くまがいもとき⛩スタートアップ✈︎神主

スタートアップ出身の塾はじめた神職。営業組織づくり、企業提携、CS部門立上げなど歴任後、山口県にUターンして現職。チャリティプロジェクト「PRAY FOR」。 #SaaS #クラウドサービス #代理店 #パートナーセールス #セールス #組織論 #CS #経済学 #読書 #教育

くまがいもとき⛩スタートアップ✈︎神主

スタートアップ出身の塾はじめた神職。営業組織づくり、企業提携、CS部門立上げなど歴任後、山口県にUターンして現職。チャリティプロジェクト「PRAY FOR」。 #SaaS #クラウドサービス #代理店 #パートナーセールス #セールス #組織論 #CS #経済学 #読書 #教育

マガジン

  • THE PARTNER SALESー3名の営業チームで…

    タイトル:THE PARTNER SALES ー3名の営業チームで3,000人の営業組織を味方につける営業理論 パートナーセールスに関するノウハウをなるべく体系的に書いてます。営業をはじめたばかりの方から営業組織づくりを担う立場の方まで、広くお読みいただける内容となっています。根性、コミュ力、みたいな営業像とは一味違う、「売れる仕組みづくりとしての営業」にスポットライトがあたることを期待しています。一人でも多くの方にとって営業活動のヒントになったなら幸いです。 感想は #THEPARTNERSALES で教えてください!※必要に応じて(余裕があれば)ブラッシュアップします!笑

  • 僕が修行に行ってきた話

    都内のITスタートアップで働いていた僕が、家業の神職を継ぐために約1年間インターネットを絶った共同生活を送ってきました。修行生活の中での気づきや自分に起こった変化をご紹介します。

  • 2022年、観たもの読んだもの。

ストア

  • 商品の画像

    【1000円コース】 PRAY FOR 九州 2020 豪雨災害支援(祈念ステッカー)

    【概要】 令和2年7月豪雨は熊本県を中心に九州地方に大きな被害をもたらし、今もなお被災者の方々は復興のために尽力しています。しかしコロナ禍によって現地に赴いての直接支援は難しく、遠隔地からの支援が意義を増しています。そんな中、PRAY FORプロジェクトは「故郷復興」をコンセプトとして企画されました。 【「故郷復興」とは】 故郷を愛し 故郷に尽くし 故郷に生きる  そんな決意を持って災害に立ち向かうこと。 利益は全て被災地で「故郷復興」を目指して活動する地元の活動団体にお届けします。 地元の方々自らの手で故郷を守る「草の根」的な活動が、地域の心の復興にも繋がるはずです。 ※支援金の使途に関しては、九州を拠点とする被災地支援グループ「鶴の恩返し」に委任させていただきます。(https://www.facebook.com/groups/125540041382170/?ref=share) 【備考】 ・本コースの返礼品は「祈念ステッカー3種セット」です。 ・祈念ステッカーのサイズは円形のデザインが直径5cm、長方形のデザインが縦8cm×横6cmです。
    1,000円
    PRAY FOR PROJECT
  • 商品の画像

    【1000円コース】 PRAY FOR 九州 2020 豪雨災害支援(祈念ステッカー)

    【概要】 令和2年7月豪雨は熊本県を中心に九州地方に大きな被害をもたらし、今もなお被災者の方々は復興のために尽力しています。しかしコロナ禍によって現地に赴いての直接支援は難しく、遠隔地からの支援が意義を増しています。そんな中、PRAY FORプロジェクトは「故郷復興」をコンセプトとして企画されました。 【「故郷復興」とは】 故郷を愛し 故郷に尽くし 故郷に生きる  そんな決意を持って災害に立ち向かうこと。 利益は全て被災地で「故郷復興」を目指して活動する地元の活動団体にお届けします。 地元の方々自らの手で故郷を守る「草の根」的な活動が、地域の心の復興にも繋がるはずです。 ※支援金の使途に関しては、九州を拠点とする被災地支援グループ「鶴の恩返し」に委任させていただきます。(https://www.facebook.com/groups/125540041382170/?ref=share) 【備考】 ・本コースの返礼品は「祈念ステッカー3種セット」です。 ・祈念ステッカーのサイズは円形のデザインが直径5cm、長方形のデザインが縦8cm×横6cmです。
    1,000円
    PRAY FOR PROJECT

最近の記事

固定された記事

序章 はじめに 『THE PARTNER SALES』

あるさえない営業マンの場合 ぼくが本格的にパートナー営業を任されたのは、社会人二年目も折り返し地点を越えた頃だった。それまではPCソフトを法人直販する部署に所属しており、成績はパッとしなかった。むしろ、売上をロクに上げないお荷物社員だったという自覚すらある。そんなとき、人事異動により、PCメーカーと共に法人・個人へソフトを販売することになったのである。職務内容もターゲットも変わって心機一転したぼくは、なんとか成果を上げてやろうと燃えていたことを覚えている。  しかし、その数

