マジパン思い出話エクストラ③ 浅野杏奈さんのこと

白紙のこの稿を開いたまま、言葉が出てきません。なにも書くことがないからではなく、書きたいことが溢れすぎているから。この感情をどうまとめていいか、頭の中は真っ白です。
 それでもまずは、彼女の第一印象から書いていくべきでしょう。最初に発表されたアーティスト写真の印象は、おさげ髪の真面目な女の子、でした。垢抜けない、と言ってもいいかもしれません。しかしそれは、ある意味佐藤さんの仕掛けでした。おかげで僕

もっとみる

アイドルの配信とグループライン

アイドルと生配信とは切っても切れない関係にあるのではないでしょうか
ここ半年はコロナ禍ということもあり、余計にそのつながりを強く感じます。
媒体は様々です。インスタライブ、LINELIVE、17 Live、そしてShowroomなどが主でしょうか。

僕はアイドルが好きなので、今回は女性アイドルに限って話しますが、その形態はアイドルが自宅や遠征先などから生配信をし、ファンがさまざまコメントを投げか

もっとみる
励みになります!ありがとうございます
1

4年ぶりにアイドルのイベントに行った話_夢みるアドレセンスというグループ

この投稿は、いちファンから見た、あるアイドルのイベントの一例という感じで見ていただければと思います。

ーーー

先日、夢みるアドレセンス(夢アド)というアイドルグループのイベントに、実に4年半ぶりに行ったことを書きました。10/3のことです。

その後の僕の投稿を読んでくださった方はなんとなく察されたかと思うのですが、くだんのイベント以降、すっかり夢アドにハマってしまいました。行ったイベントは「

もっとみる
励みになります!ありがとうございます
2

マジパン思い出話エクストラ② 小山リーナさんのこと

小山リーナさんの最初の印象は、際立った美少女でありながら引っ込み思案の大人しい女の子、でした。初めて登場したぽにきゃん!アイドル倶楽部では、雰囲気に気圧されながらおずおずと小さな声で話していたのをよく覚えています。
 1stミニアルバムの特典DVDにて、佐藤さんは彼女について「歌が上手いからそこに期待している」と語っていました。しかし、ネットの配信でパフォーマンスを見る限り、そのイメージはなかった

もっとみる

POPの意味

まず最初に!!
これから書くことは個人の勝手な妄想だったり、想像だったりです。
知識が圧倒的に足りないからね、
ライターじゃなくてただのファンだから好きに思い入れられる。
ファンって立場は良いものです。

POPって何!!?

最初に言い訳書いたところで、本題へ。
BOLTは、初のZeppワンマンライブを終え次のように言いました。

「(アルバム)POPも今日でやっと完成したような気がした」

もっとみる

理想と現実の隙間から いちばん星をさがしていく 夢みるアドレセンス「 MAKING THE NOTE」

歌というのは世界観や発想が自由なので、どうしても理想を語ってしまいがちになる。もちろん、それが悪いわけではないし、理想なしの味気ない日常ばかりを歌ってもしょうがないだろう。

けれども、そこで歌われているようなことを現実に落とし込むとなかなか上手くいかないことも多い。理想と現実の乖離は大きく、それこそ「理想」のまま終わりそうな気もする。
そこであきらめてしまうでもなく、かといってなかなか叶わなそう

もっとみる
励みになります!ありがとうございます
1

マジパン思い出話エクストラ① 清水ひまわりさんのこと

清水ひまわりさんの最初の印象は、垂れ目で笑顔の可愛いひょろっとした女の子、でした。初めて登場したぽにきゃん!アイドル倶楽部にて、軽くオタクトークをするものの、まだまだその趣味は健全。純真で朗らかで、色に染まっていない純粋無垢なアイドル、と表現すべきでしょうか。ビリビリの衣装のような、淡いパステルカラーでした。
 活動していくにつれ、そのキャラクターが少しずつ見えてきました。ふわふわしていて、マイペ

もっとみる

アップアップガールズ(2) 8人の偶然、あるいは必然 第7回この世で最も美しい、最も誇り高い、最も恐ろしい、最も優しいアイドル・中川千尋

アップアップガールズ(2)のメンバーひとりひとりの魅力を掘り起こすこの連載、今回は静岡から通っている高校一年生、ちーここと中川千尋を取り上げます。アプガ(2)に、2期メンバーとして加入した中川の底知れないアイドル力に戦慄してもらいましょう。

中川千尋がアプガ(2)の2期メンバーとして姿を現したのは、2018年4月12日、新宿BLAZEで開催された初の単独ライブ「アップアップガールズ(2) 1st

もっとみる

儚く眩しい 孤独な星 東京パフォーマンスドール「MY UNIVERSE」

曲としてはかなり短い。3分で終わってしまう。歌詞を見ても、「これだけ?」と思うくらい短い。
東京パフォーマンスドール(TPD)の真骨頂はノンストップライブであるから、2番歌唱がカットされることが通例となっているが、この曲に関してはそんなことがない。そもそも2番が無いが。

通しても3分もかからない短さゆえ、いつもフル尺である。冗長さがそぎ落とされている。
まさに、TPDのライブスタイルとドンピシャ

もっとみる
励みになります!ありがとうございます
2

渋谷DESEO×夢の国✨

どうもっ!最近毎日15個食べてた卵🥚を5個まで減らしました、高森です。鶏さん本当にいつもありがとう。

さてさて!今日の渋谷DESEOに来てくださった方ありがとうございました✨本日のコスプレテーマは「ディズニープリンセス」でした〜🏰

頭にお花の冠をつけたラプンツェルなのちゃん💐ゆるふわヘアの元気っこアリスニナちゃん🃏🎩美女になりきれなかった野獣のベル高森ふう🦁

でお送りしました!い

もっとみる