ブラック企業でも情弱ビジネス・搾取系オンラインサロンやワナビー系専門学校・大学院よりはホワイトである

世の中のたった一つの真実を見抜く、見た目はアノニマス。暴露大学。暴露大学では、数多くの情弱ビジネスや搾取構造を紹介してきた。今回はブラック企業である。

元々はブラック企業について紹介しようと考えていた。しかしながらブラック企業の紹介は世にあふれているし、そもそもコンプライアンス・ガバナンスでコントロールされない限り、どんな企業でもブラック企業化は避けられない。

「ベンチャー企業」はブラック零細

もっとみる
真実の世界へようこそ。
19

情弱や底辺はビジネスの特徴上世の中から愛されるべき存在

世の中の真理や構造を建前で隠すことなく暴いていっている暴露大学。そんな暴露大学では、散々底辺や情弱の描写をしてきた。しかし私は、彼らを愛されるべき存在であると確信している。そんな愛されるべき存在の彼ら。少し紹介していきたい。

情弱搾取系ビジネスが最も簡単

古来から、馬鹿を騙す系の商売はずっと流行っている。最近ではインターンネットで情報格差が埋まっていくのかと思いきや、リテラリーというのはなかな

もっとみる
真実の世界へようこそ。
13

「何者かになりたい」人は格好の情弱ビジネス・詐欺のターゲット

本音に惑わされている世の中の真実を暴く暴露大学。今回は「何者かになりたい」人材である。

「何者かになりたい」選ばれしものになりたい。気持ちはわかる。選ばれしものになるには、運などの要素も含めて競争に勝たないといけない。しかし格差社会の世の中では、差は開くばかりで「何者か」は圧倒的少数である。

悶々とした特に若者は世の中にあふれているし、格差が拡大する昨今では今後もっと増えそうである。

大きい

もっとみる
真実の世界へようこそ。
33

キャバクラとしてのワナビー系専門学校(声優・アニメ・マンガ・eスポーツ)

建前を見抜き、世の中の本音を代弁する「真実暴露レポート」。これを読んで「頭のいい人向けの教養」を身につけましょう。

今回はワナビー系専門学校の続編である。情弱ビジネスの筆頭としても知られるワナビー系専門学校。ワナビー系専門学校については以下を参照いただきたい。

こういう専門学校は基本学生の質が低く、大半は卒業しても専門学校過程で目指す声優や漫画家にはなれない。しかしながら、何故だかなかなか潰れ

もっとみる
真実の世界へようこそ。
29

情弱福祉施設としてのワナビー系専門学校(声優・アニメ・マンガ・ゲーム)

世の中の真理を暴く真実暴露レポート。「頭のいい人の教養」ともいう。

今回はワナビー系専門学校である。

こちらの投稿でワナビー系専門学校は福祉施設としての側面を持つことに触れた。この投稿では、この点をさらに深堀していきたい。ワナビー系専門学校の定義などはこちらの投稿を参照いただきたい。

福祉施設

福祉施設とは、様々な理由で社会的弱者を支援する施設である。養護施設や老人ホームなどもこれに当たる

もっとみる
真実の世界へようこそ。
18

情弱に高い学費を払わせて入学させ将来の底辺・貧困を量産する組織・ワナビー系専門学校

たった一つの真実見抜く、見た目はアノニマス。頭脳もアノニマス。名探偵暴露。(いやそれただのアノニマスやないかい)。今回は「ワナビー系専門学校」である。今日も「頭のいい人の教養」を身につけましょう。

個人的には、社会的地位が高くて、高収入で、やりがいがあってチャンスに恵まれる将来を希望していた。将来はそうなるだろうなと学生時代から思っていたが、実際そうなった。

しかしお金持ちになると、変な奴らが

もっとみる
真実の世界へようこそ。
23

アニメーションの専門学校に行って失敗した話

はじめまして、梅茶と申します。

丁度10年くらい前、アニメーションの専門学校に通っていました。

今、アニメーションだったり、その他漫画家やら何かになろうとして専門学校への門を叩こうとしている人へ、このノートを捧げます。

1.専門学校へ行こうとした理由

中学、高校とたいして成績も良くなく、大学に行くような学力もなく、かと言って就職したい訳でもなく、のらりくらりとこのぬるま湯学生生活を続けてい

もっとみる

私、ヲタク先生。【17】

最近猛暑日が続きますが、皆様は暑さ対策は十分でしょうか?

 私は、そこそこ元気です。と、言いつつも、私のつぶやきをご覧の方々は異変に気づかれたかなと思います。

 私の決断にNOを突きつけたのは父親でした。

 私が相談しなかったのも仕方ありませんが、父親は

「夢を追いかけるなら、俺が与えたものを返せ」

 といいました。

 物としては3つ、そして追加の1つがありました。

 ・パソコン

もっとみる
あなたは今なにをしていますか?
13

第9巻

この巻は全体の中では幕間的なニュアンスをもつ。一年生のお終いから二年生へと移り変わる時期。ライバルである橘英雄の凄さとヒール・広田の存在感を前半で強調。途中から主舞台の千川と比呂に話を戻している。あだち充は目先を変えて力を抜くのが上手い。
前のめりの展開にしたい時は主人公一辺倒にするといい。同じ高校野球漫画のちばあきお『プレイボール』と比較すると分かりやすい。

第6話 おそい!
比呂と春華のデー

もっとみる
お読み頂きありがとうございます。うっわ、堅い挨拶になってしまいました
1

第8巻

栄京学園+広田が千川+比呂と明和第一+英雄の間に影を落とす。二つの学校がふれあおうとすると邪魔し立ちはだかっていく。恋敵のようである。
実際ライバルの話を描くときは恋の話を作るつもりで描くといい。くっついたり離れたり、振り向いたりよそを向いたり邪魔が入ったり…そして最後に結ばれる。ライバルと恋人は行為としてはほぼ同じだ。

第3話 三球100円でどうだ?
英雄の知り合いの中学生・佐川が比呂に「アン

もっとみる
お読み頂きありがとうございます。うっわ、堅い挨拶になってしまいました