取り組み方

新企画スタート

ご訪問ありがとうございます😊
新企画を始めてみました。
TwitterのDMなどで競馬への向き合い方等を質問される機会があり、少しでも考え方や挑み方をお伝えできればと思い立ち上げました。

私のnoteでは元々、【競馬予想】【穴馬ころりん】【通算成績】の3本立てで競馬予想は買い目まで、穴馬ころりんは推奨穴馬、通算成績は字の如く結果の集計報告といった展開でやって参りましたがこの度【勝ってます競

もっとみる

自分にプレッシャーかけた。

今回の取り組みには反省が残る。

後輩の指導に関して、思うようにガイドできなかったし、アドバイスしたつもりでも結局は後手後手に回って文句言われたと思わせてしまっただけだったかもしれない。今日で一区切り着いたけれども、モヤモヤが残る。こんなの、もう絶対嫌だ!!

2ヶ月後、また同じような仕事がある。次は私の番だ。絶対に、彼の見本になれるような動きをしてみせる。今日は敢えていろんな人に宣言して、自分に

もっとみる
ありがとうございます♡
2

必ずできるとは言えないけれど...

「あなたが必ずできるとは言えないけれど、できないだろうと自分で決めて違うことをするのはおかしい。結果的にはできないかもしれないけれど、正しい方向を向いた練習をすることが大切。そういう気持ちで取り組んでおいてね」

自分が師事した先生の言葉で印象的なもののひとつです。ある特殊技巧を教わるときに先生がおっしゃったことです。

例えば、足し算は苦手だったけど掛け算は好きだという子がいます。一方で足し算は

もっとみる
この記事がお役に立てていたら嬉しいです^ - ^
2

多忙を極める時間。自分で追い込むからこそ身になるもの。

こんにちは守屋です。

仕事に追われる毎日。早く終わり自分の時間を確保しようと思っても次から次へと出現する仕事に精神的に追い込まれてしまう人も多いかも知れません。

その一方で、仕事の量を増やして、自分を追い込んでいこうと思っている人もいます。そんな人の思考は、タスクを増やし処理していくことで自分の経験値が上がることを知っているからです。

仕事に追われる毎日が

・能動的なものか
・受動的なもの

もっとみる
励みになります。
8

いろんなとこ行って知らない人と合うのん

性に合うてるんやろね。

一日東京歩き回って、小さめの革靴なもんやから若干靴擦れ気味やけど、なんだか気持ちよかったとです。

いろんな人がいて、いろんな仕事があって、いろんな職場がありますね。

令和風なのか平成風なのか分かんないけどトレンディな人たちとか、アート寄りの雰囲気醸し出す人とか、広告業界のスレた感じが全面に出てる人とか、会社の営業の人って感じの人とか、大きな会社なんですウチはって人とか

もっとみる

本当の解決とは

何か問題を起こしてしまった時に、

また同じことをしないように対策を

講じることがある。

でも、

ほとんどの対策が根本的な

解決につながる

ものではないと考えている。

例えば、交通事故。

事故を起こすと、

再発防止策として交通安全の講習を受ける

ことがある。

講義やシュミレーターをやったりするけど、

本当にそれで今後事故が

起きないとでも思っているの?

そもそも、事故の起

もっとみる
ありがとうございます!
3

ポジティブへ

「ネガティブをポジティブに変えるには思考を

変えること‼」

今までだったらネガティブのまま進んでいたも

のが意味を持たせることで凄く価値のあるもの

に転換する✨

だから頑張り方もより本気さが増す👍

全力でゼーゼーいう頑張りではなく賢く頑張る

ことも全力に含まれる💡

よしいくぞ🏃🏽‍♂️⤴︎⤴︎⤴︎

#思考転換 #ネガティブ #ポジティブ #取り組み方

ありがとうございます!元気出ます!!

【ボクシニ 〜20年のキセキ〜】28

31歳

投げ方を変えた翌シーズン
昨シーズンの勢いのまま順調にスタートを切ったが、なぜか徐々にパフォーマンスが下がっていく
その焦りから練習のし過ぎもたたり
肩を痛めてしまう
それでもプレーをし続けたせいで
肘にも異常をきたす
騙し騙しプレーが続く

「あの時の自分をもう一度…」

昨年の良かったときに戻ろうと
時間があれば試行錯誤した
その間にチームはリーグ優勝を何度も獲得していた
僕は焦る気

もっとみる

第56回宣伝会議賞の取り組み方   その3

一次審査通過の余韻も冷めてきて、次は何に挑戦しようかなぁー?と模索中のやのっちです。

歴戦の勇者さん達は、「それ、ホントにダメだったの?」みたいな没コピーを公開してますが、シロートの私なんて、それこそ没コピーばかりで(だって通過確率0.8%と激低いので)公開はできません。

ということで、私が出来るのは、1818本という本数をどう書いていったのか?そこを記すこと。

【1、とにかく考える。】

もっとみる

第56回宣伝会議賞の取り組み方 その2

やっと雑誌版「宣伝会議3月号」が日曜に手元に届きました。
やっぱり紙面の方が扱いやすいです。(馴れですねw)

さて応募数1818通と、「数打てば、どうにかなる。」というか、シロートだからこそ「数打たないと、どうしようもない。」ってことで、数を打って来たんですが、その取り組み方についてです。

【1、とにかく考える!】

そして今回は、その2です。

2、ベースを探す。

そうやはり自分の思考回路

もっとみる