世界レコード

45
記事

モバイルバナナはどこに消えたのか

僕の記憶が間違ってなければ、モバイルバナナの自販機がどこかの駅にあった気がする。

たぶん東京メトロのどこかの駅。それも目立つ場所ではなく、他の路線との連絡通路っぽいところにポツンと置かれていた。

モバイルバナナといっても、ガジェット的なやつではなく本当に持ち歩いて食べるほうのバナナだ。

そういえば、一時期、バナナのかたちをしたUSBメモリとかあったね。いまもあるんだろうけど、そんなに見かけな

もっとみる
虹の味がしました!
28

僕たちはネットでタライを回す

電話の評判が悪い。ある調査では、オフィスで仕事の集中を邪魔されると感じる要素のトップが「オフィスにかかってくる電話」だった。

これだけ世の中がネットになって(この言い方も古い)も、やはりいまだに仕事上では電話が鳴り続けているのだ。

たしかによく考えると、宛先もなく「とにかく呼出音が鳴る」「出てみないと、何の用件かわからない」という電話のUXはほぼゲームだ。

中には地雷用件だって含

もっとみる
虹の味がしました!
33

一蘭のラーメンで仕事する時代

一蘭で仕事してるみたいだな、と思うことがある。あの個別に仕切りのある「味集中カウンター」で黙々と食べる個食スタイルのラーメン店だ。

えっと、よくわからんという人は図書館とか塾なんかの隣の人が気にならない衝立がある自習室を想像してください。それのもっと狭いやつ。

べつに一蘭システムを揶揄してるわけじゃない。

あのスタイルに出会ったときは斬新だったし、いまではインバウンドの外国人にも人気になって

もっとみる
虹の味がしました!
35

なぜ、あの飲食店本を読みたくなるのか(その4)人生のセーフティーネットとしての飲食店

ライターは妄想をよくする職種だ。しないよというライターもいると思うけれど、僕はする。

妄想といってもあらぬことではなく、たまたま目に入った何かについて、その「何か」が持っているヒストリーや現在、あるいは未来を勝手に妄想するのだ。

店をやるという選択肢が人生にあってもいいのかもしれない。そんな気になるbar bossa林さんの売れてる新刊『なぜ、あの飲食店にお客が集まるのか』をめぐるインタビュー

もっとみる
リスが胡桃を持って伺います!
75

梅ぼしのように時間を使いたい

この10年で何がいちばん変わったか。そう問われて思い浮かぶのは「時間」だ。

このnoteもそうだけど、ソーシャルなコミュニティを含めたネットに使う時間は10年前の約3倍に増えた。情報通信白書からざっくり紐解くと。

のどかな2010年代(よく引き合いに出されるけど東日本大震災のときも、まだLINEすら存在しなかった)、時間は「自分」の中にあり、自分が時間を財布から出したり、入れたりしていた。

もっとみる
山が見えます!
41

信州お歳取り魚戦争

物騒なタイトルをつけてしまったけど、まあまあそういう趣きがある。

海なし県の信州(長野県)では、もともと「魚」への愛が深い。東京からこっちに移り住んでスーパーに行ったら、魚売り場の充実ぶりが結構衝撃だった。

壁の端から端まで魚、魚、魚。そんな歌あったね。

なんなら都内のスーパーより魚が充実している。お寿司屋さんの数も多い。実は、長野県に海がないというのは都市伝説で本当はあるのだ。

北アルプ

もっとみる
spasiba!
32

noteはどこにでもある街になってほしくない

この1年でnoteの街はどう変わったのか。正確なところはわからない。

明らかに賑やかになった。コミュニティのイベントも増えた。あちこちで公式もそうでないものも含めていろんな企画がオンラインオフライン両方で人を集めてる。3、4年前のnoteにはなかった空気感。体感でしかないけど。

こうやって街がつくられてくんだな。リアルの街なら何十年単位で見られる現象が、noteでは稲妻の速さで体感できるのだか

もっとみる
落したのは金の斧です!
75

そろそろ自分の大事をちゃんと育てようか

打ち合わせや取材をしていて、小さな違和感を感じることがある。

話の内容も的を得て(射て)、簡潔で淀みない。普通に考えれば何も問題ない。でも何かが滑っていく。

言ってることは正しいのだけど、その人が本当のところ「何を大事にしてる」かが見えないのだ。何かの指標で表せるKPI的なことではなくて。

自分はこれが大事。世の中のトレンドとか、儲かる儲からない、流行る流行らない、スケールするしないに関係な

もっとみる
リスが胡桃を持って伺います!
40

食べることはもっと自由でいいんじゃないか

なんか窮屈だなと思う。食べることと健康が結びついた情報を目にするたびに少し身体がこわばる。

あれをもっと食べろ、あれは減らせ、できれば食べないほうがいい、この食べ方はダメ、これとこれを組み合わせ意識しろ。

そりゃね、健康は大事だよ。それに治療的な文脈で制限かけなきゃいけないときは別。

だけど、なんだろう。食べることのデフォルトの部分からなんか「こうでなければならない」がちょっとすぎるんじゃな

もっとみる
あ、ありがとうございます!
38

何もなくても関心があるかどうか

世論調査っておもしろいなと思う。世の中のあらゆる問題が「世論調査」という鍋に放り込まれる。どうでもいいことから、どうでもよくないことまで。

○○に関心があるかどうか。○○について反対か賛成か。

鍋はぐつぐつと音を立てたり、よくわからない色に煮詰まったりする。たいていの場合は、あまりおいしそうなものではない。

まあ、そもそも世論調査そのものがいろんなバイアスとか思惑と無縁ではいられないものだし

もっとみる
山が見えます!
23