堀 治喜の楼人日記

元手作り野球場DREAMFIELD管理人。ホーリー農園オーナー兼物書き。主な著書に『わしらのフィールド・オブ・ドリームス』(メディアファクトリー)、『衣笠祥雄はなぜ監督になれないのか?』(文工舎)、『初優勝』(プレジデント社)、『ズムスタ、本日も満員御礼!』(毎日新聞出版)など。

佐々岡監督〝謎采配〟のわけ

「試合前から決めていた」 カープ佐々岡監督がこのところよく口にするこのコメントを反芻してみて、ようやくモヤモヤしていた霧が晴れたというか、ザラついた不快感が解…

鈴木誠也〝ベンチ塩漬け〟の後味の悪さ

おもえば、昭和30年代の王・長嶋時代から昭和50年にはじまるカープの黄金期、さらにはパ・リーグ西武ライオンズの絶頂期、阪神タイガースのバース・掛布・岡田が揃い踏み…

+1

執筆経過

いま執筆中の『もし衣笠祥雄がカープの監督なら』(仮題)。 プロ野球の優勝争いを横目に、執筆のほうはひと足お先に新シーズンに突入しました。 開幕戦のジャイアンツ…

+2

表紙デザインしてみました

「もし衣笠祥雄がカープの監督だったら」(仮題)の表紙イラストのラフ、いい感じで上がってきたのでデザインしてみました。 まだプライベート用ですが、特別に「ちょっ…

平山智さんの手のひら

逝ってほしくなかったひとが、またひとり旅立ってしまいました。 元カープの外野手で、熱血プレイで草創期のカープファンを沸かせた平山智さんが亡くなられていたとか。…

+1

手に触れえる命を生む

きょうは物書きではなっく、版元のひととしてのお話をばすこし。 きのうはBASEから、けさはAmazonから注文がありました。 BASEが「球場巡礼 第2集」、後者のそれは「球…