ネバアランド|百花蜜のリボン

胸元や衿、ウエストや裾、お帽子やバッグなど、あるいは、思いがけない場所にも留めてみたい——蝶々のように、身のまわりを自由に羽ばたく《百花蜜のリボン》が届きました。

 菫色の水玉とアシメトリーがクールなリボンは、ジャケットのラペルに留めて、紳士を気取ってみたい。

 ギンガムチェックはカジュアルに、モノトーンはノーブルに。

 赤と紺はネバアランドの正統派。自分だけのお気に入りの場所を見つけて、い

もっとみる

Belle des Poupee & 黒木こずゑ|姉妹たちの夏《3》

★祈りをリボンに託して——★

 2019年開催、黒木こずゑ & Belle des Poupee二人展《LITTLE WOMEN〜四姉妹の物語》にて、小部屋のセンターを飾った黒木こずゑ様の絵画作品「リボンの肖像」。
 苦しい境遇の中、寄り添いながら前向きに生きる四姉妹の姿——先が見えない今だからこそ何度でも出会いたい、オルコット『若草物語』へのこずゑ様からのオードたる一作です。

四姉妹の集合画

もっとみる

DAY 2|MAUVE CELLOPHANE

天候も自由自在に操れる架空のストリート・モーヴ街には、今日も涼しい風が吹き抜け、セロファンの時間がゆったりと流れていきました。
 華やかなウィンドウを眺めながら、散策をお楽しみ下さいました皆様に御礼申し上げます。

***

 8番地・ヴィヴィアンズ百貨店に、新しいお仲間をお迎えした記念日。服飾ブランド《ネバアランド》様より、モーヴ・セロファン仕様の《リボンガーデンワンピース》と旅情あふれる《港の

もっとみる

Belle des Poupee & 黒木こずゑ|姉妹たちの夏《2》

耳を澄ませるメグ。妹たちの話し声やピアノの音色などの家族の幸せな音を聞いているのかもしれないし、もしかしたらお隣のあの人の足音を待っているのかもしれない。
 .....Kozue Kuroki

★耳を澄ませば——★

 姉妹を大切に想う長女メグの様子が描かれた、黒木こずゑ様のボックスフレーム作品。黒のリボンがシックに配されたBelle des Poupee様のハーフボンネットは、耳を澄ますメグの

もっとみる

ネバアランド|潮風に乗って——

心地よい潮風に乗って汽笛が響く、港の風景。停泊している汽船に乗り込むのは、少年少女たちの夢——
(Photo: Neverland)

 夏の旅情が過る「港のセーラースカート」をご紹介致します。

金属ボタンと配色のラインがマリンスタイルの王道な一枚。
肩章と背中のリボンがポイントの肩ひも付きです◎
表情のある素材でたっぷり広がる裾を海風になびかせて!
肩ひもを垂らした着こなしや、前を開けてパンツ

もっとみる

ネバアランド|モーヴ・セロファンの花園にて

《ヴィヴィアンズ百貨店》5th Floorに、このほど新しいお仲間をお迎え致しました。 
 メゾンの哲学を象徴する、ハンサムなリボン使いが魅力的な服飾ブランド《ネバアランド》様が、本イベントよりモーヴ街に新風となって舞い降りました。

ネバアランド | 服飾ブランド →HP
少年少女の心を忘れないすべてのひとへ!'Never-never land'を探すちいさなメゾンです 。2005年から制作を始

もっとみる

男前な中折れ帽子♬

こんばんは。

かぼたんから「夏男」を楽しむアイテムをお届けします!

お手持ちの帽子に巻くだけで、「新しい帽子?」って聞かれるぐらい帽子の雰囲気をガラリと変える
着せ替えリボンの登場です。

着せ替えリボンで世界にひとつだけの帽子を作りませんか。

ハンドメイドの世界って『世界にひとつ』とか『あなただけの』っていうのが実現できる。

作家は自分の持てる技術をこれでもか!っていうくらい詰め込んでひ

もっとみる

麦わら帽子も着替えませんか。

こんばんは。

今日は1日製作に没頭していました。

作り始めると、集中力が途切れず、ずーーーーーっとやってる。笑。

梅雨が開けて、夏本番!
夏と言えば、麦わら帽子!
でも、麦わら帽子のリボンって黒、白、茶色が多くて人と同じになることも多いですね。

去年買った麦わら帽子、まだ被れるけど...
新しいものが気になる。。。

そんなときも!
ちょっぴりアレンジしたらまだまだ使えます!

世界にひと

もっとみる
ありがとうございます!
2

苦手ではないけど好きとも言えなくて、ケーキの苺とかわいいあの娘

小さな頃から、ケーキに載っている苺が好きになれない。
苺というフルーツ自体がそうなのだけど、特にケーキに載ったり入ったりしているものが得意じゃない。

ケーキを食べるのだから、クリームのなめらかな甘さや、スポンジのきめ細かさや香りも味わいたい。でもすべて掻っさらってしまう存在感が苦手だ。それに「ケーキの苺」じゃなくて「苺のケーキ」とメインになってしまうところも好きじゃない。
こんな感情が何かに似て

もっとみる
読んでいただけて嬉しいです!
5

きんぎょとねこと赤いひらひら

おまつりから かえってきた むすめさん。

とっときの ゆかたを ぬぎたくなくて

おかあさまに わがままを いってしまい

おこった おかあさまだけ なかに はいってしまわれました。

はじめてすくった いっぴきのきんぎょは

むすめさんと おそろいの あかいひらひら。

たぽんとしたビニールのなかで

くるくる くると およぎます。

とたんに うれしくなってきて

くるくる

もっとみる
きっと今日いいことあるよ。
1