ONE_NAGANO

落ち着いてきたので振り返ろうと思う。※台風19号災害回顧録について※

落ち着いてきたので振り返ろうと思う。※台風19号災害回顧録について※

アカウントだけ作って放置しっぱなしだったnote。 最初の投稿が下書きに入っていて、日付を見たら2019年10月。 これも何かの縁だと思い、noteで少しづつ書いていこうかと思います。 題材は様々な関わり方をしました、2019年10月に発生した”令和元年台風19号災害”に関して、自分が関わったことを覚えている限り記録できればと思います。 とはいえ、資料は逸散しているし記録も穴が空いているので継ぎ接ぎしながらの記録のなるかと思うのでご了承ください。 また、あくまで主観的に書

「防災の知恵を楽しみながら身に着ける」~日本笑顔プロジェクト Vol.2<被災地の仮設トイレ問題>
+6

「防災の知恵を楽しみながら身に着ける」~日本笑顔プロジェクト Vol.2<被災地の仮設トイレ問題>

令和元年東日本台風から、まもなく2年がたつ。「まだ」2年なのに、私たちのなかで、災害や防災への意識が過去のモノになっていないだろうか?‥‥5回にわたって紹介する、『地域発の新しい防災の仕組み』~第2回目。日本笑顔プロジェクト(以下、「笑顔P」)副代表 春原圭太さんから、ボランティア活動における最初の課題~「トイレのこと」についてお話しいただきました。 第1回目の記事はこちら https://note.com/one_nagano/n/n501dc50f3341 トイレは「

スキ
5
「防災の知恵を楽しみながら身に着ける」~日本笑顔プロジェクト Vol.1

「防災の知恵を楽しみながら身に着ける」~日本笑顔プロジェクト Vol.1

令和元年東日本台風から、まもなく2年がたつ。「まだ」2年なのに、私たちのなかで、災害や防災への意識が過去のモノになっていないだろうか?今期、ONE NAGANO/NET note では、5回にわたって地域発の新しい防災の取り組みを紹介する。日本笑顔プロジェクトが考える防災力とは?第1回目は、代表 林映寿さんから、プロジェクト発足時の取組についてお話いただきました。 日本笑顔プロジェクトのはじまり2011年3月11日、日本は今までに経験したことがない恐怖につつまれました。日本

スキ
4
台風19号から1年。被災施設の今。

台風19号から1年。被災施設の今。

令和2年10月、千曲市の更埴文化会館(通称:あんずホール)を訪問し、現状と今後の対応についてお話を伺いました。 あんずホールは、地下・大ホール・インナーコリドーに水や泥が浸入し、一階部分では床上10㎝の浸水がありました。インナーコリドー部にある配管には、泥が確認できました。 1階から地下へ降りる階段踊り場にある窓には、被災当時の水位を物語る跡がくっきり残っていました。 1階から地下へ降りる階段踊り場から外を見た写真です。ここを超えて水が浸入してきたそうです。 地下は、

スキ
4
台風19号から1年。被災地で暮らす高校生

台風19号から1年。被災地で暮らす高校生

2020年10月11日。台風19号の災害から1年が経とうとしていた日。 被災地の長野市長沼支所では、午前に「追悼と復興のつどい」が開かれ、約500人の住民の方々が参加されていました。 この日の午後、長沼支所を訪れた取材班は、仮設の長沼支所前に座って話をしていた高校生に出会いました。 新築はどんどん完成していくのに、リフォームが終わらない。 高校生は、「追悼と復興のつどい」参加し、周りのお友達と世間話をしていたそうです。 「災害時はどうでしたか? 今はどうですか?」とたずねる

スキ
5
新幹線マルシェ&「ONE NAGANO」復興支援

新幹線マルシェ&「ONE NAGANO」復興支援

10月15・16日、東京駅構内で長野地域の旬の果物を紹介・販売する「新幹線マルシェ」が開催されました。 この催しは、長野県の長野地域振興局がJR東日本グループと連携し、北陸新幹線で長野地域の新鮮な果物を東京駅に運び、駅を利用される皆様にお買い求めいただくとともに長野をPRするものですが、今回は復興支援の一環で、長野市長沼地区で収穫されたりんごや須坂市で収穫されたぶどうを販売しました。 りんごは深い赤色にしゃきっとした歯応えの「秋映」と、甘さ際立ち果汁たっぷりの「シナノスイ

スキ
4
台風19号の被災地・長野市を巡る
「デジタルスタンプラリー」

台風19号の被災地・長野市を巡る 「デジタルスタンプラリー」

台風19号が大きな被害をもたらしてから1年が経ちましたが、依然として長野地域の復興活動は続いています。 「ONE-NAGANO」取材班は、いま、長野地域でがんばっている、「復興のカタチ」を紹介します。 今回は、長野市内で展開している復興祈念事業「いまこそ応援『がんばろうNAGANO2020』」のひとつ、被災地の今を知るデジタルスタンプラリー[開催期間:2020年10月3日(土)〜11月8日(日)]を体験しました。 参加方法は、長野市内6地区・8カ所の施設や直売所にあるチェ

スキ
7