ジャックレモン

【忘却度0%】マカロニ

【忘却度0%】マカロニ

1989年1月22日、ビデオで再見  これは忘れるわけもなく。  あんまり有名じゃないけど、私の生涯ベスト10は言い過ぎですが、ベスト30には入ってくるくらい、大好きすぎる映画。  そもそもいちばん好きな俳優がジャック・レモン。いちばん嬉しいのはウォルター・マッソーとのコンビ作。  そんなコンビ作の雰囲気を持ち込んだイタリア映画。監督はエットーレ・スコラ。ウォルター・マッソー的相棒が、なんとマルチェロ・マストロヤンニ。  好きすぎてたまらない。  88年9月の日本

「おかしな二人」二人のおじさん50Sファッション

「おかしな二人」二人のおじさん50Sファッション

スキ
1
酒とバラの日々

酒とバラの日々

ジャックレモンが酒に溺れアル中になり破滅していく主人公を演じた映画「酒とバラの日々」。原題は”Days of Wine and Roses”. 後年、アクターズスタジオインタビューにて彼自身がアルコール依存性だと告白した際の衝撃は忘れられません。 この映画は主人公がのちに妻となり彼とともにアルコールに溺れ自滅していく女性にチョコレートリキュールの入ったカクテルを勧めるところがトリガーでした。その時点で主人公は既に飲酒で度を越しがちでしたが、彼女は大の甘党でチョコレートに目

スキ
3
ネットでも読めるミニコミ誌『シネマズライフ』最新号公開中!
https://note.com/fuu_natu/n/n6db4a52c33c8
【映画の風景 日本の風景】『お熱いのがお好き』【BS・CS】『コンフィデンスマンJPロマンス編』【名作紹介】『バブルへGO!タイムマシンはドラム式』よろしく!m(_ _)m

ネットでも読めるミニコミ誌『シネマズライフ』最新号公開中! https://note.com/fuu_natu/n/n6db4a52c33c8 【映画の風景 日本の風景】『お熱いのがお好き』【BS・CS】『コンフィデンスマンJPロマンス編』【名作紹介】『バブルへGO!タイムマシンはドラム式』よろしく!m(_ _)m

スキ
2
ネットでも読めるミニコミ誌『シネマズライフ』第194号公開中!!
https://note.com/fuu_natu/n/n6db4a52c33c8
【映画の風景日本の風景】『お熱いのがお好き』【BS・CS】『コンフィデンスマンロマンス編』【名作紹介】『バブルへGO!タイムマシンはドラム式』よろしく!m(_ _)m

ネットでも読めるミニコミ誌『シネマズライフ』第194号公開中!! https://note.com/fuu_natu/n/n6db4a52c33c8 【映画の風景日本の風景】『お熱いのがお好き』【BS・CS】『コンフィデンスマンロマンス編』【名作紹介】『バブルへGO!タイムマシンはドラム式』よろしく!m(_ _)m

スキ
1
スターは楽し ジャック・レモン|芝山幹郎

スターは楽し ジャック・レモン|芝山幹郎

ジャック・レモン AF Archive/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ 上質のハム『お熱いのがお好き』(1959)、『アパートの鍵貸します』(1960)、『あなただけ今晩は』(1963)……。 私が小学校や中学校に通っていたころ、ジャック・レモンが主演したビリー・ワイルダーの映画は圧倒的に人気があった。子供の私は封切で見なかったが、年長のおじさんやおばさんたちは、口をそろえてこの連作を褒めちぎっていた。 ふうん、そんなに面白

スキ
7
延長された自己:小さき友人たち

延長された自己:小さき友人たち

大きなタッパに入って積まれていた。少し整理する気になったのだが。随分足りない(?)。記憶では部屋いっぱいになるくらい買ったはずなのだ。そういえば仏像のガッチャどこ行ったんだろう。 僕は名前も知らないが、子供たちには大事な友人。 40年後このタッパを開けた子供の顔が見たい。 このへんは僕が欲しくて買った。ココにいないデンプシーは食器棚の中で世界を守っている。 椿三十郎と桑畑四十郎。左下はイタリアに新婚旅行行ったときにナポリで買った。リヤカーみたいなのに吊るした歯の無

スキ
8
あなただけ今晩は

あなただけ今晩は

スキ
1
アルコール依存症にならないために見ておくべき映画3選 「酒とバラの日々」「男が女を愛する時」「失われた週末」

アルコール依存症にならないために見ておくべき映画3選 「酒とバラの日々」「男が女を愛する時」「失われた週末」

新型コロナ在宅勤務で増える?「アルコール依存症」新型コロナ在宅勤務で、巣ごもり「アルコール依存症」が増加する危険性があるという記事を読んだ。(2020.04.09 現代ビジネス) かつて経験したことのない世界的なコロナ禍で、身体的にも、精神的にまいるので、酒を飲みたい気持ちもよくわかる。 かくいうぼくも、正直に言うと... 以下3本の映画を再見した理由は自分への戒めである。 香港では長期間に渡り在宅勤務が要請されており、毎晩家でだらだらと酒を呑み、時々お客さんや友人と酒を

スキ
7
#5 アパートの鍵貸します(1960)

#5 アパートの鍵貸します(1960)

出世の足掛かりにと、上役の情事のために自分のアパートを貸している会社員バド。だが人事部長のシェルドレイクが連れ込んで来た不倫相手はフラン。バドの意中の人だった……。 偏愛映画の1つ。人生の意味を描いた映画としてもコメディ的にも好きにならずにはいられない。 裏テーマで自殺、出世欲や不倫など欲望と欺瞞を笑いの中に描くビリー・ワイルダー後期の傑作。テイカーから搾取されるギバーの脱出物語ともとれる。 割れた鏡1つで何重も表現する演出、ジャック・レモンの軽妙な演技、シャーリー・マ