新型肺炎

コロナウイルス感染と生存者バイアス

生存者バイアスとは、Wikipediaより引用↓

生存者バイアス(せいぞんしゃバイアス、英語: survivorship bias, survival bias)または生存バイアス(せいぞんバイアス)とは、何らかの選択過程を通過できた人・物・事にのみを基準として判断を行い、通過できなかった人・物・事は見えなくなるため、それを見逃してしまうという誤謬である。選択バイアス(英語版)の一種である。

もっとみる

covidー9世界の状況

イタリアで大量の感染者が二ヶ所で集団発生と言う様式で発生。2名が死亡。
 イランでもこの三日間で感染者が急増。

 EUは感染者が欧州全土に広がると考え、各国に警戒を呼びかけている。
 ドイツでは武漢の関係者と社内会議を行った後、感染者が数人出たが現在十数人で抑えられている。バイエルン州だ。
 フランスもそれほど出ていない。

 韓国は溢れている。

 情報が余り出ない。
 頼りのRe

もっとみる

「最悪の事態」を想定できない私たち

新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号。乗客だった栃木県内の60代の女性が、ウイルス検査で陰性と判断され下船した後、発熱して22日に感染が確認されました。

この女性がどうだったのかは分かりませんが、下船した方々は公共交通機関を使って帰宅することが許されていました。ウイルスが広がる可能性を大きくしてしまったわけです。こうした対応を見るにつけ、感染症というリスクへの

もっとみる

新型肺炎の「相談・受診の目安」で安心できないワケ

厚生労働省が、新型コロナウイルスの感染症が疑われる場合の相談・受診の目安を示した。37.5℃以上の熱が4日以上続けば、帰国者・接触者相談センターに相談するなどといったものである。

しかし、37.5℃以上の熱が4日以上続くまで相談できないのかとか、かといって持病を持つ人や妊婦はその限りではないと補足してみたりと、結局「相談・受診の目安」が示されたからといって、安心できない人は多い。

なぜ、こうし

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
2

新型コロナウィルスに対する恐怖以外に何ができますか?

このコロナウィルスについて考えたときに頭に浮かんだ最初の考えは「マスク」でした。 それでは、最初にマスクの使用方法について説明しましょう!

1. マスク

マスクをつけ、ウィルス対策だけでなく、新たな春夏スタイルも挑戦したいと思ってる。⁣

皆さん、マスクの正しいつけ方を紹介します。⁣

😷付け方>>>>>>>>>着色側は正面⁣
まず、鼻と口の両方を確実に覆い⁣
↓⁣
ゴムひもを耳にかけ⁣

もっとみる

新型コロナウイルスの設計図を持っているのは、神か人間か!?

こんにちは、未来人Jです。

 昨日も同様のテーマでnoteを書きました。

 「もっとわかりやすく書いてほしい」という声がありました。

 わかりやすく書きます。

 人間が作ったものには、設計図があります。

 設計図には、

 ①作った目的

 ②作用、副作用、対象年齢

 ③作り方

 ④治し方

が書いてあります。

 万が一、④治し方が書いていなくても、①~③までは明確になります。

もっとみる

新型コロナウイルスの感染拡大防止策、どうなっているんだろう!?🇯🇵

感染どのくらい拡大しているのだろう..

検査してないみたいだけど..

日本の感染者数、4月には万単位に膨れあがるのかなぁ..😭

中国だって、当初の感染者は40人ちょっとだったのに、今では7万以上に!😱

それも国があれだけ封じ込めに力を入れていても、7万..

😨💦 すいませーん、特効薬まだですかぁー?🙏💦💦

各方面の方々色々大変なのだろうけど..🙇‍♀️

これまで

もっとみる

危機管理で重要なCSCA

このような緊急事態では、事実の誤認や歪曲はとても危険で、そこから不安や懸念が広がり、デマやフェイクが拡散し、社会不安、社会的・経済的損失につながることが多いものです。

 こんな時にこそ、感情的になったり、逆上したり、個人や組織を批判したりすることは避けるべき。そこに時間や労力をかけている場合ではなく、それによってまたオペレーションが阻害されることがあるからです。

 緊急時には多くの人々が興奮し

もっとみる

えっ~こんな時にまた出張?

世界で新型コロナウィルスが拡散されてる中、またもや中国へ出張、、、

先月29日に強制撤収が始まりソウルに着くなり2/11まで隔離生活。

隔離生活中は本当に何も出来なかったらしい…
ただスーパーへ買い物は出来ると連絡を貰いそれは少し安心しました。

そして23日!
またもや中国出張へ!

こんな時期なのに?
韓国の会社は何を考えてるのか?

ソウルにいるから安心ではありませんが、それでも中国より

もっとみる