北尾トロ

中華店でカツ丼、オムライス 消えゆく昭和の食文化 “町中華”はどこへ行く

文・北尾トロ(町中華探検隊隊長)

 単品からセットメニュー、定食まで揃え、1,000円以内で腹いっぱい。ラーメンや餃子、炒飯などはもとよりカツ丼やオムライス、カレーライスもあったりする、昭和の香りが漂う日式中華店が、町中華という新たな呼称でちょっとしたブームになっている。ラーメン屋が専門店を指し、中華料理店が本格的な中国料理店まで含む総称となって以降、中途半端な存在になっていた町の中華店が、誰も

もっとみる
ありがとうございます!
1

しかし「妄想」や「ビジネス」で解決する手段はいくらでも存在するのだから結局は一線を越えるか?超えないか?という葛藤に己が克てるかどうかなのである。

『本書に登場する被告人たちが犯罪に至った事情は、第三者からみると納得できないものも多いだろう。だがそれは言い換えてみれば、普通の感覚では想像できないほど、極限まで心が追い詰められていた証でもある。どんな理由であれ犯罪に手を染めることは許されないが、「もし自分がこんな状況に置かれたら…」と考えさせられてしまう。外からはどんなに完璧に見える人も、多かれ少なかれ問題や悩みを抱えているものだ。幸せな日々を

もっとみる
スキありがとうございます(^^)
3

#45 幸楽@荻窪

大都市・東京の発展の裏側で、かつての街並みは急速に失われている。
ノスタルジックで心に残る街並み、建築物、飲食店…。
真のレガシーを求めて、今日も裏路地を歩く。
懐かしくて心惹かれる、うるわしの東京アーカイブズ。

2013年12月、僕と北尾トロは町中華をめぐろうと話していた。
といってもまだ具体的になにをどうするといったことは考えていなかったが、なんとなく2人とも頭に浮かんだのが荻窪の「新京」と

もっとみる
ありがとうございます。励みになります。
15

間接的なメディア支配

昨夜、FMまつもとの「北尾トロのヨムラジ」拝聴。
12分余にわたる拙著「ズムスタ、本日も満員御礼!」への言及、ありがたく耳を傾けました。

「松本にカープファンがどれだけいるのかわかりませんが…」の冒頭のコメントには、つい苦笑。

考えてみれば広島FMでは語れるはずもなく、ここはカープ球団が大株主につき。(笑)

もっとみる

北尾トロ氏が拙著を!

FMまつもとの「北尾トロのヨムラジ」で、北尾トロ氏が拙著「ズムスタ、本日も満員御礼!」を取り上げてくれたそうです。

各メディアで書評欄をお持ちの読み手であり、野球にはあまり詳しくないという北尾氏が「面白い」と評してくれたらしく、そこがまたうれしい。

明日の午後7時半から再放送もあるとか。
ネットでも視聴できるらしいので、ぜひに。

もっとみる

ダ・ヴィンチで紹介されました

弊社、BoC出版より販売中の、「皐月と美月の夏」の著者、倉本莉亜さんが、今月発売の「ダ・ヴィンチ」4月号で紹介されました。

どのくらいのボリュームの記事なのかと見てみると、割と……。

というか、北尾トロさんのコラムでガッツリ4Pに渡って紹介されていました!!

OZZYちゃんビックリだよ!(;´Д`)

もっとみる
とても励みになっています♪
35

『渋谷の今週』9時台ゲストコーナー

2016年10月17日(月)9:00-10:00放送

ゲスト:塩田泰造さま(脚本・演出)
    宮原将護さま(俳優)
MC  :大木秀晃
    :mochico
紹介者 :藤城亜砂 

大木 : 今日のゲストをご紹介したいと思います。

舞台『裁判長! ここは懲役4年でどうすか』演出家の塩田さん、出演の宮原さんにお越しいただきました。よろしくお願いします。

順番的には脚本・演出の塩田泰造さ

もっとみる