ミノ(蓑口恵美)

価値が育つ環境をつくるがライフミッション。シードVC、MIRAISE Head of …

ミノ(蓑口恵美)

価値が育つ環境をつくるがライフミッション。シードVC、MIRAISE Head of Comms。LancersとGaiaxで日本初の「ダブル正社員」を経験。シドニー・富山・横須賀の3拠点居住を目指す1児の母。

マガジン

  • 日経COMEMO

    • 12,847本

    日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

  • つれづれ日記

    • 3本

    ジソウラボの日々に雑談、学んだことについてお伝えしていきます。

  • 子連れ海外ワーケーション

    家族3人で5週間の「子連れ海外ワーケーション」に挑戦しました。子供が小さくても、世界を旅しながら働ける家族を目指しています。日々の小さな準備や準備したことを書き残しています。限られた子育て期間に、親も子供も楽しく過ごせるアクションとして参考にしてもらえると嬉しいです。

  • Gaiax STARTUP STUDIO マガジン

    • 183本

    ガイアックススタートアップスタジオのファウンダーたちによるnoteまとめ。リーンスタートアップに基づいたスタートアップ立ち上げからグロースさせていくまでの仮説検証や資金調達のリアルな毎日をまとめました。

  • 2拠点子育てライフ

    大変と聞く子育てが実際はとっても楽しいこと。2拠点で働く私が、どうすれば2拠点で子育てができるようになるのかを考え、いろいろな工夫をしていく経験談をまとめていきます

最近の記事

3歳からのお金の教育を始めてみました

「ステイホーム」 「ステイネイバーフッド」 多くの人にとって過去のものとなりつつあるこの言葉ですが、私は子供の体調不良が続き、家からもしくはご近所から遠出できない月日が続いています。 このnoteでは、家で子供がYoutube漬けになってしまうことに悩んだワーママが、自分も子供も楽しく遊べる方法を試行錯誤したエピソードを紹介しています。 前回の「本の世界に行く」につづき、今回は「金融教育の旅」です。 子供へのお金の教育はなぜ大切だと思うか? 「お金の話は汚い」 昔、祖

    • 3歳の息子と、今しか行けない「本の世界」に行ってみる〜Youtube漬けにならないワーママの試行錯誤の記録〜

      「ステイホーム」 「ステイネイバーフッド」 多くの人にとって過去のものとなりつつあるこの言葉ですが、私は子供の体調不良が続き、家からもしくはご近所から遠出できない月日が続いています。 このnoteでは、家で子供がYoutube漬けになってしまうことに悩んだワーママが、自分も子供も楽しく遊べる方法を試行錯誤したエピソードを紹介しています。 Youtube漬けにならないお家時間の過ごし方は? コロナ5類移行してから半年経ち、今年の秋は行楽シーズンを楽しんだ方が多かったのではな

      • 0歳の子供を連れての香港出張を通じて考えたこと、子供も自分も成長するためのガッツ〜香港出張の振り返り〜

        こんにちは、今回は0歳の娘と子連れ香港出張をして考えたことについてお話ししたいと思います。 それは子供を育てながら自分の成長もかなえようとするのにはガッツがいるということです。 私は2人の子供を育てながらVCで働く30代後半のワーキングママです。 以前から、海外での仕事経験を積みたいという夢がありましたが、20代で外資系企業に就職することはあったものの、その夢を実現できないまま時が経ちました。 そして今でも、私の英語力を高めて、海外での仕事をすることを夢として胸に抱い

        • ワーキングマザーのメンタリング経験と3つの気づき

          「このままで、良いのかな?」 これは子供を保育園に送る際、私の頭に時折浮かぶ言葉です。 私は現在、2人の子供を育てながら、スタートアップ/VC業界で働くワーキングマザーです。産後復帰後も、育児と仕事の両方で、今の自分ができること精一杯を日々やり切っているという自負はあります。 しかし、出産前と比べて新しい情報を学ぶことや、仕事で興味があるイベントや交流会に参加できる時間はほぼゼロに近くなりました。そして子育てでの経験値はあがっていく一方で、ビジネスという観点からは自身の視

        3歳からのお金の教育を始めてみました

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 日経COMEMO
          日経COMEMO公式 他
        • つれづれ日記
          ジソウラボ(富山県 南砺市 旧井波町) 他
        • 子連れ海外ワーケーション
          ミノ(蓑口恵美)
        • Gaiax STARTUP STUDIO マガジン
          Gaiax Startup Studio 他
        • 2拠点子育てライフ
          ミノ(蓑口恵美)
          ¥100
        • Tokyo Women in VC
          Tokyo Women in VC 他

