お薬を飲んでみて思ってること

お薬を飲むようになって早11年

私は高校の時に最初、診察の時に顔も見ず突然3〜4種類の抗うつ剤・抗不安薬を出してきた地方のクリニックのヤブ医者によって、お薬たちと出会ったわけです。お薬について、それまで私は

「風邪薬ってなんか眠くなるよね...」

の知識くらいしか持っていませんでした。

そこのクリニックには結局半年しか通わず、一旦は薬地獄から脱したものの、
その5年後くらい、私が22歳くら

もっとみる
やったー!ありがとうござます!
1

【知らないままでいいの?】ジェネリック医薬品とは?図解説明|薬価が安い理由

はい!汗かき薬剤師saitorioと申します(*'ω'*)!

今回は、先発医薬品やジェネリック医薬品(後発医薬品)の違いやそもそもどういった医薬品なのかを図を用いて解説してみました。

なんとなくジェネリックってこうだろうな?とか、もっとジェネリックのことを詳しく知りたい人に読んで欲しい内容となります。

この知識はあなたが薬局でくすりを貰うときに役立つと思います。とくに病院で処方箋を貰ったとき

もっとみる
応援ありがとうございます☺
6

抗精神病薬①エビリファイ

コンニチヽ( *°ㅁ°* )ノ ワッ!!
メンヘラ闘病日誌mikuです。

今回は精神科で処方されるお薬についてのご紹介。専門用語がありますが、それはお気になさらず。

★エビリファイ

【効果】
ドパミン活性が過剰である場合はそれを抑制し、逆にドパミン活性が低下している場合はその活性を増加させる。

※ドパミン:運動調節や学習意欲などに関わる脳内の神経伝達物質。 脳内のドパミン量が不足するとパ

もっとみる
ワァ───ヽ(*゚∀゚*)ノ───イ!
6

精神科お薬の流れ。

コンニチヽ( *°ㅁ°* )ノ ワッ!!
メンヘラ闘病日誌mikuです。

今回は私が貰っている精神科のお薬の紹介。
とは言っても、受信するたびに変わっているので流れとしての記録。

【受診1回目:3月11日】
・ハロペリドール錠0.75mg「アメル」(1錠)
・アキネトン錠1mg(1錠)
・エチゾラム錠1mg「アメル」(1錠)

【受診2回目:3月17日】
・ハロペリドール錠0.75mg「アメ

もっとみる
ワァ───ヽ(*゚∀゚*)ノ───イ!
6

薬剤の必要性、あれこれ

身体の不調があって病院へ行く。
検査される。
取り敢えず病名が付く。
薬が出る。
普通のことである。

不調が増えていくと薬剤処方料も増えていく。
気づくと相当の種類になっている。
そんな方から相談をよくこのような相談を受けますわ。

薬を減らしたい

でも主治医に言えない
言っても聞いてくれない
だから私に聞くこととなる のかな...

手順を踏んで、先ずは主治医に聞いてみよう

お薬手帳を渡し

もっとみる
気に入って頂けて嬉しいです♫
22

ようこさんと おくすり。

ようし!

もう大人だから、丸いお薬飲めるもんね!

そう意気込むも、全く飲めなかった。

どうしてというほど、飲めなかった。

水で一気に流し込む!

ゼリーと一緒に!

砕いて小さくして!

いろんな方法を模索してやっと飲めても

2回目には飲めなくなる。

喉にロックがかかって、

「ごくん」が出来なくなる。

水も飲めない。「ごくん」が出来ないんだから。

飲めるようにならなくちゃ。

もっとみる
ありがとさま
4

尿で栄養診断!?

栄養配り

twitterの前澤さんの栄養配りという企画で募集していたので応募してみたら、当たったので早速試してみました。最近、遺伝子検査のツールなどもネット販売されていてもともと興味があったのですが、やってみたいなーと思いつつも割と高額だったのでためらっていました。そんな時、前澤さんの出資先ユカシカドが販売しているVitaNote Quickの検査キットが送られてきました。

VitaNote

もっとみる
ありがとうございます。もしよかったら、フォローもお願いします。
2

良薬は口にうまし ~ワンダーランドは徒歩圏内にあった #4~

※子ども時代の記憶をつづったエッセイです。

子ども時代のロッタは、好き嫌いが多く虚弱体質で、しょっちゅう小児科のお世話になっていた。
幼い頃から行きつけのお医者さまをもつ常連の幼児。

初孫ということもあり、ロッタはだいぶ過保護に育てられた。

祖父母にちょっとでも具合悪そうな素振りを見せてしまうと、病院に連れて行かれる。
あるときなどは、「着せすぎですね」と診断されたとか。冬の寒風に晒されぬよ

もっとみる
うれしいです!前の記事もゆるりとご覧ください😊
18

認知症治療薬はやめた方がいい

感謝してます!

今日から少しの間

お薬シリーズ

が続きます。

お薬は実は

闇が深い

のです。

「真実」は業界人しか知りえないというのもまた事実で私は業界人です。

また医学的エビデンス(科学的根拠)をもって、このようなことに立ち向かうにはある程度リスクがあり、大病院などに勤務している医師の場合は、

異端扱いされるリスク

があるというのも事実で、真実を語ってくれる医師はわずかです。

もっとみる
感謝します \(^o^/
1

まりーちゃん、膀胱炎でした💦注射器でオシッコを抜いて、検査。中等度炎症!しんどかったねー。。ごめんねー🥺

ありがとうございます★嬉しいです!
4