天地明察@パルシネマ

謎の男は姿を消した。光弘は上司と対応を検討する。 「骨灰」#12

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からか

スキ
1

解放した男とともに地上を目指すが、突如として火の手が上がり――。 「骨灰」#11

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からか

穴の底に降り立ち、光弘は男と対峙する。 「骨灰」#10

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からか

スキ
3

深い穴の底には、男が鎖でつながれていた。 「骨灰」#9

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からか

スキ
1

あるはずのない重機。違和感だらけの空間に、金属音が響く。 「骨灰」#8

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からか

スキ
3

ああ、そうだ。この臭いは、〈人が骨まで灰になるときの臭い〉だ。 「骨灰」#7

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からか

図面にはない謎の空間。そこにぽっかり空いた四角い穴。この空間はいったい? 「骨灰」#6

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からか

スキ
2

極度に乾いた空気、鋭く鼻を刺す臭い、不可解な足跡。この底にあるものは――。 「骨灰」#5

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からか

スキ
2

読書感想文 『天地明察下』

天地明察下 読了。 上巻が終わった時点で、下巻は暦を作って発表して終わりだろうな、と思ってたけど全然そんな簡単には終わらなかった。 時代背景もあるだろうけど、ただ単純に正しい暦を作ればそれが受け入れられる、訳ではないところがこの物語の面白さを引き出していたと思う。 暦なんて価値観とかと違って、合ってるか間違っているかがはっきりとわかるものであるにも関わらず、広めるにはこれだけの苦労があるんだと思うと、これが小説である事に救われる一方で実際の苦労が想像に及ばないことに驚愕

スキ
7