女性に活躍してほしい理由

女性起業家が増えていくには、「資金」と「ケアのインフラ」が、まず先にあること
+2

女性起業家が増えていくには、「資金」と「ケアのインフラ」が、まず先にあること

「私ばっかり・・・なのよ!」 公園でママたちが集まり、日々のストレスを発散しているときに、よく耳にする言葉だ。 土曜日の朝、地元にある小さな公園で、子供を見ていた5人ほどのママたちの声が私の耳に入ってきた。 女性たちは口々に日々の家事や子育てで感じている「私ばっかり○○している!」という不満を口にしては、次々にうなずいている。そして、散々話してスッキリしたのか、手をふって解散。笑顔でベビーカーを押しながら帰路についていた。 女性起業家に投資マネーが増えていく 話は変わ

スキ
31
VC業界で働く女性、つながる、支え合う濃厚ランチタイムの初公開!

VC業界で働く女性、つながる、支え合う濃厚ランチタイムの初公開!

こんにちは、VC業界に入りたてのミノです。今回のテーマは、私が参加した素敵なイベントについてです。 時間は短くとも、とても濃厚で心強いと感じたTokyo Women in VCのコミュニティランチ。その内容を少しでも興味がある方に届けられたらと思い、爆速で子供を寝かしつけてnoteを書きました! 先日、日経新聞でも女性起業家やVCで働く女性を増やすための動きが取り上げられており、私自身とてもその記事に励まされました。なので本イベントもnoteに残すことでVC業界で働く数少

スキ
21
【社会人リケジョの新方程式#6】「こどもの看護」

【社会人リケジョの新方程式#6】「こどもの看護」

はじめましての人は自己紹介からどうぞ! 通常保育の範囲 通常保育と聞くとどんな子供たちが通っていると思いますか?小学校では手話・点字・療育等が必要な子たちは支援学級や盲・ろう学校に通っているけれど、自分たちがいた通常学級に薬をのんでいる子、怪我をして松葉づえをついている子も車いすの子もいましたよね。学校に薬を持って行ったことがない人、怪我をしたことが全くない人のほうが少ないのではないでしょうか。 保育園では上記すべての子が通常保育を受けれません。 保育士さんは複数の子

スキ
22
【社会人リケジョの新方程式#5】辞める理由その2「夫の転勤」

【社会人リケジョの新方程式#5】辞める理由その2「夫の転勤」

はじめましての人は自己紹介からどうぞ! 今回は女性エンジニアが辞める理由第一位の「夫の転勤」について。これは本当に多いです。残念ながら解決策も回避策もいまのとこなく、本人のやる気や能力と関係ないところで辞めなければならない女性エンジニアがたくさんいることをどうか知っておいてください。 会社が転勤を内示するのは一か月前、早くても二~三か月前あたり。 引っ越しの準備して、仕事の引継ぎして、子供の転校先探して。。と最優先の事項をこなすだけで精一杯。 空いてる保育園を探して転

スキ
20
【社会人リケジョの新方程式#3】エンジニア⇒専業主婦化の問題点

【社会人リケジョの新方程式#3】エンジニア⇒専業主婦化の問題点

はじめましてのひとはこちらの自己紹介からどうぞ Yuita@ワーママエンジニアです。今回はエンジニアが専業主婦になることの問題点について。 エンジニア専業主婦化は私が社内で知っている以外にも、ほかの会社でも同様の傾向があるらしいことが他社の女性エンジニアや大学の後輩の話などを聞くとわかってきました。 もし、このことが社会に広く知れ渡ってしまったら未来のリケジョはどうなるでしょうか? そう「リケジョ」です。そのキャッチーな言葉のせいで私たちはノーベル賞受賞者から高校で理

スキ
16
自分の能力を過小評価する癖に効く、毎朝のルーティーン

自分の能力を過小評価する癖に効く、毎朝のルーティーン

3月最終日になりました。毎月、滑り込むようにラスト1本をかきあげたいと思い、パソコンの前に向かっております #日経COMEMO KOLのミノです。 女性の活躍についてのCOMEMO記事を読み大きなテーマが扱われているが、もう少し小さなアクションを。ひとりの事例として書きたいなと思い、PCの前に座りました。 今回は、『私が実践している自信を付ける習慣』についてです。 出産後、育休復帰をする自身が低下 わたし自身、子供を生んで気づいたことだが「子育て」における初動では女性

スキ
10
「ジェンダーギャップ指数 120位」に思うこと。

「ジェンダーギャップ指数 120位」に思うこと。

日経COMEMO KOLの西村創一朗です。今月も安定の月末最終日投稿です。 息子たちに「春休みの宿題は3月中に終わらせておけ。話はそれからだ。」とか言っているくせに、自分は締め切りギリギリまで書かない体たらくですからね。こんなオトナになってはいけません。 さて、今回のお題は #女性に活躍してほしい理由 です。 実はすでにこのお題の投稿募集の締め切りはすぎているのですが、書かずに終われないテーマだったので筆をとることにしました。書かずに終われないと思ったので筆をとることに

スキ
71
僕は私服で会社に行くまで10年かかった。

僕は私服で会社に行くまで10年かかった。

今月の日経COMEMOの投稿テーマは、#女性に活躍してほしい理由 だった。 女性は〜、男性は〜と主語を大きくしたことで炎上させてしまった過去を持つ自分としては、正直あまり触りたくないテーマだ。 そもそも何をもって「女性」とするのか、から書きはじめないと色んな人に怒られそうな気もする。 そんなことを悩んでいたら、テーマの募集期間は終わってしまったのだが、せっかく途中まで書いていたので公開してみる。 ただし今日は、主語を小さくして自分の経験で。 ■女性は振袖。男性はスー

スキ
286
「女性に」ではなく「すべての個人」が活躍できる社会になろう【日経COMEMOテーマ企画_#女性に活躍して欲しい理由(遅刻組)】

「女性に」ではなく「すべての個人」が活躍できる社会になろう【日経COMEMOテーマ企画_#女性に活躍して欲しい理由(遅刻組)】

なぜ「女性に」という枕詞が必要なのか? 働き方改革において、最重要事項の1つが女性活躍推進だ。残念なことに、現在の日本社会は主要先進諸国どころかG20と比べても男女格差が大きく、女性が背負う先天的なハンディキャップが大きい。具体的には、所得格差、管理職などの組織内の重要な地位に占める女性の割合、家庭内における業務負担の不公平、社会的望ましさのバイアス(Social-desirability bias)があげられる。これらの課題を是正し、女性だからとハンディキャップを負うこと

スキ
26