ナレッジシェア

toasterとは?

チームで生まれている「もったいない」

皆さん、チームや組織で働いているときにこんなご経験ありませんか?

1 業務の属人化で標準化されていない
2 情報がどこに何があるのか わからない
3 紙やファイルに情報が分散
4 情報が更新されているかどうか わからない
5 誰に聞いていいのか わからない
6 チャットツールの情報が追いきれない

毎日のように情報が更新され、経験も知見も増えていく一方でそ

もっとみる

企業の発信強化のために、社内にナレッジシェア文化をつくる

いろんな組織や事業の発信のお手伝いをしていて、社内にナレッジシェアの文化が根付いているかどうかで発信のしやすさは全く変わってきます。

火のないところに煙は立たないですし、無から有を生み出せないように、発信のためには種となる会社の情報資産が必要。で、ナレッジシェアの文化が根付いている会社には、過去の事業や組織に関する学びや試行錯誤の結果、ハウツーなどがまとまっています。

ナレッジをシェアする時点

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
58

シリコンバレーが逆に追従?中国の知識シェア市場が今すごい

少し前の「情報はタダで掲載する代わりに広告貼るよ」というフリーミアム型の情報コンテンツが変わりつつある。情報が世界に溢れかえり、人々はこの多すぎる情報から欲しい情報を探し出すのに疲れてしまい、良質な情報自体にお金を払うようになってきている。これは知識経済やナレッジシェア、コンテンツビジネスのマネタイズなどと言った話題で議論されている。

新しいサービスといえばやはりシリコンバレーから生まれると思わ

もっとみる
| ロ゚) < アリガトウゴザイマス!
6

【簡略議事録DAY1】ダンサー向けトークイベント「神楽坂ダンチ」1回目を開催しました。

神楽坂ダンチの概要(主旨・開催背景・1回目の概要・参加者の反応など)

○―神楽坂ダンチ とは?―○
それぞれの部屋があり、かつ集合住宅である日本の文化〝 団地 〟と〝ダンス〟をかけて、『 ダンチ 』。
自分の部屋(=自分のダンス)にいながらそこでの生き方暮らし方、ときには外に出かけてみることを考えます。
花屋で自分で選んだ花を買って部屋に飾るように、外の世界をみて好きだと思ったものを持ち帰り 自

もっとみる

インハウスでしか学べないデザイン経験を社外で活かす柔軟な働き方を選ぶ

こんにちは。root inc.代表の西村です。

先日、社外のデザイナーさんとランチをしていたときに耳にした話がデザイナーのキャリアを考える上で興味深かったので、今回はその話を書いてみたいと思います。

柔軟な職場は力あるデザイナーの活躍の場を増やす

ランチしたデザイナーは、現在無人コンビニを提供する600に務めている金子さん。600といえば、「週休3日制」を発表して話題になっていました。

もっとみる
嬉しいです!
19

FORCAS主催のABMセミナーがめちゃくちゃ勉強になった話。

【ABM入門】重点顧客からの売上を最大化させるセミナー byFORCAS

FORCAS 西脇さんにプレゼンテーションいただきました。

重要顧客から売上を最大化させる

ABMとは

従来のマーケティングの考え方

Lead Based Marketing(認知→興味→検討→購入)
問題点
・リードは同質の価値を持つわけではない
・リードを収集することのみに注力してしまう
・リード増が売上増に直

もっとみる
わたしもスキですw(´・ω・`)w
14

デザインチームで受付アプリを作るぞ #2

こんにちは!レタスです。
先日デザインチームで受付アプリを作ることになった経緯をご紹介しました。
現在の弊社受付についてはこちら↓

日本人にとっても、外国人にとっても、来訪者にもっとフレンドリーな受付体験を作りましょ...!
ということで今回はその制作編です。
(本日ソムチャイさんは出てきません)

この制作を通してチームで取り組みたかったこともおさらいしておきます。
・UIデザインのナレッジ共

もっとみる

デザインチームで受付アプリを作るぞ #1

こんにちは!レタスです。
今日は現在デザインチーム全員で共同制作しているプロジェクトについて記事を書きたいと思います。

さて早速ですが、珍しくチーム全員で作り始めたものとは何でしょうか?

そ れ は「受付アプリ」!

来社されるお客様の中には取引先企業のご担当者様を始め、仕事探しのカウンセリングを受けにきた外国人のキャンディデイト、中途・新卒の採用候補者など、様々な方々がいらっしゃいます。

もっとみる

ビジネス未経験のわたしがクックパッドで新規事業立ち上げで学んだこと「自分が選ばれる理由、既成事実を作る編」

このnoteはこちらのマガジンの続編になります。

事業立ち上げの未経験者がどうやって、自分のパッションをアピールし、信頼を獲得してきたのか。事業を推進していくにあたり、特に力を入れて行ったことをお話したいと思います。

私がやったこと、はシンプルにこれだけです。
「こいつは社内で一番C2Cに明るい」と思ってもらうことです。

そのために、自分が思いつく限りのアクションを実践しました。
「そのビジ

もっとみる
あなたにも幸あれ♡
14

なぜか料理が上達しない人の3つのクセ

こんにちはいわあゆです。
わたしは前職でクックパッドというレシピサイトを運営する会社に勤めていました。そこで社内外問わず様々な人たちと料理をする機会があったのですが、そこで見つけた「料理が下手な人・苦手な人(上達しない人)」に共通する特徴をぜひシェアしたいと思います。

内容は場合によっては「え?!」と思うようなことかもしれませんが、事実としてこういうことが起こり得ます。
「本当は料理が上手くなり

もっとみる
🐷🐖🐖🐖
51