ポスト資本主義

焦る水メジャー。喉から手が出るほど実現したい「大阪都構想」

大阪都構想。
これは臭い、あまりにも臭すぎる。

今回のニュースはこれ

フランス人同僚から教えてもらったのですが、
ヴェオリア社がスエズ社を買収しようとしているんですね。

どっちもフランス企業なので、
日本では全くニュースにはなりませんが、
かなり大きな買収劇になっているみたいです。

ヴェオリア社、スエズ社ってなに?

水道事業を手掛ける巨大民間企業です。

「世界3大水メジャー」と呼ばれる

もっとみる
お忙しい中読んでくださり、ありがとうございます!
5

『友人との会食で気付いた〜上昇思考の落とし穴〜』

上昇思考には『内的ベクトル』と『外的ベクトル』がある。

内的ベクトルは、『己の感性』の成長を
外的ベクトルは、資産や肩書をはじめとした
『ステータスの成長』を目指す思考

いろんなエリアやサロンに出入りして気付いたのは

自分、外的上昇思考に対するアレルギーがやばいみたいです。

それは多分
自分が実は極端に『外的上昇思考の高い人間』だからかもしれない

すなわち僕個人で言えば
2年前までの『稼

もっとみる
ありがとうございます(^^)
1

【1分だけ哲学】水の強奪 (4)

いつからだろう、
住んでる町に興味がなくなったのは。

前回の記事のはなし

● 日本にも水メジャーの魔の手が伸びている。
● 浜松市は市民運動によって、水道民営化を凍結させた。
● 市議会が反対すれば、民営化は阻止できる。

前提として

理想論・あるべき論としては、
日本政府が主導で、グローバリズムの魔の手から
国民の命の水を守るべきだと思います。

「国民国家・Nation State」とい

もっとみる
お忙しい中読んでくださり、ありがとうございます!
13

「お金」を使わないエコシステム

法定通貨による交換価値は多様な価値を貨幣という一律の基準で測定することを可能にした。
これは人類発展大いなる貢献をもたらした。
しかしながら価値の多様化がはるかに進むことによる貨幣価値による測定に限界が生じ始めた。
資本主義経済は貨幣価値による交換がその原理にある。
価値の多様化によりこれが限界に来ているのが現代である。
新しい価値は共感価値なのかそれともまた別なたちなのかそれについては今後の探求

もっとみる

社会発展論を見える化する

個人的に学生時代から、社会の発展は弁証法的に進むと考えている。

量から質への転換、温度の変化で形状が変わる。SINIC理論に示される社会と人類の発展プロセスも量から質への転換か。
この場合の「量」は何なのか。テクノロジー、人の心の発達、もっと大きな何か?。情報のエネルギー?

最近、この考えを進化させるための研究が進んでいる。個人の成長、組織の成長、社会の成長を支える根幹を探求し、かつ、それを実

もっとみる

【1分だけ哲学】水の強奪 (3)

水を守る闘い。
次の舞台は、日本です。

前回の記事のはなし

● 世界では多くの水道民営化の事例がある。
● 民営化すると絶対、値上げ、水質劣化が起こる。
● 企業へ抗議する市民運動から、再公営化が加速している。

水道民営化のメリット全然ないじゃん!

はい。まずはそれを知って頂きたかったのです。

フランス、イギリス、スペイン、ドイツ、アメリカ、アルゼンチン、タンザニア、カザフスタン、マレー

もっとみる
お忙しい中読んでくださり、ありがとうございます!
14

ポスト新自由主義

おはようございます。今日は雨でなんだか憂鬱な気分ですね。僕は躁鬱気質で周囲の環境や雰囲気の変化にすごく影響を受けやすいのですが、皆さんはいかがでしょうか?無理していると体に返ってきますので、ご自愛くださいね。

先日は共感性と抽象概念の取り込みお話をしました。実は、取り込みというのは、防衛規制のひとつでそのレベルは4段階中2番目と、心気症などと同じランクなんですね。まぁ、楽ですからね、自分の懐の中

もっとみる

これまでのこと、今のこと、これからのこと。

こんにちは、今村桃子です。
2020年秋に社団法人Privacy by Design LabのCo-Founderとなりました。これまで様々な仕事をしてきたけれど、ここはしっかりと会社を育んでいきたいところ。プライバシーバイデザイン領域で実現していきたい思いを人に伝えるために、まず、私という存在の形を記していこうと思います。

これまでのこと。

2017春 EYアドバイザリー・アンド・コンサルテ

もっとみる
また次も書きます!
23