笠原なつみ|元気がなくても作れるレシピ

白血病・料理・旅・生き方 ■レッスン情報はこちら https://linktr.ee/natsumi.ka

笠原なつみ|元気がなくても作れるレシピ

白血病・料理・旅・生き方 ■レッスン情報はこちら https://linktr.ee/natsumi.ka

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

元気がなくても作れる【食材別レシピ索引】

レシピを食材別にまとめました。今日のご飯作りにお役立ていただけたら幸いです。(@natsumi.kasahara)でも最新レシピをアップしています。 随時更新しますので「マガジン追加」やブックマークしていただけると繰り返し見やすくなります。(2023.1.26更新) わたしについて、ご興味ある方はこちらもどうぞ。 |玉ねぎ|にんじん|じゃがいも|もやし|葉物小松菜 ニラ チンゲン菜 豆苗 |トマト|キャベツ|レタス|ナス・ズッキーニ|大根|かぼちゃ|しいたけ|ご

    • ひとりの夜にワンパンで作る。「ベーコンとブロッコリーのクリームスパゲッティ」

      |わざわざ別鍋で茹でて〜という作り方に戻れなくなる「ワンパンパスタ」温暖なイメージの香川県も、ここ数日かなり冷え込んだ日々が続いております。皆さん、体調を崩されていませんか? さて、普段は小麦アレルギーの夫が食べられないので麺類を作ることはないのですが、彼が飲み会でいない日は、ここぞとばかりに麺類が食べたくなります。元々、麺類が大好きなので。 特に「ワンパンパスタ(フライパン1つで作るパスタ)」を知ってからは、もうすっかりハマってしまって、ひとりの夜はパスタと決めて、せっ

      • 2023年にしたい仕事

        カレーとチャイとプリン ヤエ食堂さんのオンライン講座『おうちでヤエ食堂プロジェクト』のサポートをしています。 スパイスカレーの講座やレシピに求めるものは、男性と女性でぜんぜん違うんだ!という発見がありました。 食だけじゃなくてもいいのですが、今年は講座作りをサポートするお仕事を増やしたいな、という話。講座作り、得意中の大得意で、大好きなんです。

        • 材料3つ「昆布の梅みりん煮」。もっとも気楽なだしガラ活用レシピ

          |だしガラ昆布、捨てるのはもったいないけれど…皆さん、だしを取り終わったあとの昆布ってどうしてますか? わたしはふだん、昆布といりこでおだしをとるのですが、その時にだしガラの昆布を捨ててしまうのがもったいないなぁと感じることがあります。 (いりこはお味噌汁の具にしてしまうことが多いです) 毎回おだしをとるだけでも「ちょっとだけ手間だなぁ」って人並みに感じます。 だから、その後さらに、捨てずに昆布をどう使うか(調理する手間)を考えると益々気持ちが重たくなるものです。 い

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 声で届けたい話
          笠原なつみ|元気がなくても作れるレシピ
        • 冬のレシピ
          笠原なつみ|元気がなくても作れるレシピ
        • 繰り返し読みたくなるnote
          笠原なつみ|元気がなくても作れるレシピ
        • 定番レシピ
          笠原なつみ|元気がなくても作れるレシピ
        • 出版までの道のり
          笠原なつみ|元気がなくても作れるレシピ
        • コラム
          笠原なつみ|元気がなくても作れるレシピ

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          朝10分のホッとする習慣

          冬の朝はラテよりココアが好きです。 ミルクココアじゃなくてココアパウダーで作ると甘くてほろ苦い大人のココアが作れます。 ■使っているココアの材料 レインフォレスト ナチュラルココアパウダー マイナーフィギュアズオーツミルク てんさい糖

          【得意で好き】と【苦手で嫌い】を書き出してみたら

          ■得意で好き 人前で話すこと 人に教える、伝える プレゼン、コミュニケーション 料理、レシピ 文章を書く 人と会う(会いにいく) いいものを紹介する 講座作りと仕組み作り 人と人の縁をつなげる 出かける、動く 旅行の計画etc.. ■苦手で嫌い 経理 事務 書類整理 ルーティン業務 ずっと同じ場所にいること ずっと同じ仕事をすること 発送作業 サブスク(提供するのも支払うのも苦手) etc.. そんな話です。

          もうブレない、悩まない、迷わない!これがわたしの「鶏の唐揚げ」

          「わたしだけの正解」が無性に欲しくなった唐揚げみたいな定番料理って、もう無限にレシピがあって正直なにが正解なのか、もう訳わからなくなりませんか? 何を隠そう、わたしがそうだったんです。 ある日、岡山県のパン屋さんで買った唐揚げが、目を見張るほどおいしかったんですよ。パン屋さんで唐揚げが売ってること自体が珍しいし、パン屋さんでパンは買わずに唐揚げだけ買って帰るお客さんも珍しいと思うんですが…。 とにかく見た目もコロンとふわんとして可愛くて、もう家に帰るまで我慢できなくて、平

          冬の主役おかず。驚くほどプリッと仕上がる「豚肉とチンゲン菜の中華風クリーム煮」

          最初に言っておきます。 豚こま肉をプリッと仕上げるための工夫をしたら、結果的に驚くほどかんたんに出来上がってしまったんです…。 あれ?これでおしまい?って拍子抜けしちゃったレシピをご紹介します。 |これでおしまい?って拍子抜けの「お手軽レシピ」「クリーム煮」って、皆さんはどんなイメージを持ってますか? 『男性が嫌がりそう…』 『ごはんに合わなそう』 『手間がかかりそう』 というイメージがわたしはあったので「男性もおいしく食べられて、ごはんに合うクリーム煮」を考えてみました

