食べたいなぁ

食べるだけで

ちょっと元気になってしまう味がある

お世辞にも おしゃれとか高級と言えない

夕方に赤ちょうちんが 何個も灯る

ごちゃごちゃした街の

狭っまい 焼肉屋

美しい光に引き寄せられるのとは

また違う引力で

赤ちょうちんに

惹き寄せられて

気づいたら カウンターに座っていた

カウンターの中に 小さな店主がひとり

ぜんぜん嫌みのない でもホッとする

やさしいやりとりで

もっとみる
わぁ!!抱きしめていいですか?
12

パーフェクト酢豚

やけどしそうに熱い。出来たての酢豚が熱いのは、油で揚げた豚肉をすぐに、とろみのある冷めにくい熱々の甘酢に絡めるからだ。勢いよくひとくちめを口に入れると、脂肪分のない部位を使った歯ごたえのある豚肉が割れ、じゅわっと汁が出てきて舌をつつむ。そこに熱々の白飯を投入するからさらに口内の温度が上がり、涙目になる。なんとか飲み込めるようになるまで待っているときの痛そうな顔が、いつもすごく面白いと母は言うのだっ

もっとみる
スキ、心から感謝です。
2

夜鳴きそば

忘れられない味がある。

祖母の作るお味噌汁とか

母が作る鮭ご飯とか

父が作る牛乳ラーメンだとか

家庭で食べる 家族が作るその味のほかにも

自分には 忘れられない味がある。

それは小さなトラックで

金曜日の夜にだけやってくる

『夜鳴きそば』

夏休みや冬休みには必ず行く 

母親の育った町で

決まって その夜鳴きそばを食べた

金曜日の夜10時過ぎ

どこからともなく

チャルメラ

もっとみる
スキしてくれた、その2倍好きです。
4

鶏の解体体験

2年前に鶏をさばく解体のワークショップに参加した。知人の農家さんが農業と養鶏をされている。鶏は1年経つと産卵率が下がるので廃鶏となる。親鳥と呼ばれるものがそれにあたる。

その農家さんは自分たちが大切に育てた鶏の命を業者の方に頼み、命の最期を自分で見届けることができない。それは無責任で悲しいことだと思い、解体を体験してもらうワークショップという形で命の最期を見届けることにされた。

正直、自分が鶏

もっとみる

アップルパイの思い出

広島の五日市の石内ペノン内にあるANT BAKARY。

私の最近のお気に入りのパン屋さん。三次MUGIMUGI の系列店である。三次のものを使い地産地消で作られている。

ここのアップルパイはおいしい。ごろごろのりんごではなく、しっかり煮詰めてあり甘さも甘すぎずちょうど良い。

自称アップルパイが大好きな私。アップルパイと言っても色々な種類がある。カスタードクリームが入ったもの、りんごが丸ごとは

もっとみる

ガレット・ブルトンヌ

久しぶりに寒さがこたえ、寒い、寒いと心の中で呟きながら家路を急いでいたが、ふと、けさ「きょう荷物届くさかいな、ちゃんと受け取るんやで」と言われていたのを思い出し、宅配ボックスを開けると、大きめの袋が届いていた。
封を切ると、自家製の味噌や大量のフリーズドライのスープが入っている。

「ちょうどひとり暮らし初の豚汁しよと思ってたんや、気が効くやん、味噌で汁物作ったらフリーズドライはいらんけどな、お

もっとみる

おにぎりの、海苔は「しっとり」

コンビニ業界の影響で、パリッとした海苔のおにぎりが主流になってしまった。平成以降の生まれでは、パリパリしたおにぎりを好む人が増えているのだろうと思う。

 おにぎりの海苔は、しっとりである。
 念を押しておきたいので、再度。
 おにぎりの海苔は、しっとりがうまいのである。

 近年の話題としては、人が実際に手で握っているおにぎりは食べたくないという人もいると耳にする。ご家庭で作るにも、あの熱い状態

もっとみる
ありがとうございます。よい日でありますように。
1

大人になれるような気がしていた、思い出の味

子供の頃、辛いカレーが苦手だった。家でお母さんが作るカレーにはいつも自分だけ牛乳を足していたし、CoCo壱番屋のカレーは辛さのレベルは一番下。レトルトを買うときは甘口。

そんなわたしが辛いカレーを食べられるようになったのは、社会人1年目の春のこと。

当時わたしは大阪支店にいて、採用の仕事をしていた。その時の上司が好きだったのが、"インディアンカレー"というカレー屋さんのカレー。よく昼ご飯に食べ

もっとみる
ありがとうございます♪スキだーーーーーーーっ!
4

時代を超えて愛される缶コーヒー。

コーヒーがとても好きだ。

しかし子供の頃、初めて口につけた時は苦いだけで美味しさが分からなかった。

大人の味だった。

ある日、小学生だった俺はまた飲んでみたくなってマウンテンバイクに乗り自動販売機の前までペダルをこいだ。

硬貨を入れて見た目が気に入った缶コーヒーのボタンを押した。

取り出し口に落ちてくる音が好きだ。

その場で飲むと少し大人になった気分だった。

開けて缶を上げて飲むと、

もっとみる