YOUは何しに北朝鮮へ #5 夜の首都を走れ

忌まわしきベットタウンを出てぼくのキャンパスライフが始まる。前途は洋々、人並みにぼくは期待していたのだが、その期待は見事に裏切られる。1995年3月20日に起こった地下鉄サリン事件によって。

 日本の転機として1995年は必ず記録されるべき1年だろう。阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件。Windows95の登場とインターネットの本格的な普及。ここでぼくはまた間違いを起こす。キャンパスライフを自ら放

もっとみる
コロナに負けずに頑張りましょう。
4

Vaundy「strobo」全曲レビュー | 2020年注目アーティストの自信と覚悟

本日、Vaundyの1stアルバム「strobo」がリリースされた。

Vaundyとの出会いは2019年に公開された「東京フラッシュ」。
弱冠19歳とは思えない音楽センスと歌声が注目を集め、未成年らしいリアルな歌詞で若者の共感を呼んだ。

彼の作詞力はアルバムに収録されている「怪獣の花唄」と「僕は今日も」でも遺憾なく発揮される。

「怪獣の花唄」では誰しもが身に覚えのあるセンチメンタルな経験と感

もっとみる
˗ˏˋ 𝑎 𝑟 𝑖 𝑔 𝑎 𝑡 𝑜 ˎˊ˗
6

レコード屋

『タラタララン、タララララン♪』 
「おっ、このレコード屋、結構いい盤揃ってんじゃん!ちょっとあさって見るか。へぇ~BGMにクラシックかぁ~。いい趣味してんなあ~!」
 15分後
『バババババーン!バババババーン!』
「なんだ?さっき音楽急にでかくなったぞ!あれ?店員の野郎俺にガンつけまくってる!何だコノヤロ!買わねえなら早く出てけってことかよ!カラン!おっ、女の客が入ってきた。あの子すぐ出ていく

もっとみる
愛…いただきました
26

【BORDER .10】国境なき音楽団

東京は三軒茶屋のライブスペース「よんちゃ」の元店長で、今は沖縄に移住した出町君です。色んな音楽の現場で力を貸してくれて、それを通して感じた彼の人間性というかポテンシャルに勝手に惹かれまして、今回の寄稿をお願いしました。海外好きな音楽関係者は沢山いますが、出町君の海外への渡航や、音楽での海外との関わり方がとても好きで憧れています。(KINEMAS宮下)

----------------------

もっとみる

韓国のソフトクリームガイド

韓国といってもソウルのソフトクリーム紹介になります。明洞を中心に、オシャレで映えるスイーツが続々登場し、日本にも進出しているお店や様式が多数ありますね。

今回は2017年10月訪問時のものになりますので、閉店情報等は極力調べたつもりではおりますが、季節限定メニュー等もありますので、訪問前に必ずご確認の上お出かけください。

①I’m C 清潭本店

メロンやスイカなど旬のフルーツとソフトクリーム

もっとみる

あなたにリスペクト

かつて山川潔というシンガーがいた。70年代中頃から80年代初頭にかけて活動していたその男は、当時の日本では珍しい本格的なソウルシンガーだった。彼のソウルフルな歌唱とその音楽は決して一般受けはしなかったが、感度の高い一部のリスナーに絶大な支持を受けていた。しかしあくまで売り上げを重視するレコード会社は彼のソウルをまるで理解せず、彼の制作していた新作アルバムを当時流行っていたシティポップ風にアレンジし

もっとみる
愛…いただきました
20

『週末ソウルベストルート』でエア韓国旅行のススメ

5月22日、私たちomo!が制作したガイドブック『2泊3日でここまで楽しめる!週末ソウルベストルート』(辰巳出版)が発売になりました。

観光目的で韓国へ行けないこの状況の中で…!?
という感じではあるのですが、行った気になる“エア韓国旅行”のおともとして、いつか行ける日へ向けた準備として、手にとっていただけると嬉しいです。

Podcastの第3回では、その『週末ソウルベストルート』の制作裏話(

もっとみる
ありがとうございます!❤❤❤
4

90年代の音楽を知らないアナタへ その50 WEAK(93)/SWV ライブはいつも下手。でも曲は歴史に残る名スロー

SWV(=SISTERS WITH VOICES)はデビューから順調だった。プロデューサーはテディライリー。マイケルジャクソンの「DANGEROUS」を大成功に導いた、当時、時の人として絶好調だったひとりである。

そんな彼が手掛けた新人グループが、ファーストシングルの「RIGHT HERE」を筆頭に、次々とヒットを飛ばしデビューアルバムは300万枚という大成功をおさめ、まさかの90年代を代表する

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
6

旅ごはんから見える韓国

おうち時間が増えた今、日本、いや世界では、空前の韓国ドラマブームではないでしょうか?

「梨泰院クラス」や「愛の不時着」など、韓国のエンタメの凄さを改めて感じるとともに、ドラマで出てくる食事シーンが気になってしょうがない。

今は、韓国に行けないので、昨年に訪れた韓国旅行で食べたごはんと、ドラマで気になる食シーンと共に韓国について考えてみた。

料理家のコウケンテツさんが紹介するマニアックなガイド

もっとみる
キャー嬉しいよ
27

*コラム*『dopeヒップホップ(ネタ被り発見編)(超短文)』

今、dr.dre(西海岸のレジェンドラッパー・ビートメイカ-)関連のインストのmix聴いてたんですけど、

scars(日本におけるハスラー・麻薬売人ラップのパイオニアグループ)と同ネタ(同じ曲から切り取った音で出来た曲という意味)の曲があって、

『おお---!!』
ってなったので記事にする事にしました。
(西海岸ヒップホップはあまり通ってないので有名曲もよく知らなかった)

これがscarsの

もっとみる
ありがとうございます~m(_ _)m
5