スキ
9
    • 「参拝」の取り組み方

      「参拝」をテーマに集会を行うことになり、改めて「参拝って何だろう?」と自問し、わが宗門の教典を紐解きました。参拝に関連する教えを抜粋して、未熟なりに編集してみました。折角なのでシェアしてみます。何かの発見に繋がれば幸いですし、反響によっては別テーマでもトライしてみたいと思います。

      • 第8章:自社営業との関係性 『THE PARTNER SALES』

         パートナーセールスの成否を左右するのはパートナーや市場だけではありません。自社の営業チームとの関係性についても留意する必要があります。ダイレクトセールス、パートナーセールスの両チームが組成されている場合、共に営業機会を最大化しようとしますから当然カニバリゼーション(共食い)が発生します。したがって、その前提に立って全体最適な営業方針を決定し、その方針に沿って(少なくとも矛盾しない)組織体制を構築することが大切です。本章では、組織体制や人事評価といった経営視点に近い話題につい

        スキ
        2
        • むしろ宗教を日常に還す必要があるんじゃないだろうか。

          安倍晋三氏を銃殺した男は、殺害理由としてある宗教団体への怨恨を供述していると言う。母が宗教団体にのめり込んだことをきっかけに男の家は破産したらしい。この事件ならびに報道により宗教を排除すべきとする論が強まると懸念される。しかし、むしろ必要なのは宗教を日常に還すことではないだろうか。このようなことについて考えてみたい。 宗教にのめり込むということ本来、宗教にのめり込む状態は誰にとっても望ましくない。本人や家族が助からないのは言うまでもないが、実は宗教団体にとっても同じだ。

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • THE PARTNER SALESー3名の営業チームで…
          くまがいもとき⛩スタートアップ✈︎神主
          ¥300
        • 僕が修行に行ってきた話
          くまがいもとき⛩スタートアップ✈︎神主
        • 2022年、観たもの読んだもの。
          くまがいもとき⛩スタートアップ✈︎神主

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          僕が修行に行った話【Episode 8:僕 V.S.僕】

          終止符を打つことのないまま一年ほど放置していたnote「僕が修行に行った話」を終えようと思う。時間が経過し過ぎて当初何を書いて締めくくろうと思っていたかは分からないが、後日談くらいに受け止めていただきたい。 見ること 見ること 自分を見ること 一年間の修行は、どこまでも自分との対話だったのだと思う。集団生活のなかで問題が起こり周囲に注目したくもなったが、あくまで自分の心の問題として立ち現れた。一見、協調性や社会性、忍耐力を磨くことを目的としているようにも思えるカリキュラム

          とある神職の「シン・ウルトラマン」鑑賞雑記

          特殊な「シン・ウルトラマン」鑑賞法? シン・ウルトラマンを観てきた。懸賞に当選した鑑賞券を握って。 ウルトラマンについての事前知識など全くない。 しかし、「ウルトラマン」と聞くと思い出す言葉がある。 「教祖はウルトラマンなんだ。」 なんというパワーフレーズ。神職になるための修行期間中、ある講師から聞いた。冗談めかして話されていたが、核心をついているように思えたのを覚えているし、とても印象に残る講義だった。だから、「ウルトラマン」と聞くと神職の眼鏡をかけてしまう自分がいる

          スキ
          2

          心にあなたは生きている。

          これはうちの宗派の先達が読んだ句だ。「親を亡くしても、親を思う心に親は居続けるのだから、自分の身を親同然に大切に守りなさい」という意味だと理解している。 私たちは必ず周囲の人や環境から影響を受けて生きている。何者からも影響を受けずに生きることなどできない。それは生きた人だけでなく、故人であることもある。別に霊がずっと指示するわけではない。昔聞いた言葉や受け継がれてきた伝統など、色々なカタチをとりながら時空を超えて影響を与える。その意味において、故人はあなたの中に生き続けてい

          スキ
          1

          死ぬことが悪いことなら、人生はいつでもバッドエンド

          死ぬことが悪いことなら、人生はいつでもバッドエンド 「死ぬことが悪いことなら、人生はいつでもバッドエンド」という走り書きを見つけた。僕の字だが、僕から出た言葉ではない。コロナ禍に入ってまもない頃、ある若い神職の言葉を急ぎ書き留めた覚えがある。 死ぬことは忌み嫌われてきた。僕は民俗学者でも社会学者でもないが、このことはある程度、普遍的に言えることではないだろうか。わが国も例外ではない。家族を亡くした人はしばらくの間、神社に足を踏み入ることはできない。穢れ(ケガレ)の話だ。

