マーク・ラファロ

驚きの連続!映画「グランドイリュージョン」

「グランドイリュージョン」という作品は2013年にアメリカで製作された映画

4人のマジシャンがタロットカードに導かれ、ニューヨークにあるアパートの一室に集められる
そこで謎の後援者にある情報を与えられる
銀行からお金を盗むといった犯罪行為がマジックショーの内容に含まれていたため、警察やFBIに追われることに...

といったところが大まかなあらすじ

私は映画を選ぶ時内容よりも出演者から選ぶこと

もっとみる

映画「はじまりのうた」

noteで最初にお話させていただくのはキーラ・ナイトレイ、マーク・ラファロのダブル主演、「はじまりのうた」(初めて書くのでだいぶ文章が乱雑ですが悪しからず)

この作品は2013年にアメリカで制作された映画

監督・脚本はジョン・カーニー(代表作は「ONCE ダブリンの街角で」らしいのですが、観たことないので今度観よう...)

キーラ・ナイトレイは「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メ

もっとみる

第11回 海外エンタメ考 意識高いとかじゃなくて

「yom yom vol.64」2020年10月号(2020年9月18日発売)より、冒頭部分を公開しています。

本稿で取り上げている主な作品は、映画「スペシャルズ!」「ある画家の数奇な運命」、海外ドラマ「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」ほか。

*第11回の全文はWEBマガジン「wezzy|ウェジー」に転載されています。

障害者の家族の「セルフケア」について考える。

もっとみる

【エミー賞主演男優賞受賞】「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」主演、マーク・ラファロが語る作品の裏側

本記事では"ハルク"でおなじみのマーク・ラファロが「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」について語ったインタビュー内容をご紹介。

原作小説に深く感動し、自ら映像化権を得て製作したという本作。難しい双子の役どころを演じ分けるにあたって、シアンフランス監督とはどのようなやりとりがあったのかなど、マーク・ラファロにとって全く新しい挑戦となった本作の裏側を知ることができます。

もっとみる
ありがとうございます。今後も頑張ります。
4

『アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー』主演マーク・ラファロ&監督デレク・シアンフランスインタビュー

エミー賞のノミネートで期待が最も高まっている海外ドラマ『アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー』から、主演マーク・ラファロと監督のデレク・シアンフランスから貴重なインタビュー映像が到着。

主演マーク・ラファロは主人公ドミニクと、精神疾患を患う双子の兄トーマスの一人二役を見事に演じ分けている。

そんな彼は今回解禁となった映像で「ドミニク役で約9キロ減量し、トーマス役で約18キロ増量した。一卵
もっとみる

ありがとうございます。
2

映画紹介vol.5「死ぬまでにしたい10のこと」死と日常と欲望と。

今回ご紹介する映画は

「死ぬまでにしたい10のこと」

2003年

イザベル・コイシェ監督

出演:サラ・ポーリー、マーク・ラファロ、スコット・スピードマン、デボラ・ハリー

この映画が日本で公開された当初は、キャッチ―な邦題のせいもあったのか雰囲気系アートムービーみたいなイメージが先行していた気がする。

原題は「My Life without me(直訳:私のいない私の人生)」

映画を見

もっとみる
ありがとうございます
5

最好映画。 069 「ゾディアック」 2007年。

デヴィッド・フィンチャー監督が実話を元にして作りあげた映画。てっきりサイコスリラーかと思ったら、ちょっと違いました。1970年代の警察の緩さや証拠品の管理の杜撰さのおかげで不明瞭になってゆく事件をひたすら丁寧に描いた、緊張感のずっと続く、しんどい映画です。当時の雰囲気をデジタル撮影(VIPER)で再現した、ハリス・サヴィデスの撮影はピカイチだと思います。フィルム時代に彼が撮影した、フィンチャー監督

もっとみる
ありがとうございますう
2

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」における「スマートハルク」の出現について思うこと

#映画 #アベンジャーズ #ハルク #マーク・ラファロ

やはりこういうものは徐々に「マイホームパパ」化していくのだな、と思った。

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」に出てくるハルクの新キャラクター「スマートハルク」とは? - Moriyuulog

角が取れて丸くなっていくというか。

もともとは尖ったキャラのはずだった。

しかしそれが人気になり、大勢の期待に答えなければならない使命を負う

もっとみる
有難うございます。
17