グリコ森永事件

『もう時効だから、すべて話そうか――重大事件ここだけの話』ノート

『もう時効だから、すべて話そうか――重大事件ここだけの話』ノート

一橋文哉著 小学館文庫  未解決事件あるいは冤罪事件に興味を持ったのは学生の頃だ。学生時代を過ごした長崎で起きた「県議会議長刺殺事件」(1969年・未解決)がそのきっかけだった。  当時、大学のキャンパスには、「狭山冤罪事件糾弾!」、「石川一雄さん即時釈 放!」、「ベトナム戦争反対!」などと書かれた大きな立て看が林立しており、その横では連日、ヘルメットを被ってタオルで目以外を覆った左翼系の学生が、独特の調子で「ベーテー」を糾弾していた。この「ベーテー」は最初聞いたときはわ

32
【私的Disc Review-002】Brian Auger ‎– Here And Now

【私的Disc Review-002】Brian Auger ‎– Here And Now

Brian Auger ‎– Here And Now Label : Grudge Records ‎– GR 0958 Format : LP Release : 1986 Genre :Jazz ここ毎日雨が降ったり止んだり、また降ったと思ったらすごい豪雨だったり雨雲の切れ間に入ってピタリと止んで晴れ間が見えて真夏を思わせるような日差しがパアアっと当たったと思ったらすぐにまたまた嵐のような激しい風と雨。ハードパンチャー同士のボクシング試合のような天気。 幸い災害になる

2
【#読書感想文】罪の声

【#読書感想文】罪の声

※ネタバレはありません、ご安心ください☺️ この物語は、未解決事件である「グリコ・森永事件」をモデルに書かれています。 京都でテーラーを営む曽根俊也。自宅で見つけた古いカセットテープを再生すると、幼いころの自分の声が。それは日本を震撼させた脅迫事件に使われた男児の声と、まったく同じものだった。一方、大日新聞の記者、阿久津英士も、この未解決事件を追い始めー。 物語の主人公である曽根俊也は、カセットテープを再生させると 「きょうとへむかって、いちごうせんを…にきろ、ばーす

35
グリコ森永事件調査-中間報告

グリコ森永事件調査-中間報告

 グリコ森永事件の発端となった江崎グリコ社長誘拐から約15か月分の新聞縮刷版(15000ページ)の紙面を閲覧し、時代背景なども含めて調査を行ったところ、公開された情報とは異なった事実が判明してきました。ここではそのいくつかを中間報告として紹介します。 犯人像 犯行グループは非常に統制のとれた20代から50代までの6乃至7人グループで、社長宅侵入時には侵入手口などから事前に入念な調査を行っています。   統率のとれたグループによる犯罪と言えば、1960年のハリウッド映画「オ

森永!!(o・ω・o)氏ね氏ね異常者集団!!コロナで氏ね氏ね犯罪者集団!!(*・ω・)

森永!!(o・ω・o)氏ね氏ね異常者集団!!コロナで氏ね氏ね犯罪者集団!!(*・ω・)

氏ね犯罪者集団!!多布施システム野郎! 韓国朝鮮人の遺伝子異常者コロナで氏ね!! 氏ね犯罪者集団!!天皇家コロナで氏ね!! 異常者集団コロナで氏ね!!

📙気になった本📙

『キツネ目』
著者:岩瀬達哉

このタイトル、この表紙、コレは気になるでしょ!
我慢できないよなぁ。

#読書 #読書垢 #読書が好き #読書部 #読書記録 #読書メモ #グリコ森永事件 #キツネ目 #新刊本 #講談社 #事件 #ドキュメンタリー

📙気になった本📙 『キツネ目』 著者:岩瀬達哉 このタイトル、この表紙、コレは気になるでしょ! 我慢できないよなぁ。 #読書 #読書垢 #読書が好き #読書部 #読書記録 #読書メモ #グリコ森永事件 #キツネ目 #新刊本 #講談社 #事件 #ドキュメンタリー

5
★歴史情報サマリーβ版★(0044)

★歴史情報サマリーβ版★(0044)

Webサイト等でリリースされた様々な歴史情報を閲覧等しやすいようにまとめさせていただきました。皆様のお役に立つことができれば幸いです。 <INDEX> 1. 『毒が変えた天平時代:藤原氏とかぐや姫の謎』 2. 4Kデジタルアート『巨大映像で迫る五大絵師 -北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界-』に関する記事 3. 『鎧の渡し小網町』:浮世写真家 喜千也の「名所江戸百景」第89回 4.伝説の事件記者がはじめて語る「グリコ森永事件」6人の犯人像〈後〉 5. [戦国こぼれ話]爆死し

7
『キツネ目』感想!

『キツネ目』感想!

グリコ森永事件全真相と銘打つ『キツネ目』を読んだ。 岩瀬達哉さんの『労作』だ。 かつて『週刊現代』に2度にわたって『特集連載』されたものをさらに加筆しての10年がかりの『ドキュメント』だ。 塩田武士さんの小説『罪の声』とは違った角度から『事件の真実』に肉薄したものだ。 面白かったが『犯人集団』への『肉薄』には迫りきれなかったようだ。小説と違って実名での登場人物が多いから止むをえまい。 ただ犯人集団が存命ならば『男女』それぞれが『70歳代』ということなのでもはや『時効

4
114もう一つ

114もう一つ

114といえば グリコ・森永事件。 正式には、 警察庁広域重要指定第114号事件 というそうで。 1984年(昭和59年)と1985年(昭和60年)に発生した、食品会社を標的とした一連の企業脅迫事件。 実際脅されたのはグリコ・森永だけでなく、 丸大食品 ハウス食品 不二家 駿河屋 も脅されたのだという。 社長の誘拐事件に端を発し、青酸物の混入やら、脅迫状やらが連日のように報道された。 犯人が脅迫状上で「かい人21面相」と名乗ったことから、 かい人21面相事件

6
ビエネッタって、森永なんだね。

今私は、あらゆる事件はDSだ、という頭にどうしてもなるから、

あのグリコ森永事件をDSあたりから紐解けたりして…?!と、ちょっと思い始めてみたり…だってあれは未解決事件!!

ビエネッタって、森永なんだね。 今私は、あらゆる事件はDSだ、という頭にどうしてもなるから、 あのグリコ森永事件をDSあたりから紐解けたりして…?!と、ちょっと思い始めてみたり…だってあれは未解決事件!!