽≦)
1
ありがとうございます!!\(^o^)/
2
ありがとうございます!!\(^o^)/
1