よろず支援拠点

支援事例「コロナで観光客の利用ゼロに」

令和 2 年 9 月 20 日 沖縄タイムス経済面掲載

地元向けに新事業提案

 ◆ 企業名 国道楽(こくどうらく)
 ◆ 業 種 バイクレンタル
 ◆ 所在地 那覇市
 ◆ 資本金 950万円
 ◆ 創 業 2015年
 ◆ 従業員 3人

【相談】
 台湾や香港の新型コロナウイルス感染拡大による影響で、2月末から団体や個人客の予約のキャンセルが相次ぎ、売り上げがほぼゼロになった。インバウンド

もっとみる

中小経営支援へ専門家育成講座

中小機構沖縄事務所

令和 2 年 9 月 17 日 沖縄タイムス経済 11 面掲載

 中小機構沖縄事務所は10日、県内の金融機関を対象に、中小企業を支援する人材の育成講座を那覇市内で開いた。県よろず支援拠点の上地哲チーフコーディネーター=写真=が、金融機関の債務者区分で実質破綻先に格付されている企業の立て直しの事例を紹介。「経営資源を見定めて伸ばせば自走できるまでに業績をV字回復できる。格付け

もっとみる

勝手によろず支援 - 番外3 万屋主義

渋沢栄一の本の中で「万屋(よろずや)主義」という言葉に出会いました。国民の購買力が落ちてきているから、一点主義では駄目で、色んなことを組み合わせて相乗効果(シナジー)を生み出さなければいけない、という言い回しが時代を超えて共通しているのが面白いです。

一枚の布を作るには、強い縦糸とそれを繋ぐ横糸が交互に重なる必要があります。幕末の混乱期を生き延びた組織が縦糸だとすると、実業家としての彼はそれを繋

もっとみる

新型コロナウイルス感染症関連する沖縄県よろず支援拠点からのお願い

沖縄県におけるコロナウイルス感染症陽性者の状況が2,220名を超えていること(令和2年9月5日時点)が確認されています。沖縄県独自の緊急事態宣言が解除されましたが、引き続き「感染防止策をお願いしたい」状況です。再度の感染拡大も懸念される状況です。自粛解除されたとは言え、社会経済活動はしっかりした感染防止策の実行を伴うものでなくてはなりません。
 感染防止の観点から、不要不急の出張や訪問自粛の呼びか

もっとみる

個人事業主の立場で、日本政策金融公庫に借入申込をしてみた

中小企業・小規模事業者のために、国が設置する無料の経営相談窓口である、よろず支援拠点(私の場合は、京都府の個人事業者であるので、京都府よろず支援拠点)のコーディネーターのアドバイスで、現在、宅配ボックス事業を立ち上げようと考えているため、日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付の申請をしました。

他に、持続化給付金、持続化補助金の情報も教えていただきましたが、個人として、事業の相談をす

もっとみる
有益な情報を発信できるよう努力します。スキありがとうございます。
4

支援事例「資金繰り安定させたい」

令和 2 年 9 月 6 日(日曜日)沖縄タイムス 経済面掲載

人気商品絞り 持ち帰り

 ◆ 企業名 YONA Salut(ヨナ サルウテ)
 ◆ 業 種 飲食店
 ◆ 所在地 那覇市
 ◆ 資本金 個人事業
 ◆ 創 業 2002年
 ◆ 従業員 10人

【相談】
 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言で予約キャンセルが続き、売り上げが激減している。このためテークアウト営業を始めた

もっとみる

店舗のコンセプトを決める

写真のランプは何なのか??店舗で使う内装備品です。何故か?

コンセプトをいかに具体的にするかが大切だと、バイト先の店長や創業相談先で言われてきました。

考えたことは2つ

まずお店のテーマカラーを考えた。

テーマカラーをネオオレンジにした。ネオオレンジとは建築表現で受けるイメージを言葉で表現していて、色見本にはその名前はない。マリーゴールドやマンダリンなんかが自分が抱くイメージに近い。私の好

もっとみる
まだ、まだ、物語は続きます🙂