          スキ
          2

          無は有、有は無

          神職なので禅僧では無いのだけれど、禅問答には惹かれるところがある。 仏教には「どちらでもない、どちらでもある」みたいな話があって、それは僕たちを解答の無い思索の旅に誘ってくれる。 このニュースは、「ハンディキャップを負っていると考えられがちな視覚障がい者に、いわゆる健常者より秀でたチカラがあり、そのチカラを発揮できる場がある」ことを紹介している。そのニュース自体にも、何だか嬉しいものを感じる。 ただ、それと同時に個人的に気になったのが事業所を開設した方の一言。 「利用者

          スキ
          1

          話が上手い人、話が美味い人

          今朝、ふっと「話には上手いと美味いがある」という言葉が心に浮かんだ。なんだろう。食いついてみる。 世の中には口が上手い人と口下手な人がいる。口が上手ければ聞き手が要領を得やすかったり相手を乗せることができたりする。当然、口下手よりは口が上手いほうが何かと得をするわけだ。 「コミュ力」が重要視され、話し方講座が世に溢れているのも、その口の上手さの恩恵を受けたい人が沢山いるからなのだろう。 ただ、ちょっと立ち止まってこっちに話を引き寄せてみよう。その「口が上手い人」の話は「美

          スキ
          3

          『伝わる英語表現法』

          Twitter界隈で話題になっていた『伝わる英語表現法』は岩波新書からの復刊本だという。数ある英語学習本たちと何が違うのだろうと僕も手を取ってみた。 手を動かす新書 本書は「伝わる英語表現」という銘打っている通り、英語話者に伝えられるようになることに重点を置いている。単語偏重の日本語的な英語学習とは袂を分かち、比較的平易なーそして英語的なー表現を体得できるようバラエティ豊かな例題を用意している。「読むだけで〜」「速習〜」みたいな軟派な本ではない。読者も覚悟してペンを片手に

          スキ
          2

          映画「世界でいちばん美しい村」

          震災に襲われたネパール山岳地帯のラプラック村に密着取材したドキュメンタリーである。 民族学のフィールド調査に帯同しているような雰囲気さえ感じる作品だった。評論するほどの力量はないので、思いつく限り所感を書きなぐることとする。 逞しいことは美しいこと ラプラック村の人たちは、幼い子どもも青年も、父も母も、老婆までもみんな美しかった。 衛生状況は決して良いとは言えない。濁った水を使っているし、身につける服も土埃にまみれている。肌は日に焼けて、目尻や手にはしっかりと年齢が刻ま

          スキ
          1

          日本で映画を広告する業界批判〜「バスルーム 裸の二日間」〜

          Amazonがセクシーな映画をレコメンドしてきやがった…と思いつつ、試しに観てみた。もし出演俳優の肌の平均露出率という指数があれば、現存する映画の中でも屈指の成績を誇るだろう。なぜなら浴室から出られなくなった男女の2日間を描いた作品だからだ。 美しい女性の裸体を拝むことができる…そういう視点から観れば一部のレビュワーが指摘するように下品な映画だということになる。しかし、それはそのように見るレビュワーの心理を反映したものでしかない。本作は鏡としての機能を持った映画なのである。

          スキ
          1

          内村鑑三『後世への最大遺物』

          以前に連続起業家の孫泰蔵氏が推薦しているのを目にして、気になっていた同書。ようやく読む順番が回ってきたが、これは誰にでも薦めたい一冊だ。 (余談:改めて調べると孫氏は色んなメディアで同書に言及している。そのことだけでも同書に対する熱が伝わってくる。) 多分、元々読んだのはこれで… 他にもこんなのとかも… では、同書についてみてみよう。 内村鑑三氏は、『余はいかにしてキリスト信徒となりしか』でも有名なキリスト教の宗教家・思想家。『後世への最大遺物』は同氏の講演を文字お

          スキ
          1

          「やさしさに包まれたなら」と素朴な神様

          気持ちよく目が覚める 元来寝覚めの悪い僕が、最近、気持ちよく朝を迎えられる。相変わらず早起きはできないし、「寒いなあ…」と、寝袋から出られずにいる(しばらくベッドを使っていない)。そうなのだけど、気持ちよく朝を迎えられている。 原因なのか結果なのかは判らないが、目覚めた時に「今日も朝を迎えられた。ありがとうございます。」と心に浮かぶようになったことと関係しているように思う。そして、それを思うことができると、身を包んでいた寝袋や着ていたパジャマにも「ありがとう」と言えるよう

          スキ
          4

          『オーバーヒート』

          哲学者・千葉雅也氏の著作。二作収録されているのだけど、それを知らなくていつの間にか終わった一作目。二作とも読み終えた後も気づかず「変な終わり方だなあ…」と思ってすみません(笑) 文体がぼくの思考に馴染むまでは異物を身体に接種している感じがしたけれど、慣れてしまえばパンキッシュな文体が心地よくもあったり。 内向的な主人公は自らの内側に湧き上がる言語の海に溺れている。 それをそれらしくパッキングしてツイートして吐き出す。ある種のマスターベーション。勝手に共感を覚える。 彼は

          スキ
          2