          元気がない日はこれだけ!「もやし1袋まるごとあんかけ」満足感もまんぷく感も。

          皆さん、もやしってよく買いますか? 実はわたし、もやしを買うのが苦手でした。 なぜって、買ったら翌日には使い切らないとダメになるし、冷凍したらベチャッとなるから使い勝手が悪いなぁって思って。使い切る策を決め打ちして買わないと、使うタイミングを逃してしまうから…。 使い切るなら、例えば「鍋」とか「ナムル」が定番でしょうか。 わたしがもやしを操るならば、簡単なのにちょっと新しい使い方で、満足感もまんぷく感もあるレシピがいいなぁと思ったんです。 |もやしに片栗粉をまとわせると

          シェアリングエコノミー時代は「やってみたもん勝ち」

          |やってみたもん勝ち。おととい、虎ノ門ヒルズで開催されたシェアリングエコノミー協会の「シェアフェス2022」に参加してきました。 一言でまとめると「やってみたもん勝ち」だなぁって思ったんです。 ひとつの仕事では生活が成り立たなくても、複数の仕事を掛け合わせることで「自分だけの天職」ができあがるという考え方をしている人たちが、次々と壇上の上でとっても楽しそうに自分の仕事について語ってくれました。 ほんと、お世辞じゃ無くみんな楽しそうで幸せそうなオーラに包まれていました。

          ヘトヘトでも作れる1分おかず。切って混ぜるだけ「ちくわのツナマヨサラダ」

          小さい頃、ちくわが大好きでした。 穴の中にきゅうりを入れて斜めに切り、醤油をつけて食べるのが実家での定番料理でした。ちょっとお腹が空いたときに冷蔵庫の中を開けて、ちくわのつまみ食いもよくしていました。 香川に住むようになってからは「じゃこ天」を年に何度かいただくようになったのですが、それでもやっぱりわたしはちくわ派です。 ▼『元気がなくても作りたくなる』レシピの魅力を音声でもお伝えしてます |「ツナマヨ」感覚でごはんにも合う今回のレシピは、サラダや和え物というくくりに

          旅行以上で移住未満ーわたしが「旅」に求めるもの

          中欧(ブタペスト・プラハ・ベルリン・ヘルシンキ)の旅から帰ってきて、もうすぐ1ヶ月。もう次の旅に出たくて仕方がないわたしです。 今回は、3年ぶり3回目の中期滞在で自分が「旅」に求めるものがわかってきたよ、という話を綴りたいと思います。 |留学?ワーホリ?移住?大学時代から「留学したい」と思いを秘め、ワーホリも興味はありつつも28歳で起業して怒涛のように仕事をしているうちに30歳を超え、いまに至ります。(現在35歳です) でも、留学もワーホリも「できなかった」というより「

          3分で高タンパクおかず!元気がなくても作れる「豆まめ塩マスタード炒め」

          今回のレシピはタイトルのとおり、いんげん豆と大豆の2種類のお豆さんを使います。 もう、豆を使うって時点で「あ、これ以上読むのをやめよう…」と思った方は、ちょっと待って…! ▼『元気がなくても作りたくなる』レシピの魅力を音声でもお伝えしてます |ゆで大豆を使うから「楽チン」豚こま肉といんげんをザクザク刻む。 ゆで大豆を使う。 あとは、炒め合わせるだけです。 味付けは、塩とマスタード。 マスタードがなければ、柚子胡椒やワサビでもOK。 とってもシンプル&たった3分ででき

          カリッと!ベーコン&Wペッパー「男前かぼちゃサラダ」お酒のおつまみに。

          |男性に。スイーツよりお酒が好きな女性にも▼『元気がなくても作りたくなる』レシピの魅力を音声でもお伝えしてます 「いちばん好きな料理ってなんですか?」と聞かれたら、「かぼちゃ料理全般です」と答えるくらいかぼちゃが好きです。 でも、乳製品アレルギーになってからは ・かぼちゃのスープ(牛乳NG) ・かぼちゃサラダ(クリームチーズNG) ・かぼちゃコロッケ(生クリーム入りの場合NG) って、市販やお店のほとんどのかぼちゃ料理が食べられなくなりました…。 食べたければ家で作るし

          まるでカクテル!人生はじめて美味しいと思った「チェリービール」との出会い

          |こんなに美味しいビール、はじめて!わたし、ビールが苦手でした。 これまでの人生で、ビールを美味しいと思ったことが一度もありません。ほんとに。 でも、『せっかくビールの美味しい国へやってきたんだから!』とSNSで友人に言われて、恐る恐るチェリービールを買ってみたんです。 しかも、350mlというサイズはないので、飲めるかどうかもわからないまま500mlを購入。 とは言っても、円換算でなんと驚きの126円! ひと口飲んでみると…もう、これはジュース…!! というくらい感

          パジャマのまま、パンを買いに走りたくなる!?「ぽってりコーンスープ」の作り方

          だんだん秋が深まる季節。 日本ではもうすぐキンモクセイが香る時期ですね。 ブタペストは日が陰ると日本よりも肌寒く、スープが恋しくなります。 |材料は「だいたい」で大丈夫。さて、今回ご紹介するのはコーンスープ。 スープを作る時、野菜の分量はだいたいの目安できっちり計らず作っています。 準備するのは、 コーン缶詰 玉ねぎ  にんじん 白ねぎ(あれば) それと、塩・水だけ。 「だいたい」 「適量」 と言われても困る方も多いと思うので、 コーン : 玉ねぎ : にんじん :