本能寺ホテル信長から学ぶ。YTN理論。

おもろいやんけ「本能寺ホテル」!

今日は、家で焼き肉ですがっ
同時に妻と一緒になんか映画観ようぜ!

ってコトで

世間は鬼滅一色ですが
夫婦で「本能寺ホテル」をば。

観ましてね。

あらすじは

主人公の綾瀬はるか演じる
繭子(まゆこ)が

京都の本能寺ホテルに宿泊。

とあるタイミングで
エレベーターに乗ると

本能寺の変の前日に
タイムスリップするという

まぁ何でしょうかコレ

SF!

もっとみる
Σ(゚Д゚)ぬおおお!!!
1

Vlog動画新しいチェンジの裏側実況中継。

YouTubeでVlog動画を発射っっつ。

した結果。

1本目
30代経営者(講師・コンサル業)が仕事の裏側Vlogやってみた【SONY ZV-1を使用】
https://youtu.be/50z4nSpyGO4

2本目
30代経営者(男)講師・コンサル業が休日にコーチング(の学校)に通ってみた!裏側実況中継
https://youtu.be/zOL--E_RKWw

ともに。初動はGOOD

もっとみる
Σ(゚Д゚)ぬおおお!!!
2

オンラインイベントでの一体感は「実況+順路」で出せる!【日経COMEMO連載「オタク視点で見るアニメ」】

突然ですが、Twitterでバズってしまいました。2万6千「いいね」をもらったのは、どんな頑張ったコンテンツなのかというと、「京都旅行中に見たアフタヌーンティーの光景がすごかった!」ただそれだけのつぶやきなのでした。

今回のお題は「オンラインで現地のような臨場感を体験するには?」です。

今回のバズりで体験したのは「Twitter+実況」というフォーマットの相性の良さでした。正直アフタヌーンティ

もっとみる
ありがとうございます!
19

九州自然歩道を歩き始めて9日目

ようやく昨日、筑紫野市の宿に到着した。
さて、予定では6日目に着く予定でしたが、8日目にようやく到着しました。

久々のシャワーとベッドで至福の時です。

さて、最初の休息になるのですが、道のりを軽く振り返って見たいと思います。

皿倉山から英彦山までは、急登と重さに体が慣れていない事もあり、随分苦しい立ち上がりでした。
登山道もかなり荒れていて、令和豪雨が原因とは思えない程の土砂崩れの中を歩く事

もっとみる

九州自然歩道実況中継 Day 7(9月21日)

アスファルトの峠越えで、ふくらはぎはパンパンだった。

朝からどれ位登っただろう。

いよいよ太宰府市に近づく。

峠で買ったコーラに癒やされる。

道は竈門神社へ。
連休でもあり、登山道は物凄い登山客で賑わっていた。

竈門神社は、鬼滅の刃の影響でかなり人が出ているそうでした。

太宰府天満宮、竈門神社をスルーし、山を登りテントアップ。

見晴らしのいい場所でしたが…
夜中は、若者達が次々にきて
もっとみる

九州自然歩道実況中継 Day 6(9月20日)

小石原で、唯一食べ物を売っていた道の駅に行き、めちゃくちゃ急登を登り、日暮れ寸前にテントを張った。

今日もGPSと実際の歩道が違う道になっていた。

これは手始めで、全く道が閉ざされたルートがいくつもあった。

疲れ果てて、集落にでると、ルート沿いに住むおじさんに、ここは誰も通らないから道なかっただろう?と言われ…。

この先も、誰も歩かないから道がないので危ないから国道を登りなさいと丁寧に案内
もっとみる

九州自然歩道実況中継 Day 5(9月19日)

どうも九州自然歩道ポータルの地図を移し間違えたのか、GPSの軌道と自然歩道のルートが違うのか、かなり違う。
これは、帰ってから検証したいと思います。

じつは、皿倉山から英彦山までは一本道。英彦山から、佐賀周り、大分周りの分岐点になる。つまり、僕のゴールは3ヶ月後に着くだろう英彦山になるのです。

その英彦山で良い出会いがありました。

3ヶ月後、また来ます!

九州自然歩道実況中継 Day 4(9月18日)

予定よりかなり歩いた。予定した場所にテントが張れず、峠越え寸前まできた。
たまたま東屋があり、逃げ込んだ。
夜は強い雨が何度も打ち付けていた。

翌日、峠にむけて足取りも軽く進むと、峠のトンネルは閉鎖されていた。
往復2時間のむだな峠歩きに意気消沈。
しかも、この後、迂回路を歩いていると雨が…

山では、山ビルが…。

予定よりまた遅れ始めている…

九州自然歩道実況中継 Day 3(9月17日)

九州自然歩道3日目。町中を抜け、北九州国定公園へ。

令和豪雨の影響か、かなり荒れた道が多く、思うように進まない。すでに1日遅れていた。

太平山に登ると霧。視界はなかった。

辛い歩行が続く。

九州自然歩道スタートです!Day 1

9月15日、いよいよ九州自然歩道をスタートしました!
 4年前にアメリカのトレイルで出会った山田さんに、見送ってもらい、とここまでは良かったのですが(笑)
ロープウェイは運休。
色々話しを聞くと、歩いて登るしかないようでした(泣)

汗だくになり、重い荷物を背負っていると、本当に歩けるのだろうか?と心配になります。

スタート地点の皿倉山は、澄み渡ったいい眺めでした。

さて、スタートです!