明石家さんまさんと大竹しのぶさんの相性座相を読み解いてみる②

①に引き続き、さんまさんとしのぶさんの相性座相を細かく見ていきます。

最初から読みたい方はこちらの記事をどうぞ。

以下、明石家さんまさんと大竹しのぶさんの相性座相です。

ポイント①火星と太陽がコンジャンクションになっています。(黒い記号)

互いにひかれあい、急速に親しくなる。衝突も生じるがすぐに和解できる。関係に適度な刺激があり、恋愛や結婚では良い面と悪い面の両方が見られる。とくにアスペク

もっとみる
ナイスセンス!
3

明石家さんまさんと大竹しのぶさんの相性座相を読みといてみる①

今回はこれまでと少し趣向を変えて、相性座相を見てみます。

お笑い芸人の明石家さんまさん
大女優の大竹しのぶさん

離婚したあとも仲の良いお2人の相性座相は、以下のようになっています。

ポイント①月と太陽がトラインになっています。(赤い三角)

穏やかな関係を育める望ましい相性。夫婦としてはベストの組み合わせで、実際多くの夫婦に見られる。気分的にも同調しあうので、長時間一緒に居ても苦痛ではない。

もっとみる
ありがとうございます!よければラジオもいかがですか?
3

俳優の放心をあえて写す。写真家、細野晋司の発見。

蜷川幸雄がコクーンで活躍した時期を細野晋司が撮影した『Passion』が興味深く思えた。これもよいきっかけと思い、舞台から楽屋へ戻った俳優を撮影した『知らない顔』を求めてみた。

 緒形拳からはじまって吉田日出子まで。
 このなかの半数くらいの俳優は、直接お目にかかったことがある。稽古場や周辺での取材がほとんどで、楽屋で会った俳優は十人内外だろう。歌舞伎俳優は楽屋が応接間のようなものなので、勘三郎

もっとみる
「好き」って言い言葉ですね!
1

芝居を終え、楽屋に戻った俳優を撮った「知らない顔」。細野晋司の仕事。この写真集についても改めて書きます。俳優の不安定な状態。

「好き」って言い言葉ですね!

TBS「日曜劇場」全データ

【TBS「日曜劇場」全データ】

このnoteはTBS「日曜劇場枠連続ドラマ」の「平均視聴率」や「主演回数ランキング」、「年代別平均視聴率データ」、「平均視聴率ランキング」などを収録。
読み応えのある内容となっているので、是非1度ご購読ください。

○目次○
○第一章 「平均視聴率データ」
○第二章 「主演回数ランキング」
○第三章 「年代別平均視聴率データ」
○第四章 「平均視聴率ランキング」

もっとみる
よろしければ購読お願いします。

「大竹しのぶ」は褒め言葉なのか?

人間によく来る同い年の女で、フリーランスでPRを担当している小田切という友人がいます。彼女とは普段から公私隔てない話で盛り上がる仲です。

そんな小田切が少し前から髪を短髪にしていて、なかなか似合っているなと感心しています。

ここまで短くするのには女性として勇気がいる行為でしょうし、それでいてそこまで違和感なくまとまっているのは天晴れです。

今日も朝から人間に来ていた小田切が、帽子から出した前

もっとみる
たいていの男は意気地なしね、いざとなると。」夏目漱石
5

みずでっぽう

やはり、昭和の物語は格別。なんって言うのだろう、昔のことをよく知っている事は自己顕示欲を高め、、、と言うかどう言う位置で自惚れを与えてくれるか、、、それは、晩年ボケたり御上品なオバアサマ役が多かった様に見える、加藤治子が不貞の相手で殺されそうになるのを見てゲラゲラ笑える所。最近版では桃井かおりと大竹しのぶでの対決だったけど、桃井かおりがやっぱり可愛過ぎて意地悪臭くないんだよね、向田邦子生前の作品で もっとみる

常識を遥かに超えて募る想い。

蜷川幸雄演出『メディア』

2005年05月22日

蜷川幸雄演出『メディア』を観た。
大竹しのぶはさすがにすごかった。圧倒された。
生瀬勝久さんもそれに負けじと頑張っていた。
シリアスな生瀬さんは格好よかった。
だが、お目当ての笠原浩夫さんの出番がほんの一瞬だけでちょっとがっかり。
もっといい使い方があったと思うけど・・・。
演出も、役者の動きを制限するような舞台装置で、少し窮屈な感じがした。
赤ん坊を抱いた

もっとみる

「関口宏の東京フレンドパーク」全データ

【「関口宏の東京フレンドパーク」全データ】

このnoteはTBS「関口宏の東京フレンドパーク ドラマ大集合SP!!」の様々なデータを記載しています。
読み応えのある内容となっているので、是非1度ご購読ください。

『「関口宏の東京フレンドパーク」全データ』
【第1回】
2017年1月9日
平均視聴率 13.4%
(順位)
1位 「日曜劇場」チーム(木村拓哉)
2位 「金曜ドラマ」チーム(阿部サダ

もっとみる
スキありがとうございます。

「大河ドラマ」全データ

【「大河ドラマ」全データ】

このnoteはNHK「大河ドラマ」の様々なデータを記載しています。
読み応えのある内容となっているので、是非1度ご購読ください。

『「大河ドラマ」全データ』
第1作 「花の生涯」(1963年)
平均視聴率 20.2%
最高視聴率 32.3%
最低視聴率 ー%
原作 舟橋聖一
脚本 北条誠
主演 尾上松縁

第2作 「赤穂浪士」(1964年)
平均視聴率 31.9%

もっとみる
スキありがとうございます。
3