映画のメモ帳

107
記事

徒然なるままに(最近みた映画)

映画感想、まとめてさくっと覚え書き。邦画洋画ごちゃまぜ。

ネタバレもちょいあるのでご注意ください。

ロケットマン

TOHO日本橋で鑑賞。誘惑のタロン・エジャトン主演。正直エルトン・ジョン知らなくてもいけます。彼は70年代?から長く活躍してるので1~2曲は絶対聞いたことがあるはず。今回はデクスター・フレッチャー監督なので、ミュージカルシーンも力がはいってた。ボヘミアンラプソディー(仕上げ担当)

もっとみる
Have a nice day ! (´∀`*)ウフフ
2

マチネの終わりに

TOHO日本橋で鑑賞。原作ファンなので楽しみにしていた邦画です。ネタバレあり!

あらすじ:東京、パリ、ニューヨークを舞台に音楽家とジャーナリストの愛の物語を描いた芥川賞作家・平野啓一郎の同名ベストセラー小説を福山雅治、石田ゆり子主演で映画化。パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を

もっとみる
Have a nice day ! (´∀`*)ウフフ
6

ジョーカー

TOHO日本橋で鑑賞。バットマンシリーズの映画はすべてみており、キートンとベンアフ版が特に好き。コミックは未履修です。レゴ&ニンジャバットマンもお気に入り。ネタバレ注意!!

あらすじ:道化師のメイクを施し、恐るべき狂気で人々を恐怖に陥れる悪のカリスマが、いかにして誕生したのか。「どんな時でも笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸に、大都会で大道芸人として生きるアーサー。しかし、コメディア

もっとみる
Have a nice day ! (´∀`*)ウフフ
4

ウィークエンド

恵比寿ガーデンシネマで鑑賞。LGBTQの映画祭、レインボーリール東京でチラシをみかけて気になっていた作品。数年前、同映画祭で1回だけ公開していたらしい。2011年イギリス作品、アンドリュー・ヘイ監督。本作は英国インディペンデント映画賞を受賞。ネタバレ注意!

あらすじ:金曜の夜、友人たちとのパーティのあと、ラッセルは一夜限りのパートナーを求めて立ち寄ったクラブでグレンを誘い出すことに成功し、2人は

もっとみる
Have a nice day ! (´∀`*)ウフフ
2

アス "us"

日本橋TOHOにて6ポイントフリー鑑賞。「ゲット・アウト」監督作ということで、予告もそこそこにきてみた。ネタバレ注意!

あらすじ:夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンとともに夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れたアデレードは、不気味な偶然に見舞われたことで過去のトラウマがフラッシュバックするようになってしまう。そして、家族の身に何か恐ろしいことが起こ

もっとみる
Have a nice day ! (´∀`*)ウフフ
2

ややややこしい日々

夏の日差しがようやくおさまり、秋らしい気候になってきた。この週末は付き添いでマッツ・ミケルセン氏の撮影会のためハリウッド・コンベンションへ。待ち時間にフロアでぼけっとしていたらランチ帰りの氏が真横を歩いて行った。さすが北欧勢だけあって背が高い。撮影会で Tusind tak!(デンマーク語で thank you so much / 1,000 times)と伝えたら「ありがと!」と気さくに返してく

もっとみる
Have a nice day ! (´∀`*)ウフフ
1

永遠に僕のもの

ヒューマントラストシネマ有楽町で初日に鑑賞。*ネタバレ注意

感想:好きだよと言えずに初恋は

あらすじ:1971年のアルゼンチンで12人以上を殺害した連続殺人事件の犯人である少年をモデルに、スペインの名匠ペドロ・アルモドバルが製作を務めて描いたクライムドラマ。1971年のブエノスアイレス。思春期を迎えたカルリートスは、子どもの頃から他人が持っている物を無性に欲しがる性格だった自分の天職が、窃盗で

もっとみる
Have a nice day ! (´∀`*)ウフフ
2

LGBTQ+映画の日々

第28回レインボーリール東京にて鑑賞した5作品の覚え書き。

①エミリーの愛の詩 Wild nights with Emily 84分 アメリカ

19世紀の詩人、エミリー・ディキンソンの伝記をもとにした歴史コメディ。幼なじみで親友のスーザンはエミリーの兄と結婚するが、ふたりはひそかに愛をはぐくみ、エミリーは死後評価される詩の多くを彼女に捧げていた。主人公エミリー役がSNLのスターコメディエンヌ、

もっとみる
Have a nice day ! (´∀`*)ウフフ

Not for me だった映画

何が嫌いかより
何が好きかで自分を語れよ!!!

ネットミームになった名台詞。出典は「ツギハギ漂流作家」

そうですね。それができたらいいと思う。けれど、自分の「苦手な」「ダメな」ものがなんなのか、なぜ受け入れられないのか、を分析するのも己を理解する手段として結構面白いのでは。

というわけで、ここ数年出会った「Not for me 」案件のお話です。

■銀魂 

2017年の実写第1弾。夜中の

もっとみる
Have a nice day ! (´∀`*)ウフフ
1

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー

原題:The White Crow

TOHO日比谷シャンテで鑑賞。上映期間短めと聞いていたのでさくっと行ってきました。バレエの知識は皆無です。アイススケートと踊りが似ている、といったら友人に呆れられた。ネタバレ注意!

あらすじ:ソ連から亡命し、世界3大バレエ団で活躍した伝説的なダンサー、ルドルフ・ヌレエフの半生を描いた。1961年、若きダンサーのルドルフ・ヌレエフは、海外公演のため生まれて初め

もっとみる
Have a nice day ! (´∀`*)ウフフ
2