宣伝会議コピーライター養成講座

#29「コピーライターに求められる能力は言語化力。マーケターは...」

#29「コピーライターに求められる能力は言語化力。マーケターは...」

大学2年時。 あることをきっかけに私は「コピーライター」という職を知り、興味を持ち、大学3年時に宣伝会議「コピーライター養成講座」に通うことになる。 ※こちらの関する記事は明日書きます。 結果として今は、コピーライターではなく、マーケターとして日々過ごしていますが、どちらの職もとても似ているな。と日々感じています。 ただ、アウトプットとして求められる能力が若干異なるので、そちらに関して記載させていただきます。 コピーライターに求められる能力は、言語化力。 そうそうまさに

11
第118期コピーライター養成講座を振り返っての感想②通ってよかったことと、今後取り組みたいこと

第118期コピーライター養成講座を振り返っての感想②通ってよかったことと、今後取り組みたいこと

こんばんは!さむです。 前回に引き続き、コピーライター養成講座を振り返っての感想です。マジで一個人の感想しか書いていないので、有益な情報は公式ページか他の方の記事へ← 今回は、コピーライター養成講座に通って、個人的に良かったことについて振り返ります。 ①いい意味でメンタルが鍛えられる かなりざっくり言うと、仕事に行く度に自信がなくなっていく状況だったのですが、毎回異なる考え方の講師に講評いただくことで、「いい部分」「改善すべきところ」を冷静に考える習慣がついたと思います。

4
第118期コピーライター養成講座を振り返って①コピーライター養成講座って何?なぜ通った?

第118期コピーライター養成講座を振り返って①コピーライター養成講座って何?なぜ通った?

こんばんは! 最近1990年代のSFドラマ「バビロン5」を観はじめたさむです。 地球人以外の種族の外交官たちに対して、「こんな人身近にいるなあ」と感じられる要素がたくさんあるのが面白くてハマっています。 早々に脱線しましたが、本題へ。 今回は昨年通っていたコピーライター養成講座について、なんとなく振り返ってみようと思います。思いつくままに
書いていたら長くなってしまったので、2記事に分けます。 一個人の感想しかないので、情報収集や有益なものをお探しの方は公式HPへどう

7
【ネーミング・コピー実績】バッグブランド「TETLE」

【ネーミング・コピー実績】バッグブランド「TETLE」

佐賀市のテント製造業「神野テント」さまが新たに立ち上げたバッグブランド「TETLE(テトル)」が2月23日デビュー!! 北村は、ネーミングをはじめ、ウェブサイト・リーフレット・店頭ポップの文章、テレビCMのナレーション原稿まで担当させていただきました。神野テントさまに取材させていただいたり、クリエイティブディレクターと夜な夜な話し合ったりしながら、コンセプトからじっくり(短期間でしたが気持ちはじっくり)取り組んだ仕事です。 1968年の創業から三代にわたって受け継がれてきた

7
コピーライター養成講座 基礎コース 修了しました

コピーライター養成講座 基礎コース 修了しました

半年のあいだ通っていたコピーライター養成講座 基礎コース、今日が修了式でした。 卒業制作のグランプリは力が及ばず取れませんでしたが、なんとか最終選考までは残ることができました(5000本以上の作品のうち23本)。また、毎回の講義で出される課題の評価上位者に贈られる「金の鉛筆」取得本数で3位になれました(受講者約40人)。 来週からは上級コースがスタートします。さらに腕を磨いて仕事に反映できるよう、がんばってきます。 ありがたいことに最近、ネーミングやコピーの案件も少しず

CAC振り返り①きっかけ

CAC振り返り①きっかけ

小学生の頃は、ピンクのイルカのぬいぐるみ。 中学生の頃は、ハチのミニアルバム「花束と水葬」。 高校生の頃は、中学時代の楽譜。 大学生の頃は、高校のメッセージアルバム。 新社会人では、恩師・バイト先からのあれこれ。 落ち込んだり、緊張したり。 歳を重ねる毎に、縋りつく先が自己肯定感を高めてくれるものになってきました。これから溜めていく振り返りも、半年後くらいの自分の気持ちが、ちょこっとでも上に向いてくれる材料になってくれればなと思います。 △ △ △ 先日、宣伝会議のコピ

5
偶然と必然でたどり着いた仕事。

偶然と必然でたどり着いた仕事。

コピーライターを名乗ることの違和感。 実は、広告代理店経験や企業でのコピーライター経験のない私が「コピーライター」を名乗ることにとても抵抗がありました。そんな私が教えても聞いていただけるものなのか、信用に足るものなのか、心配していました。 そんな悩みを、ある時吐露した際、とある方に言われました。 「コピーライターの経験があるかどうかより、ちゃんと私たちに教えてくれればそれでいい」 妙に納得しました。結局コピーライターの経験にこだわっていたのは自分自身でした。キャッチコ

9
分からないけど、分かりたい。

分からないけど、分かりたい。

こんにちは、やすほです! この1週間、バタバタ状態だったので更新しそびれていましたが… 12月21日土曜日に、中央電気俱楽部にて行われた宣伝会議さんのコピーライター養成講座の体験セミナーに参加してきました◎ テーマは… 「このSNS時代、コピーライターはどうやって活動していけばいいか?」 コピーライターの阿部広太郎さんのお話を関西で聞けるという貴重な機会…直前に予定もあったため、迷いながらも前日になって(やっぱり行こう…!)と京都から大阪へ向かいました。 (この前日

9
コピーライターを知らなかった名古屋の大学生が、東京でコピーライターになるまで。

コピーライターを知らなかった名古屋の大学生が、東京でコピーライターになるまで。

宣伝会議さんからお話をいただき、アドタイで全4回のコラムを連載することになりました。きっかけはTwitterやnoteで書いた体験記を読んでいただいたそうで…SNSってすごいなと身を以て実感しました。(noteサボらず更新しよう。。。) プロフィール用として送った自分のぷっくぷくの顔が、まさかのサムネイルとして登場するのでとても恥ずかしいのですが(笑)学生時代からずっと見ていたコラムに、自分の書いたものが掲載されるのはそれを上回る嬉しさがありました。いつもお世話になっている

27
宣伝会議賞ひとり打ち上げ2019

宣伝会議賞ひとり打ち上げ2019

応募締め切りまでまだ10日ほどありますが、一身上の都合により、とりあえず一旦このへんで締めようと思います(もしかしたら、最後に多少悪あがきするかもしれませんが)。ただでさえ課題数が減ったのに、途中でさらに1つ減るというハプニングはあったものの、個人的には今回も楽しく苦しみながら取り組むことができました。(あの課題の応募作品の9割が「なんでん関電」とかであれ!という、心の中のゲスい祈りが届かずに済んだのは不幸中の幸い) 振り返ってみても、個人的には取り組み方も応募本数もまあ例

3