共有化

後半から授業UDの視点で盛り返す。(4年社会科)

今日の飛び込み授業は、PC室での4年社会科「長野県」。
長野市見学に行く前に、youtubeでの議会映像を視聴して
見て・聴いて分かったことを「見学のしおり」にメモするというもの。

担任の先生は県内の研修で不在。という訳で代打、清水の登場。
ICT支援員の方もT2として入っていただき、スタート。

めあて「長野県議会本会議を見て分かったことをメモすることができる」を確認して、視聴開始。
#Sk

もっとみる

200624_見える化による共有化

在宅勤務が中心になった今、ミーティングの参加者全員が対面で議論することは殆どなくなりつつあります。WEBでの実施は、時間や空間的な制約が弱まるといったメリットの方が多いですが、当然デメリットもあります。

その一つは、議論が込み入った際、参加者間で共通認識が持ちにくくなることです。オンラインの場合、発表者がパワーポイント等の資料を投影して説明し、その後に議論に入るケースが多いですが、資料を画面共有

もっとみる
ありがとうございます!
3

橋本ドンのマンション管理士として思う事「話がまとまらないのは。。。?!」

分譲マンションの管理で、運営面での意見の相違から、各組合員とで意見のまとまらない事あります。

当然、各組合員がそれぞれ自分の大事なお金(管理費、修繕積立金)を払い、そしてマンションをよりよくしていきたいと思う気持ちは誰しもが持っている気持だと思いますが、その方向性が違う事、その進め方が違う事多々あり、それにより意見がまとまらなかったりします。

ただ、それ以外でも自分の事ばかり考えて、周りの人の

もっとみる
いつもありがとうございます。

良い指摘と悪い指摘

人は間違うものであり、またどの人も同じ考え方を持っているわけではない。共有できているつもりでも共有できていない事柄も多い。
考え方の違いに気付いた時、人は相手に対して指摘をする。
その指摘には「良い指摘」と「悪い指摘」がある。
ここでは「良い指摘=相手に伝わる指摘」、「悪い指摘=相手が受け入れがたい指摘」と定義する。

間違いを指摘したつもりが...

間違いや勘違いというのは日々起こることである

もっとみる
ありがとうございます!他の記事もよろしくお願いします!
3

Breakout!結局、挨拶なのかって話(仕事におもうこと2/2)

結集できたものたちが、結集できなかったものたちを支配する。結集できたものたちは脅威となる別の結集作用に目を配る。歴史は常に分断と結集の回転運動だ。他を分断させ自らは結束を強めるものに歴史は微笑む。よく協力できるものが生き残りできなかったものは浮かび上がれないままステージから去る。少数の既得権益者はこのゲームの呼吸を知り多数者の上に君臨続ける。

時折、新たな業務を任されるときに「え!これだけの規模

もっとみる
これも何かの縁です(^_^)
17