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          バイリンガル教育の旅 - 0歳から3歳までの実践と気づき

          こんにちは、ミノ(@mino3megu3)です。「英語の早期教育が重要」と言われる一方で、「何から始めればいいのか分からない」と悩むパパやママも多いと思います。 私もその一人でした。「英語の早期教育は大切」でも「AIが当たり前となるであろう、英語教育はどこまで必要か」ということを考えながら、0歳の時からバイリンガル教育って何だろうと考えながら出来ることをコツコツやってきました。 しかし、3年経った今、3歳の息子はネイティブのように英語を話すわけではありません(笑)。ただ、

          バイリンガル教育の旅 - 0歳から3歳までの実践と気づき

          バイリンガル教育とは?3年目の現在地

          こんにちは、ミノ(@mino3megu3)です。「英語の早期教育が重要」と言われる一方で、「何から始めればいいのか分からない」と悩むパパやママも多いと思います。 私もその一人でした。「英語の早期教育は大切」でも「AIが当たり前となるであろう、英語教育はどこまで必要か」ということを考えながら、0歳の時からバイリンガル教育を意識してきました。 しかし、3年経った今、3歳の息子はネイティブのように英語を話すわけではありません(笑)。ただ、楽しそうに英語に触れてくれています。そし

          バイリンガル教育とは?3年目の現在地

          産後5ヶ月ボディメイクで-12kg痩せて気づいた、”幸せに生きることは、食事時間を大切にすること”

          「もぐもぐ、もぐもぐ。」 「いろいろ味がする。」 「美味しいな。」 スマホやパソコンを見ずに、ただ目の前の食事に集中する『食事の時間』 仕事が大好きだった私は、仕事を優先するがゆえに、忙しくなるたびに食事の時間を削っていました。 このnoteでは、幸せに生きたいと思うのであれば、食事の時間は、大切にしようという、内容をお伝えしていきます。 いわゆるバリキャリとして20代を過ごしていた私は、食事より仕事が好きという価値観を持っていました。 そして、お腹が空く度に、栄養

          産後5ヶ月ボディメイクで-12kg痩せて気づいた、”幸せに生きることは、食事時間を大切にすること”

          自分を変えるには、スマホ時間の中身を変える 〜産後ダイエットで12kg減量した話〜

          「忙しすぎる。誰か、助けて。」 この言葉は、第二子の出産後によく浮かんでいたわたしの心の声です。 2022年に待望の第二子を出産し、幸せいっぱいの気持ちで、我が子をゆっくりと抱っこできていたのはつかの間。産院を退院してからは、わんぱく盛りの長男(3歳)と、乳児(0歳)の世話に自分の24時間がすべて投下されることになりました。 しかし、私には産後にどうしてもやりたいことがありました。それは、産後のボディメイク。産前産後の体調不良や腰痛などの原因になっている身体にテコ入れを

          自分を変えるには、スマホ時間の中身を変える 〜産後ダイエットで12kg減量した話〜

          ライフスタイルを変えるための自己投資

          『30代にやった自己投資の中で何が一番よかった?』 もし、私が娘からこんな質問を受けたら、『自分にあったライフスタイルを探した1年』についての話をしたいと思う。 日経新聞COMEMOでは、1年の始まりでもある1月に #やってよかった投資 についての意見募集があった。わたし自身、娘が生まれたタイミングでもあったので、娘に話しかけるつもりで、このnoteを書いてみたいと思う。 自己投資とは何か? そもそも自己投資とは何かというと、辞書では「自身の能力的・人格的な成長あるいは

          ライフスタイルを変えるための自己投資

          海外で働きながら、現地での観光はできるのか? 〜子連れ海外ワーケーション滞在記〜

          こんにちは、ミノ(@mino3megu3)です。VCPRとして働きながら、スタートアップ企業を経営する夫と、いつかは世界を旅するように暮らしたいという夢があります。 今記事は、そんな私たちが「子連れ海外ワーケーション」に初挑戦した体験談をお伝えするnoteシリーズの一つです。本編は『海外に滞在した5週間で、観光はできたのか?』について私たちの経験をお伝えしていきます。 せっかくのシドニー滞在。 美しい景色を見に行ったり、秘境巡りなどもしたいところですが、私たち位は、宿か

