情シスが手腕を競い合うイベント「リーグオブ情シス」のスポンサーになってみた!

情シスが手腕を競い合うイベント「リーグオブ情シス」のスポンサーになってみた!

こんにちは! メタップスクラウド広報のひめ子です。 5月28日(金)に開催された「リーグオブ情シス」のスポンサーをメタクラチームが務めさせていただきました!今回のnoteでは、なぜ私たちがこのイベントのスポンサーに手を挙げたのか、スポンサーになった結果どのような反響があったのかをイベント当日までの様子や裏話も交えて記しました。ぜひ当日の動画も合わせてご覧になっていただけたら幸いです! 「リーグオブ情シス」とは?仮想の企業、必須システム、一人あたり月額予算の条件のもとで、様

10
【正式発表】Google、メタップス社の『pring』を買収。

【正式発表】Google、メタップス社の『pring』を買収。

IT(情報技術)企業のメタップスなどプリンの既存株主は13日、グーグルへの株式売却を正式に発表した。 参考: Googleが買収「プリン」  社員12人決済スタートアップ 正直、最初Googleがpringを買収したと知った時は凄いと感じると同時に怪しんでいましたが…まさかの事実にびっくり。 もともとpringはメタップスの子会社として設立され、VCのWiLやみずほ銀行が参画されてたそうです。 Google買収前はみずほ銀行もpringの買収を検討していたようで驚き。

4
佐藤航陽「お金2.0」を読んだら本当に経済とか社会の概念が覆ったのでレビューしてみた。

佐藤航陽「お金2.0」を読んだら本当に経済とか社会の概念が覆ったのでレビューしてみた。

(こちらの内容は2018年のブログから引っ張ってきていますので、よろしければ下のリンクから続きをご覧ください) 2018年あけましておめでとうございます!! 今年もよろしくお願いいたします。 こんなブログを「たまに読んでるよ〜」と言ってくださる心優しい方々、本当にいつもありがとうございます。 まだまだ未熟者ですので必死に勉強して、精進してまいります。。。 NewsPicksアカデミアから送られてくる書籍をずっと積読していたので・・・年末年始で5冊読破を目標にし、先程5冊読

お金の正体をもっと知りたかったので「お金2.0」を読んでみました〜その2〜

お金の正体をもっと知りたかったので「お金2.0」を読んでみました〜その2〜

前回の続きになります。 前回の記事をご覧いただきたい方は、こちらからお願いします。 復習がてらですが。。。 ・発展する「経済システム」の5つの要素 ①インセンティブ、②リアルタイム、③不確実性、④ヒエラルキー、⑤コミュニケーション サービスを例にすると ・ヒットするサービスを考える場合は衣食住などの生理的欲求以外の社会的欲求(所属欲求や承認欲求、自己実現欲求)を刺激し、インセンティブとして体系化できる仕組みを導入できないかを考えた方が良い。 ・リアルタイムとして

2
【書評】お金2.0を読んで

【書評】お金2.0を読んで

「お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)」を読んだので早速レビューしたいと思います。 作者 佐藤航陽(さとうかつあき)氏とは 「お金2.0」の作者佐藤航陽氏は現在「metaps」株式会社CEOをされている、フォーブス誌の「日本を代表する若手起業家です。 早稲田大学を1年で中退し、20歳のときに資金150万円で起業されました。 それからアプリ収益化支援プラットフォーム「metaps」を開始し、手数料無料の決済サービスSpikeをリリース

2
【一冊10円の衝撃】Kindle Unlimitedを使って若手に読んでもらいたいビジネス書10選

【一冊10円の衝撃】Kindle Unlimitedを使って若手に読んでもらいたいビジネス書10選

ビジネス書って何冊も読むものでないし、何度も読むものでもない。 異論も例外もあるでしょうが、僕はそう思っています。良書も多いですが玉石混合で、なかには溝にお金を捨てるようなものさえあります。GMOグループの熊谷正寿会長(@m_kumagai)は、気になった本は迷わず買うと著書で書いてましたが、若手のうちはマネできるほどのお金はありません。 そこで若手ビジネスパーソンにオススメしたいのがKindle Unlimited(以下、KUと省略)です。KUは2ヶ月間99円のお試し価

10
【最終章】人生の意義を見出すことが価値になる時代 お金2.0ⅲ

【最終章】人生の意義を見出すことが価値になる時代 お金2.0ⅲ

情熱を捧げられるもの。それがあなたの人生を豊かにする。 こちらの本の紹介もこれで最後になります。では早速始めていきましょう。 ご存知の方もいるかと思いますが、2015年に元GoogleのエンジニアがAIを教祖とする宗教を立ち上げました。人工知能を神様として崇め、社会をより良くしましょうという教義を掲げています。皆さんはこれを聞いてどう思いますか?神様や宗教という単語があるだけで胡散臭くなるのもわかりますが、現代社会を見渡してみると実は経済と宗教、経済と政治の境界線が徐々に

27
生き残る人は「3つの価値」を知っている お金2.0 ⅱ

生き残る人は「3つの価値」を知っている お金2.0 ⅱ

前回続きになります。早速始めます。 近代社会=情報の非対称性の上に成り立つ 売る側も買う側も情報の不足があって初めて成り立つ仲介業者、代理人のような仕事が沢山ありました。 中央集権化することにより情報、権力を一点集中し、社会を構築してきました。今ではそれが変わりつつあります。分散化社会になろうとしています。この社会では情報と人が直接結びつき中央の権力は弱体化します。更に情報を全ての人が得やすくなるため、情報を持つことの希少性は低くなります。 独自に価値を発揮する経済シ

36
資本主義社会を攻略せよ〜お金2.0に見る令和以降の生存戦略 i

資本主義社会を攻略せよ〜お金2.0に見る令和以降の生存戦略 i

お金と経済について人に説明できますか? 皆さんこんにちはすしおです。今回紹介する本はこちらです。株式会社メタップス代表取締役社長の佐藤航陽氏の著書「お金2.0」になります。佐藤航陽さんは人が持つ時間に市場価値をつけ、それをサービス化しました。ぶっ飛んでますね。 お金2.0とは? ↪︎今までの金融の考え方とは全く違うもの。パラダイムシフトを起こすもの。 これだけだとなんのこっちゃなので、そもそもお金、経済とは何ぞや?をそれぞれ説明していきます。 お金の役割とは? ↪︎価

28
新たな市場を切り開き続ける17 Media Japan 溝手 亘氏が説く「チームで勝つ」重要性

新たな市場を切り開き続ける17 Media Japan 溝手 亘氏が説く「チームで勝つ」重要性

全世界4,500万ユーザー突破した、日本No.1ライブ配信アプリ「17LIVE」のグローバル進出を牽引した人物をご存知でしょうか。今回、M17 ENTERTAINMENT(17 Media Japanの親会社)USのCEOを務める溝手 亘(Wataru Mizote)氏の働き方の軸に迫ります。 “ニューエリートをスタートアップへ誘うメディア” EVANGEをご覧の皆さん、こんにちは。for Startups, Inc.のヒューマンキャピタリスト馬場良樹(Yoshiki Ba

68