令和元年台風19号

落ち着いてきたので振り返ろうと思う。※台風19号災害回顧録について※

落ち着いてきたので振り返ろうと思う。※台風19号災害回顧録について※

アカウントだけ作って放置しっぱなしだったnote。 最初の投稿が下書きに入っていて、日付を見たら2019年10月。 これも何かの縁だと思い、noteで少しづつ書いていこうかと思います。 題材は様々な関わり方をしました、2019年10月に発生した”令和元年台風19号災害”に関して、自分が関わったことを覚えている限り記録できればと思います。 とはいえ、資料は逸散しているし記録も穴が空いているので継ぎ接ぎしながらの記録のなるかと思うのでご了承ください。 また、あくまで主観的に書

【災害の記憶】2019年10月台風19号の高尾付近を歩く
+29

【災害の記憶】2019年10月台風19号の高尾付近を歩く

令和元年(2019年)台風19号は、日本各地に大きな被害を起こした台風として知られています。わが町、八王子市も大きな被害を受けました。2年前の台風被害の9日後に高尾付近を歩いた際の記録を記したいと思います。 【台風直撃時の様子】 2019年10月12日、日本列島を台風19号が通過し、各地に大きな爪痕を残しました。東京都に大雨特別警報が発令され、八王子市内でも、上恩方で24時間雨量が600mmを越えるなど、記録的な雨量が観測されました。グラフは八王子市の記録資料(下記リンク参

スキ
14
「防災の知恵を楽しみながら身に着ける」~日本笑顔プロジェクト Vol.2<被災地の仮設トイレ問題>
+6

「防災の知恵を楽しみながら身に着ける」~日本笑顔プロジェクト Vol.2<被災地の仮設トイレ問題>

令和元年東日本台風から、まもなく2年がたつ。「まだ」2年なのに、私たちのなかで、災害や防災への意識が過去のモノになっていないだろうか?‥‥5回にわたって紹介する、『地域発の新しい防災の仕組み』~第2回目。日本笑顔プロジェクト(以下、「笑顔P」)副代表 春原圭太さんから、ボランティア活動における最初の課題~「トイレのこと」についてお話しいただきました。 第1回目の記事はこちら https://note.com/one_nagano/n/n501dc50f3341 トイレは「

スキ
5
令和元年東日本台風で被災した箱根エリアの復旧(全国大会オンライン見学会)
+2

令和元年東日本台風で被災した箱根エリアの復旧(全国大会オンライン見学会)

土木学会事務局です。 9月6日(月)~9月10日(金)に、令和3年度土木学会全国大会がオンラインで開催されます。完全オンライン開催の今回、9月8日(水)12:00~12:45に現地見学会として、令和元年東日本台風で被災した箱根エリアの復旧工事について、担当者の生の声をオンラインでお届けします。 Ⅰ 箱根登山鉄道粘着式鉄道として日本一の急勾配(80/1000)を登る日本有数の山岳鉄道です。開通は1919年、100年を超える歴史を有し、2007年に土木学会選奨土木遺産に認定さ

スキ
2
「防災の知恵を楽しみながら身に着ける」~日本笑顔プロジェクト Vol.1

「防災の知恵を楽しみながら身に着ける」~日本笑顔プロジェクト Vol.1

令和元年東日本台風から、まもなく2年がたつ。「まだ」2年なのに、私たちのなかで、災害や防災への意識が過去のモノになっていないだろうか?今期、ONE NAGANO/NET note では、5回にわたって地域発の新しい防災の取り組みを紹介する。日本笑顔プロジェクトが考える防災力とは?第1回目は、代表 林映寿さんから、プロジェクト発足時の取組についてお話いただきました。 日本笑顔プロジェクトのはじまり2011年3月11日、日本は今までに経験したことがない恐怖につつまれました。日本

スキ
4
「Light it up blue 川越 特別セミナー」

「Light it up blue 川越 特別セミナー」

4月2日から8日まで発達障害啓発週間です。 4月3日、ウェスタ川越にて Light it up blue 川越 2021年世界自閉症啓発デー 発達障害啓発週間 特別セミナーが開催されました。 (主催:Light it up blue 川越実行委員会 NPO法人チューリップ元気の会 後援:川越市) 今年はコロナ禍ということで、パレードやイベントはありませんでした。その分中身の濃いセミナーだったと思います。 川合市長の挨拶から始まった特別セミナーのテーマは「障害のある方の福

スキ
3
AC長野パルセイロ「令和元年東日本台風災害復興支援イベント」

AC長野パルセイロ「令和元年東日本台風災害復興支援イベント」

12月20日(日)長野Uスタジアム。AC長野パルセイロのホームゲーム最終戦、J2昇格のかかった大切な試合。勝利と昇格を願って多くのサポーターの姿がありました。 AC長野パルセイロは、8月22日以降のホームゲーム戦からスタジアム内で「令和元年東日本台風災害復興支援イベント」を開催していました。この日は、ホーム最終戦という事もあり多くの復興支援ブースが設置され、被災地の「復興りんご」や「アルクマ復興珈琲」などが提供されました。 長野県内外から応援に駆け付けたサポーターの皆さん

スキ
4
ZINE「青水門のあっちとこっち5メートル」

ZINE「青水門のあっちとこっち5メートル」

「青水門のあっちとこっち5メートル ミニZINE」をご購入くださいました方、ありがとうございました。こちらが正規版の紹介・販売ページです。また、直接noteからご覧くださっている方、ありがとうございます。こちらはZINEの紹介・販売ページになります。 目次 ・このZINEについて ・初版:天狼院カフェSHIBUYAで販売中 ・改訂版:本ページより通信販売中 このZINEについて令和元年10月に日本を震撼させた台風がありました。台風19号です。その台風は関東を直撃し様々な川

スキ
1
有料
1,000
【福島県】今月のわだいー台風溺死の南相馬市職員「弔慰金50万円」に遺族憤慨(2020.10月)

【福島県】今月のわだいー台風溺死の南相馬市職員「弔慰金50万円」に遺族憤慨(2020.10月)

 昨年10月の台風19号(令和元年東日本台風)で災害対応業務に当たった南相馬市職員・大内涼平さん(当時25)が深夜の帰宅途中に亡くなった問題。その詳細は本誌昨年11月号と今年7月号で報じているので割愛するが、門馬和夫市長は9月定例会に①遺族に弔慰金50万円を支給するための補正予算案、②弔慰に関する条例案、③「職員の命を守れなかったことを重く受け止めたい」として自身の給料を10月から3カ月間10%減額する給与条例改正案――を提出し、いずれも可決された。  一見すると、門馬市長

スキ
6
”大河津分水の氾濫危機 ”「ケンオードットコム 佐藤さん」インタビュー

”大河津分水の氾濫危機 ”「ケンオードットコム 佐藤さん」インタビュー

※記事の最後にインタビュー動画を追加しています。 土木学会国際センター情報グループです。 これまで当センターでは、SNS企画 ”旅に出たくなる日本の土木遺産” 企画第一弾として、2022年に通水100周年を迎える 近代土木遺産「大河津分水(おおこうづぶんすい)」の秘蔵資料を紹介してきました。 その大河津分水では、令和元年台風19号直撃後の2019年10月13日、観測史上最高水位の17.06 m を記録し、計画高水位を数時間超過する危険な状態が続きました。 そこで本企画

スキ
6