          海外で働きながら、現地での観光はできるのか? 〜子連れ海外ワーケーション滞在記〜

          2児の母になって思う母親になってからの責任と周囲の期待 #書籍「母親になって後悔している」を読んで

          2022年12月13日にNHKクローズアップ現代で、『母親の後悔』をテーマにした特番が放送されました。 ドキッとして思わず振り向いてしまうタイトルと、世界そして日本中の母親たちの希望と葛藤が詰まった内容から、わたし自身改めて思うことがありました。 今回は、わたし自身が今を生きる母親当事者として、この書籍の内容を見て思うことを書き残しておこうと思います。 書籍の評論 by 作家 山崎ナオコーラ(日本経済新聞 / 2022年5月14日) 「母親にならなければよかった」との

          2児の母になって思う母親になってからの責任と周囲の期待 #書籍「母親になって後悔している」を読んで

          日本における女性VCの現状と今後の期待#TokyoWomen in VC 2周年記念イベントレポート

          こんにちは、VCミレイズのミノ(@Mino3Megu3)です。今日は、12月12日に開催された『Tokyo Women in VC 2周年記念イベント』の開催レポートをお届けしたいと思います。 先日の日経新聞では日本国内の女性起業家(開業者)の増加を追う記事が出ていました。しかし、VC業界そしてスタートアップ業界で働く女性は、まだまだ少ないのが現状です。 そのため、2歳と0歳の子供を寝かしつけ、ようやく確保したPCを開く時間で年に一度の本イベントも記録を残したいと思います

          日本における女性VCの現状と今後の期待#TokyoWomen in VC 2周年記念イベントレポート

          家族3人で5週間のシドニー滞在は全部でいくら? 〜子連れ海外ワーケーション滞在記〜

          こんにちは、ミノ(@mino3megu3)です。VCPRとして働きながら、スタートアップ企業を経営する夫と、いつかは世界を旅するように暮らしたいという夢があります。 今記事は、そんな私たちが「子連れ海外ワーケーション」に初挑戦した体験談をお伝えするnoteシリーズです。そして本編はみなさんが気になるお金についての実データをお伝えします。 コロナ前の費用感は忘れよう!アフターコロナの新予算計画私は、シドニーに、『子連れ海外ワーケーションするぞー』と決意してから、どれだけの費

          家族3人で5週間のシドニー滞在は全部でいくら? 〜子連れ海外ワーケーション滞在記〜

          友達ゼロから現地ママ友はできるか?〜子連れ海外ワーケーション滞在記〜

          こんにちは、ミノ(@mino3megu3)です。VCPRとして働きながら、スタートアップ企業を経営する夫と、いつかは世界を旅するように暮らしたいという夢があります。 今回は、そんな私たちが「子連れ海外ワーケーション」に初挑戦した体験談をお伝えするnoteシリーズです。今回は、現地での接点の作り方についての体験談をお伝えしていきます。 海外で友達って、どうやって作るんだろう?私たち夫婦は、シドニーに友人知人はいませんでした。シドニーに到着してから3週間、対面で会話している相

          友達ゼロから現地ママ友はできるか?〜子連れ海外ワーケーション滞在記〜

          海外で子供を預けられる人は見つけられる?〜子連れ海外ワーケーションで初のベビーシッター探し〜

          こんにちは、ミノ(@mino3megu3)です。VCPRとして働きながら、スタートアップ企業を経営する夫と、いつかは世界を旅するように暮らしたいという夢があります。今回は、そんな私たちが「子連れ海外ワーケーション」に初挑戦した体験談をお伝えするnoteシリーズの一つです。 『海外で子供を預ける人ってどう見つけるんだろ?』 「子連れ海外ワーケーション」で最も苦戦したところは現地でのベビーシッター探しでした。 はじめてのシドニー生活、知人友人もいない。 何から始めていいかさ

          海外で子供を預けられる人は見つけられる?〜子連れ海外ワーケーションで初のベビーシッター探し〜

          2歳の子供は海外暮らしに適応できるか?〜子連れ海外ワーケーション滞在記〜

          こんにちは、ミノ(@mino3megu3)です。VCPRとして働きながら、スタートアップ企業を経営する夫と、いつかは世界を旅するように暮らしたいという夢があります。今回は、そんな私たちが「子連れ海外ワーケーション」に初挑戦した体験談をお伝えするnoteシリーズの一つです。 『親はいいけど、小さい子はかわいそうじゃない?』 子連れ海外ワーケションの話をすると、とある親戚からそのような言葉をもらいました。はじめての子育て、そして子連れ海外を予定していた私たちは、その言葉を受け

          2歳の子供は海外暮らしに適応できるか?〜子連れ海外ワーケーション滞在記〜