バイリンガル教育

地図で旅ができたら無敵!『るるぶ 地図でよくわかる 世界の国の大百科』

親の教育方針で、<英語がある程度理解できるまでは子供は海外には連れていかない>ということだったので、私の初めての海外は、大学生になってからでした(その割にはフランスでしたが笑)。その代わり、海外出張の多かった父が、お土産とその土地の写真をたくさん見せてくれていて、しっかりヨーロッパへの憧れを募らせていた私は、初海外旅行の後は、一人であちらこちら行くようになりました。

「幼いうちから海外旅行に行く

もっとみる
Thanks! Have a nice day♡
2

A案、B案、C案の作り方『未来を予知する妄想の力』

商業インテリアデザイナーとしてご活躍の森田恭通氏の、自伝的意味合いもある本書。

お名前を聞いた方がない方も、アナザースカイの一つ前の青いセットや、伊勢丹、東急プラザ渋谷などは目にされたことがあるかと。

私の変なところが古臭いというか、単なる好みの問題で「著名人との交友関係を自慢する」とか「仕事は遊びの延長」とかいうタイプの人は、あんまり得意ではないのですが、彼の作る空間は、香港でのインスパイア

もっとみる
Thanks! Have a nice day♡

驚くべき文章のない絵本

男の子が手紙を出しにいく

その頭上を群になった戦闘機が飛び去り、後方の丘を焼く

三世代身を寄せ合うように住む家に軍人3人が押し入る

選挙ポスターに落書きをした老人を警官と犬が追う

男の子がいじめられそうになる

そこで、男の子は激しく『NO!』と叫ぶ。

すると、世界は一変して温かなものになる。

老人と警官が、家族と軍人が肩を寄せ合う。そして、最後は空から贈り物が…

文章がないからこそ

もっとみる
Thanks! Have a nice day♡
2

【朗読あり】ここでも唯一無二の世界観のあるイラスト 『a kiss for little bear』

『かいじゅうたちのいるところ』『ふふふんへへへんぽん』『夜の台所』『big green book』などでおなじみ、モーリスセンダック氏がイラストを手がけるこの絵本。

こぐまがおばあちゃんにプレゼントした絵のお礼に、おばあちゃんは鶏にキスを届けてくれるように頼みます。それを伝言ゲームのようにいろんな動物が受け渡しして、その間にイチャイチャが発生したりして…という甘いお話が、

彼のイラストのおかげ

もっとみる
Thanks! Have a nice day♡
1

〜大人になってから〜私の価値観に影響を与えた本 3冊

今日は、過去編。

大人になってから<これまでの価値観を覆すような読書体験ができた>と感じた本を3冊ご紹介します!

1.『ホモ・サピエンス全史』

ワーママ時代の忙しい最中で、仕事のやりがいとか、夢とか、子育てとの両立とか、疑問と不安に溺れていた時代に読みました。

ヘブライ大学で歴史学を教える著者による、≪人類史に起こった革命≫と≪その理由≫が、分かりやすくまとめられた一冊。

この本の中で鮮

もっとみる
Thanks! Have a nice day♡
3

☆子供をバイリンガルにする方法☆留学経験なしでも英検準一級合格!

中学3年生の娘を持つ、会社員の母です。

2020年度第2回実用英語検定(英検)準一級に娘が合格しました。英検の採点方法が2016年度以降、CSEスコアが導入されたため、以前より合格するのが難しくなったことはみなさんもご存知かと思います。

母親の私は学生時代の受験英語の勉強のみしかしておらず、娘は海外の留学経験はありません。
そんな娘ですが中学3年生で英検準一級に合格出来ました。

私は母親とし

もっとみる
ありがとうございます!
46

ティンカーベルに姉妹がいた?!『The fairy bell sisters』

今日のも私は読んでいないので、娘から聞いたあらすじにてお届けします♪

ティンカーベルの姉妹ひとりひとりにフォーカスした連作。一作目は、人に絶対見つかってはいけない妖精たち。しかし、夏の間にやってくる人間たちの中に、足を怪我した女の子がいて…心配して近くにいたら、うっかり女の子に見つかっちゃった!

人間に見つかったなんていったら、とっても怒られる。絶対二人だけの秘密ね!しかし、その間に起こるどき

もっとみる
Thanks! Have a nice day♡
1

家庭内バイリンガル教育応援コラム&おすすめの英語絵本 モス幸子

世界標準の子育てに不可欠なもの

こんにちは。
家庭内バイリンガル教育を
応援するモス幸子です。

我が家の子ども達は
二人とも小学生になり、

今はすっかり
学校中心の生活となりました。
週末には

スポーツ行事なども
入ってくるようになったため、

一緒に過ごす時間を捻出するのも
なかなか難しくなっています。

就学前とは
家庭で行うバイリンガル教育の形も
だいぶ変わりましたが、

だからこそ

もっとみる

<この章ではいいことは一つもない>が持つ、リアリティ

ほぼ日更新のはずが、このところ立て込んでおり、少しご無沙汰しておりました。

有難いことに、少し前から在宅でのお仕事を学びながら少しずつ進めさせており、それに集中していたということと、そもそもばたついていたというのがあります。

ばたついていた理由の一つが、今、香港に住んでいるのですが、

香港が新型コロナ感染対策に非常にシビアで、小学生の長女は今年12月まで学校が空いていたとしても、今年1月から

もっとみる
Thanks! Have a nice day♡
1

バイリンガル育児の記録・言語能力習得のゴールデンタイムはいつ?

どうも、やんじぇです。

2歳の息子を日本と台湾のバイリンガル環境で育てています。

言語の習得は大人になってからより幼少期の方が遥かに効率的という話は有名ですが、では実際いつが言語能力習得に適しているのか。

もちろん個体差(個人差)はありますが、うちの息子の場合、1歳半~2歳まで>2歳~2歳半という結果となりました。

コロナの影響で今年の3月から4ヶ月間台湾へ戻りました。中国語、台湾語のみの

もっとみる