【7名まで】認知科学に基づくコーチングセッションを受けたい方、募集します!
+2

【7名まで】認知科学に基づくコーチングセッションを受けたい方、募集します!

もっと自ら機会を作り出したい人、自身の本当にやりたいことに生きて人生を飛躍させたい人へ 新卒でリクルートという会社に入り、常に「高い目標」に向けて「清濁併せのみながらやり切る」ことこそ大事と信じてきた私にとって、認知科学コーチングには目から鱗やら涙やらが出るほどの驚きが詰まっていました。 毎日頑張っているけれど知らぬ間に守りに入っていないか、 いやいや、私も本当にやりたいことで飛躍しようではないか。 そう思い認知科学のコーチングスクールの門戸を叩いたのでした。 というこ

スキ
3
【20時過ぎのひょっこりレシピ】-遅番の日の夜は-<酸味のおいしいトマトスープ>
+1

【20時過ぎのひょっこりレシピ】-遅番の日の夜は-<酸味のおいしいトマトスープ>

料理は好きだけどなかなか時間が取れない。 自分一人だったら市販のお惣菜でもスナック菓子でも、なんでもいいやと思い、家にあるものをとりあえず口に入れる。 ことさら、6月から転職により生活リズムが変わってシフト制の働き方になり、帰宅も19時半~20時半が常になってしまった。 前の仕事の定時は17時半ごろだった、のにも関わらずご飯を作る気力がなかったのだから、今はなおさらやる気は起きない。 新しい生活が始まってからというもの、自身の食生活やライフサイクルを模索し続けている。 仕

スキ
4
報酬と、自由な生活維持のジレンマ

報酬と、自由な生活維持のジレンマ

非正規社員から正社員を目指す方や、フリーランスから会社員復帰を目指す方の相談で多い内容の一つに、「収入は確保したいが、プライベートの時間も確保したいので踏み切れない」というものがあります。つまり、会社員として毎月安定した給与が入る生活を希望しているが、長時間の拘束がなく、自由な働き方を選びたいというものです。 どの就業形態もメリット・デメリットがありますよね。 けれども、忘れがちなのは、会社員に戻る際には企業の事業継続を担う責任も伴うということです。そもそも、その企業の事

スキ
15
[体験談]私の転職活動 その2

[体験談]私の転職活動 その2

こんにちは、公務員女子転職サポーター・元公務員ママのMARINAです。 公務員女子が「どうせ公務員だから・・・」のネガティブ転職から卒業!できる未来をつくるために、公務員→民間企業のキャリアチェンジについての情報を発信します。 運命の20分復職してすぐの某日。 お昼休み(きっちり12時〜13時)に、急いで、職場近くのシアトルズベストコーヒーに向かいました。 到着すると、Nさんと上司のSさんが、混雑する店内で席を確保し、出迎えてくれました。 珈琲だけ頼んで早速本題にはいり

スキ
15
人生2度目の…⑩

人生2度目の…⑩

今日も転職サイトから落選の連絡きた。また、別なところに応募したけど、自分の理想を達成するのは難しいのかなぁ 自分の理想の仕事を整理すると… 怒られないこと 早く帰れること 人に感謝される、相談に乗れること ある程度のお金を得ること こんな感じの優先順位になるけど、 自分がやりたい仕事である、人に感謝される、相談に乗れる仕事だったら、怒られることはないのかな?とも思ったりする。ある程度自信もあるし。 今の会社では、そこまで怒るか?っていうくらい、1人の人間に怒られました。

スキ
3
ライフメーカー。

ライフメーカー。

こんにちは! 今日は、懐かしい思い出を少し綴ってみようと思います◎ 1.見つけたノート。先日、オンラインのヨーガレッスンをはじめるために少し部屋の模様替えをしました。 小さな部屋ですが、自分のお気に入りを詰め込んだ、愛着あふれる部屋です。 ひとり暮らしの時から模様替えが大好きで、休みの日にはしょっちゅう部屋をあれこれ改造していましたが、実家に戻ってからは部屋が小さいのであまりしていませんでした。 今回は、大きな棚を動かす大掛かりなレイアウト変更。久しぶりに動かした棚

スキ
74
DAY34 【お知らせ】データアナリストの勉強をいったん停止します

DAY34 【お知らせ】データアナリストの勉強をいったん停止します

#100日後にデータアナリストになるえいこ と題し、100日間でデータアナリストになるべくPython,機械学習の勉強を進めていたんですが、DAY34にしていったんストップしたいと思います。 急にやる気がなくなった…というわけではありません(笑) 実は名古屋商科大学ビジネススクールの就職・起業・転職・復職支援のためのMBA入門プログラムに合格しまして、この9月から大学院に通っています。 いやはやまさか合格すると思っていなくて。とりあえず申し込んでおこうと思ったら合格して

スキ
13
社内No1縁の下の力持ち 総務の中村さんに #ワークルールズ 
を聞いてみた!
+3

社内No1縁の下の力持ち 総務の中村さんに #ワークルールズ を聞いてみた!

お疲れ様です! PRチームの藤岡です。 今回のワークルールズは総務の中村さんにお越しいただきました👏✨ ワークルールズとは? 今日よりも明日、明日よりも明後日ともっと仕事ができる人になりたい!という欲求を叶えるために発足した企画です。ネクイノで働くみんなの大切にしている考え方や工夫などを突撃インタビューをして、#ワークルールズを教えてもらいます💡 中村さん、自己紹介をお願いいたします!ー中村さん、今日はよろしくお願いいたします!早速ですが、中村さんのプロフィールを教えて

スキ
5
ミドルエイジの人生の100のリスト

ミドルエイジの人生の100のリスト

人生の100のリストとは、ロバートハリスさんが学生時代に人生の100のリストを作成して、実行されてきたというお話です。けれども、ミドル、シニアの方の中には、“今から作成しても遅いのでは”と考える方もいるのではないでしょうか。 けれども、思い出してみると、子供の頃や学生時代にぼんやりと思っていた人生のリストのいくつかは、実現しているものです。過去に戻って作成してみて、いくつ実行していたのか、実行できなかったのかをチェックしてみてもいいですよね。あるいは、今からやりたいことを書

スキ
3
「相手の目線」に立つ

「相手の目線」に立つ

キャリアチェンジして初めて、「ロールプレイング」(以下ロープレ)をやりました。 雑談ですが「役を演じる」という意味では小学校の学芸会がそれに当たったり、「練習して実際の説明の場で話せるようにする」という視点だとサークルの説明会や前職の研修講師経験でやったことはあるな、とふと思いました。 今日感じたのは「相手の目線」に立つこと。 ロープレをした際に「説明を過不足なく行わないと」と、自分が説明することに集中。 「話を聞いた相手がどのように感じるか」という視点は抜け落ちていま

スキ
7