ぴあ

【掲載中】 ぴあアプリ「水先案内」 東京オペラシティアートギャラリー・今井麗展

自分もこんな感じで世界を眺めて生きられたらいいのに。
東京オペラシティアートギャラリーでの今井麗展のこと、ぴあアプリ「水先案内」で!

https://lp.p.pia.jp/shared/pil-s/pil-s-21-01_6a1e2af2-cf06-458f-98ff-6c77f02c53cc.html #ぴあ

ありがとうございます!

【掲載中】 ぴあアプリ「水先案内」 府中市美術館・青木野枝展

山の化石って観たことありますか。ぼくはありますよ。青木野枝さんの作品のことだけど。
府中市美術館での青木野枝展のこと、ぴあアプリ「水先案内」で。
公園の枯葉を踏み踏み行くアプローチもまたいいんだ。

https://lp.p.pia.jp/shared/pil-s/pil-s-21-01_ea3f3cce-6622-4c4b-bf5c-8ab3f88c16c4.html #ぴあ

ありがとうございます!

☆2020年ライブ録☆

✅1/11 Aimer Hall Tour 19/20 “rouge de bleu” 埼玉公演1日目 ~bleu de rouge~ @大宮ソニックシティ

✅2/2 佐藤千亜妃 J-WAVE×HORIPRO present LIVE The CARAVAN @Zepp DiverCity TOKYO

5/16 FLOWER FLOWER インコのhave a nice day ツアー2020

もっとみる

【掲載中】  ぴあアプリ「水先案内」 東京都写真美術館・新進作家展

強烈なインパクトを残すのは井上佐由紀の展示だ。暗い部屋の中に浮かび上がるのは眼、眼、眼……。 「見る」ことに賭ける人の本能が暴かれているよう。
ぴあアプリ「水先案内」で、東京都写真美術館・新進作家展のこと。赤ん坊の眼の中に宇宙が見えるよ。

https://lp.p.pia.jp/shared/pil-s/pil-s-21-01_70b60c08-f4b2-4654-b653-9f7835c2ce

もっとみる
ありがとうございます!

【掲載中】ぴあアプリ「水先案内」 金柑画廊・伊澤絵里奈展

「ふたりの男性はよくよく見れば年の頃以外はたいして似ていないのに、伊澤の写真の中ではほとんど区別がつかないようになっているのはなぜなのか」
ぴあアプリ「水先案内」で、金柑画廊・伊澤絵里奈展のことを。もうすぐトークイベントもありな様子で。
https://lp.p.pia.jp/shared/pil-s/pil-s-21-01_31cb4b44-d4b7-4413-96ee-14ce18413ae9

もっとみる
ありがとうございます!

【掲載中】 ぴあアプリ シュウゴアーツ・三嶋りつ惠展

「目に映るものすべてが美しいなんて、ひとつの理想郷ではないか」
何をその眼に映してきたか。それがその人そのものを表すんじゃない? 美しいものだけ見ていられたらいい。
シュウゴアーツでの三嶋りつ惠展に身を浸すのは、その第一歩。ぴあアプリで。

https://lp.p.pia.jp/shared/pil-s/pil-s-21-01_0576f484-f64d-491b-b8bf-94f1b8bab6

もっとみる
ありがとうございます!

もあテン

かつて「ぴあ」という情報誌があり(私にとっては信じられないが、説明しなければすでにわからなくなっている世代がいるのだ)、読者投票による、映画や演劇等の、その年のベストテンをやっていた。
 そのベストテン以外に、「もあテン」というのをやっていた。
 もう一度見たい映画、演劇等のベストテンである。
 過去の全ての作品を対象にした人気ランキングである。

 あれは画期的だったな、と思う。

 いまは、あ

もっとみる
犯罪とちがって、約束には時効はないからね(「スズキ」)
102

明日発売の雑誌「ぴあ」の「カレーの聖地 高円寺」特集にてトルカリ高円寺を掲載していただいてます!是非ご覧ください!

【掲載中】 ぴあアプリ 水先案内  武田陽介個展

アーティストの新たな代表作の登場。その瞬間に立ち会える悦び。
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー&フィルムでの武田陽介個展、
ぴあアプリの水先案内で!
https://lp.p.pia.jp/shared/pil-s/pil-s-21-01_5ad526b4-f70e-4f1a-b9c4-775e5a80694c.html #ぴあ

ありがとうございます!

新作映画資金調達への道 #21   「何故、今、私は映画を作っているのか? ⑥〜ぴあ〜」

「社長に、労働組合を認めさせましたーっ」と部屋に何人かが入って来た。それが、私が情報誌「ぴあ」でアルバイトを始めた初日の出来事だった。

 その当時は、「ぴあ」は隔週刊で、丁度版下からデジタルの過渡期だった。面白い人が色々いて、最近ワイドショウで良く拝見する湯山玲子さんは、演劇欄担当の社員だった。就職浪人して大蔵省を目指しているという早稲田の学生がアルバイトしていて、頭おかしいんじゃないかと思って

もっとみる
I like you, too !