守備

ベースタッチ・トスドリル

目的、効果 ベースタッチ・アウトコールまでの流れを身につける 握り替え→トスの技術を身につける トレーニング・アップ代わりにもできる 実施方法 数メートル間隔でベースを四角に配置する 選手1はボールを持ち、選手2にトスし、そのままベース2に移動 選手2はトスを受け、ベースタッチ・アウトコールまで行う 選手2は選手3にトスし、そのままベース3に移動 同じ流れで行い、ベース1には選手5が入りどんどん回していく ポイント タッチする位置、アウトコールまで一連の

イレギュラーバウンド捕球ドリル

目的、効果 イレギュラーにも対応できるゴロの待ち方を身につける 前に出ることに加え、後ろに下がる必要性を感じる 柔軟なグラブハンドリングを身につける 下から上にグラブを使うことを覚える 実施方法 捕球者の前に棒状の障害物を設置する(トンボなど) 体の正面に誰でも捕れるレベルのグラウンダーゴロを転がす 障害物に当たってイレギュラーする場合/しない場合があってOK 捕球者は前に出ずにゴロを待つ 送球なしで捕球に集中してもOK ポイント ダブルハンド、シング

バナナキャッチゴロ捕球ドリル

目的、効果 バウンドが読みやすく、スローイングに繋げやすいゴロの右側から入る感覚を身につける 捕球~送球へのフットワーク、リズム感を覚える 実施方法 捕球者の前にコーンを置き右側に回り込む形でゴロに入る 指導者はコーンの正面に向けて簡単なゴロを転がす フットワークを使い送球まで行う ポイント ゴロは簡単なグランダーとし、フットワークに集中できるように心がける グラブを下から上に使うことを意識する スムーズなフットワークを誘導できる様に送球の捕球者を斜め前に

ショートバウンドゴロ捕球ドリル(フォア・バック)

目的、効果 ゴロ捕球に必要なバウンドを読む力を養う 最も捕球確率の高いショートバウンドで捕球する感覚、リズム感を養う シングルハンドのグラブハンドリング技術を身につける 実施方法 捕球姿勢はシングルハンド(フォア・バック)かつショートバウンドに限定する できるだけショートバウンドに合わせやすいように調整し、バウンドのあるゴロを転がす フットワークを使い送球まで行う ポイント ショートバウンドに入ることができていれば捕球できなくても評価する グラブを下から上

シングルハンドゴロ捕球ドリル(フォア・バック)

目的、効果 内野守備の基本となるシングルハンドのゴロ捕球姿勢を身につける シングルハンドのグラブハンドリング技術を身につける ゴロ捕球~握り替え~スローイングのステップワークを身につける 実施方法 フォアハンド、シングルハンドを事前に指定し取りやすいグラウンダーゴロを転がす 選手は前に出ずにシングルハンドの捕球姿勢のまま待ち、ゴロが来たら捕球 フットワークを使い送球まで行う ポイント 捕球までに”前に出る”行為を排除して捕球姿勢の定着化を図る グラブを地面

ダブルハンドゴロ捕球ドリル

目的・効果 内野守備の最も基本的なダブルハンドのゴロ捕球姿勢を身につける ゴロ捕球時のポケッティングの意識を高める ゴロ捕球~握り替え~スローイングのステップワークを身に着ける 実施方法 体の正面に誰でも捕れるレベルのグラウンダーゴロを転がす 選手は前に出ずにダブルハンドの捕球姿勢のまま待ち、ゴロが来たら捕球 フットワークを使い送球まで行う ポイント 捕球までに”前に出る”行為を排除して捕球姿勢の定着化を図る グラブを地面に付けておくところからスタートし、

フィジカルテストの考察とプログラムデザイン‐野手編‐

いつもトレーナーマニュアルをご購読頂きありがとうございます。 C-I Baseballの増田稜輔です。 今回は、副代表の佐藤康とともに 「フィジカルテストの考察とプログラムデザイン」について解説していきます。 12月に入り、本格的にオフシーズンとなりました。 各チームは春の大会に向け、カラダを強化する時期になります。 このオフシーズンのトレーニングは 「チームの目標を実現するため」にプログラムを組んで実践していきます。 ①選手の状態 strong pointとweak

スキ
6

【ワクワクする野球_No16~役割(守備固め)】

日本シリーズ第1戦は、オリックスバファローズの山本投手と 東京ヤクルトスワローズの奥川投手が好投し、 引き締まった試合になりましたね! 最後は、今シーズンのパリーグ首位打者である吉田正尚選手の サヨナラヒットにより、オリックスが劇的な逆転勝利をおさめました! このまま、オリックスバファローズが優勝に向かって流れをつかむのかなと 思っていましたが、第2戦では、東京ヤクルトスワローズの高橋投手が 完封勝利で1勝1敗と振り出しに戻しました(^^)/ しびれる展開にワクワクがとまらな

スキ
6

京田陽太の年度別成績を振り返る

こんにちは!ポリゴン2です! 今回はプロ野球選手の年度別成績まとめをお送りします! 第11回目は中日ドラゴンズの京田陽太選手です! この企画はプロ野球選手に対して、ファンがなんとなく持っているイメージと実際の数字を照らし合わせて、より正確にその選手を理解しようという企画です。 前回の選手はこちらです↓ それではいってみましょう! プロフィール京田陽太(きょうだ ようた) ポジション:内野手 投打:右投左打 身長:184cm 体重:88kg 生年月日:1994年4月

スキ
1

歴代遊撃手の守備指標推移から見る、小園海斗守備力向上の可能性

2021年シーズン、二軍スタートから見事にSSのレギュラーの座を奪ってみせたのが、高卒3年目を迎えた小園海斗です。 起用当初から3割を大きく超える打率をキープし続け、後半戦開始後には落ち込みを見せて.300を割り込んだものの、最終的にはあと1安打で3割到達となる.298まで戻してみせました。 本塁打は5本と、期待された長打力を完全に発揮は出来てはいませんが、後半戦以降は外野深くまで運ぶような力強い打球も増えてきており、打撃面に関しては一定の成果があったと考えても良いでしょう

スキ
49