「無料相談」の中身を患者さんにしっかりお知らせしていますか?

昨今はホームページ上で「無料相談受付中、お問い合わせください」という表記が、多くの医院で見られるようになってきました。

ただし、患者さんはその無料相談の内容をしっかり理解できているでしょうか?

自分が歯科医院をクライアントさんとして仕事をし始める前、すなわち歯科医院の素人だったときは

「無料と言いつつ、結局お金を取られるのでは?」
「何をされるかわからないから何となく怖い」
「無料相談って結

もっとみる
ありがとうございま歯科!
3

プロモーションではなく、文化を広めるウェブサイト|実績紹介

「キャンプ場のプロモーションではなくて
 “アウトドア文化”を浸透させていく場所にしたいんです。」そう言って
oh-ashi-forest(大芦高原キャンプ場)の主
康太くんがホームページリニューアルの依頼をくれました。

自分のミッションと
叶えたいビジョンを持ってる人の話を聴いていると
共通して、強くて太い芯を感じます。

康太くんのセンスや思考を拾い上げるようなつもりで打ち合わせをし
「自然

もっとみる

わたしの居場所

昨年突然消えてしまった我が古巣のほーむぺーじ。(単純にわたしのミスで><)長年の友人からリニューアルの提案と協力をいただき自分にはもったいないくらいのウェブサイトができてしまいました。友人が務めるアーキテクトタイタンさんのお力をめいいいっぱいお借りしてバラバラになっていたパーツがひとつに整理されデザインされスマホでも対応できるサイトがあっという間にできました。プロの仕事はスムーズで早くて美しい!!

もっとみる

中米・南米の情報ウェブサイト、土台が完成しました

お久しぶりです。ゆかりです。

前回のnoteを書いてから、2週間近くが経っている。

その間何をしていたのかというと、ウェブサイトを作っていた。

というのも、以前「中南米に関する、知りたい情報がすぐ知れるウェブサイトが作りたい」という記事を書いた。

ウェブサイトを作りたいと思った理由は↑の記事に詳しく書いてある。

簡単に書くと、

「中南米の知りたい情報が探しても出てこない」という人がいる

もっとみる
嬉しいです!
20

someyaFIVEのウェブサイト

2017年から染め屋でつくる染め物ブランド「someyaFIVE」の活動になぜか参加している。元々は染め職人の友人が切り盛りしている引き染め工場で餅は餅屋で感覚で、染めは染め屋でつくって売ろうと始まった。毎年3年続けて工場で浴衣とTシャツの展示会を開催、一年かけて新作の反物を数々つくりチームで動くはじめての共同作業は楽しくも難しかった。それは自分の作品作りとはあまりにも違って、ある着て欲しい誰かの

もっとみる

ポートフォリオ

どこまでも洗練されたデザインを。

ホームページ作ります。
1ページ¥10,000-からお受けします。InstagramのDMより依頼お願いします。

株式会社ヘルプ様

新卒1年目総合職がAMP×Nuxt×WordPressのJAMStackっぽいものを作った話

これってなんのnote?

新卒総合職なのにJAMstackっぽいもの一人で作っちゃったよ!
すごいでしょ!褒めて!!!っていうnoteです。

嘘です。後半が10%ほど嘘です。

※本作は原作者(自分)の意思を尊重し、書いたときの文字ほぼそのままを掲載しています。推敲やら語尾調整やらは何もしてないので、表記がバラバラです。お気をつけて!

タイトルにあるような諸々を使ってフロントを構築する人が、

もっとみる

WEBサイトの仕組み

まずはWEBの仕組みで重要な言葉の意味を知っておきましょう。

参考:ウェブサイトを作ろうとする前に知っておきたいこと

サーバ ⇒ WEBサイトを入れておく箱

ブラウザ ⇒ WEBサイトを見るためのソフト(アプリ)

ドメイン ⇒ WEBサイトの住所のようなもの

っと簡単に書きましたがこの3つは必ず理解してほしいことです。

これが分からないとWEBサイトを作るときにスムーズな対応が出来なく

もっとみる

古い人は言う。「半角カナは使うな」と。

私は若いころエンジニアで「半角カナ」にはいろいろと泣かされました。

だから言います。

「半角カナは使うな」と。

そして中堅クラスの人は言います。

「もうそんな時代じゃない」と。

そして若い人やエンジニアじゃない人は言います。

「なんでダメなの?」と。

半角カナに泣かされた時代

ウェブサイトの charset がまだ UTF-8 が主流じゃなかった時代。ガラケーが流行ってた時代は文字

もっとみる

初めてのインターネット

オンラインを有効活用せよ、という時代ですね。

デビュー当時から応援しているミュージシャンの方のミニライブ生配信を、ネット経由で先ほど拝見したところです。子供を妊娠してから、かれこれ14年ほどは、ライブに参加できていませんでした。次回の帰国時には、是非どこかの会場に足を運びたいものです(いつになることやら)。

さて、私のそんな生配信閲覧を可能にしてくれたインターネット、初めて体験したのはいつだっ

もっとみる
スキ!ありがとうございます
14