団塊世代

26.父について ~ひととなり~

ちょっと疎かになっていた、

父自身について、語りたいと思います。

父は団塊世代。

高度経済成長期に青春を謳歌し、

バブルの頃には働き盛り。

平日の帰りは毎日遅く、休日も仕事。

当時の勤め先では、最年少で会社役員になるなど、

バリバリの昭和の会社員。

それでも、必ず年に2回は家族旅行に連れて行き、

勉強も教えてくれるし、きちんと話にも耳を

傾けて聞いてくれる、子煩悩な人です。

もっとみる
ありがとうございます😊
1

「父が戦前生まれな人」 of 「団塊ジュニア世代」 of 「就職氷河期世代」

団塊ジュニア世代には、親が昭和一桁生まれ、つまり戦前生まれの人も少しではあるが混ざっている。

子供の立場からすると、親が戦前生まれかどうかでいろいろ人生が違ってくる。家庭の中での厳しさや価値観等が全然違うからだ。
団塊世代の親を持つ子供と戦前生まれの親を持つ子供が同級生の場合、当然に同級生間にギャップが存在したし、後者の子供は独特の卑屈感や劣等感を拗らせるケースが多かったと思う。

後者の子供は

もっとみる
ありがとうござきます‼️。あなたにも良いことが起こりますように❗️
3

「人口ピラミッド」と日本経済 ー 「健康・長寿自慢」に対する違和感。

随分遅れてしまいましたがあけましておめでとうございます。「損切丸」本年もよろしくお願いします。

 いつもの事なのだが、ゴールデンウィークとかお正月とか日本の長期休暇の間、マーケットはよく動く。NYダウは最高値更新、金利市場はそれ程動いてもいないのにドル円は円高。日本人が手掛けにくい方向にいつも動いている印象だ。e.g. 日本株はよくわからないがアメリカは景気が良さそうだから米株でも買ってみようか

もっとみる

【オススメの本】団塊世代Jr.特に男子!

まーさんです。

今回は「今だから読みたい不朽の名作」をご紹介します。

50年ほど前~高度経済成長期の真っただ中、どんどん豊かになっていく日常に違和感を覚えて、安定した仕事を捨て「車で世界一周するぞ!」と、一人日本を飛び出した無謀な青年の冒険譚(もちろん実話)。

25年振りに読みましたが、今読むとヤバイですよこの本は!

ほんまにヤバイ!

何が「ヤバイ」のか?ここではネタバレしませんが、コン

もっとみる

これでいいんだ

働いていてたって家にいたって不安はつきまとう。このままでいいのかと。将来を考えると不安になる。

今の時代だから不安なのかと思ったら、団塊ジュニアの時代も当時はシビアで不安だったらしい。それを経て今があると思うと少し楽になる。

団塊世代は、パソコンすらなく伝票も手書きだった。今よりグレーゾーンは多かったのかもしれないけれど。流れの中で学んで使ってきて、それが今やAIの時代だ。

母がよく言う「昔

もっとみる
ありがとうございます。美味しいもの食べましょう。
4

ゆとり世代は最強の世代

前回に続き、Facebook過去記事掲載シリーズです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

1987年生まれから2004年生まれのゆとり世代の皆さん、自分がゆとり世代であることに誇りを持ちましょう!!

ただ、ゆとり世代以外の世代の方にはかなり不快な思いをさせてしまうと思いますので、今すぐこのページを閉じることをオススメします。

上司「これだからゆとりは!!(。-`ω-)ゴルァ」

部下「

もっとみる

30~40歳代が迎える大量孤独死の未来

30~40代がいずれ迎える「大量孤独死」の未来

⏺️未婚でさまざまな「縁」から離れた人が危ない

⏺️「30~40代がいずれ迎える「大量孤独死」の未来 未婚でさまざまな「縁」から離れた人が危ない

⏺️周囲から孤立したゆえの孤独死は決して珍しくはない

⏺️誰にも看取られず、一人部屋で亡くなる孤独死は年間約3万人

日本ではざっと置き換えると1日当たり約82人。

1時間に約3人以上が孤独死で亡

もっとみる

庶民には軽自動車ですら贅沢品という、そんな時代になってきた

前回はレクサスについて書いた。

2005年に日本でもレクサス導入になったのは、

当時いわゆる団塊世代の引退が近付いて、

その団塊世代が退職金で自らへの御褒美として、

奮発して高価なクルマを買い求めるだろうという皮算用もあってだが、

そんなトヨタの目論見ほど団塊世代はレクサスに寄ってこなかったと。

で、むしろ引退後の団塊世代は逆に安価なクルマを求めた。

軽自動車を選んだという人も少なく

もっとみる

【レクサスの誤算】退職金で自分への御褒美として、高級車なんて買っている場合ではない

老後2000万円という物議。

公的年金だけでは老後生活は厳しい。

だから年金以外に各自、老後資金を作っておけということだが、

特にバブル崩壊以後に働き始めた現職世代は、

長らく賃金は上がらない中で課税や生活コストは増え、

リストラに怯え、定年まで勤めても退職金は少なく、

また現職中の賃金が低い中で資産運用で儲けるなど困難。

現職世代で2000万円を貯められる人は多くないと思うけど(苦

もっとみる

考えてこなかった戦後世代  〜なぜいま哲学が求められるのか〜

青年海外協力隊を経て、アメリカ暮らしをしたのちシルク・ドゥ・ソレイユで世界各国を10年ほど働きながら旅してきた経験から、日本の記事を比較・考察し、つぶやいているUmiです。

第二次世界大戦後から、現在までの私たちの多くは考えてこなかった世代たちだと思う。戦後すぐは全く物のない状態から、生きることに精一杯で考える余裕なんてなかったはず。そこからベビーブームで団塊の世代が生まれる。私の父もその世代。

もっとみる
Have a break!
5