お題

#秋だからやってみた

急上昇の記事一覧

私の恋はかなわない Version2.0

登場人物 私(琴音):今作の主人公。いきなり江戸幕府将軍の信康の妻になるように告げられ困惑している。 徳川信康:江戸幕府の将軍になる予定の人物。強い精神力の持ち主。琴音の夫となる人物。 後陽成帝:後陽成天皇であり、国の最高権力者。 満月がきれいな今日、私はある坂を駆けていた。 「はぁ、はぁ」 「姫様!もう少しですよ!」 「えぇ、わかってるわよ」 後ろから私を追いかける女官たちの声に答えながらも足を動かす速度を上げる。 (あーもう!どうして私がこんな目に合わなきゃいけないのよ

スキ
6

私の恋はかなわない Version2.0 第2話

登場人物 琴音:今作の主人公であり、信康の正妻。徳川家に嫁ぐとある子に出会う。 徳川信康:江戸幕府の将軍になる若殿。琴音の夫でもある。 幸次:琴音が出会った不思議な子。 前回のあらすじ 信康の元に嫁ぐことになった琴音。唐突に告げられたことにより彼女はまだ心の整理がついていないが、前を向いた。そして、結婚が迫りついにその日を迎えたのであった。 そして次の日の朝。予定通りに信康さまの代理の方がやって来て、私は信康さまの元へとお輿入れすることとなった。 「はぁ~……」 信康さま

スキ
1

note中毒と情報の質と

こんにちは。 私は今、本当に何もやることが無い身です。 したがって、毎日バイト以外では暇で暇で仕方がないわけです。 そうすると人間はなんとかして暇を潰そうとし始めるわけですね。 半ニート生活の最初は本を呼んだり、絵を描いたり、プログラムを書いたり設計したりと自分で選んだコトを少しずつやってそこそこ充足感のある生活を送っていました。 もともと大学院でいろんなことに追われていた身ですので、最初は自分で自由に色々できるというそういうことにワクワクして毎日を過ごしていたのです。

スキ
1

私の恋はかなわない

あらすじ 私は今、葵祭に参加している。源氏物語の世界などを模した行列や神輿なども練って歩くお祭りである。さっきまで私と一緒にいるはずだった彼の姿はそこになかった。 私は一人、目の前に佇んで、目の前を通り過ぎて行く人々の姿を見つめていた。 そしてなぜか急に寂しさを覚え始めたその時、一人の青年の姿が目に入ったのだ。 第1話 https://note.com/hayato_0307/n/n520d9c9a1563 第2話 https://note.com/hayato_0307

スキ
2

VBAの基礎として

前回はVBAのプログラムとしてメッセージボックスにHello Worldと表示するためのプログラムを紹介しました。 今回はセルに変数の値を入力するプログラムを紹介します。 変数とはプログラムの中で計算式や数字、文字を収納しておく入れ物のことです。 以下はプログラムです。 sub 変数の値をセルに入れる() a = 130 range("A1") = a end sub 上記のプログラムを実行するとセルのA1に130という数字が入力されます。 このままでは汎用性は

オタクがオタク六法を読んでみて

この本を読もうと思ったきっかけ インターネットを使用する事が当たり前になってきた昨今、この日本という巨大なプラットフォームを維持するために作られた法律についての知識が皆無と言って過言では無いほど僕は持っていない。 しかし、どうにも、何か法律を勉強したいと積極的に思える事が出来ない。情けない話である。どこから手を付けていいのか分からないのである。 そんな時、大学の図書館で「オタク六法」という本に出合い、このネーミング、表紙を見て読む事を決意した。 本の内容をまるまる全て言うわ

スキ
7

サンタのためのクリスマス

「思い出たくさんのこの書店も、もうすぐ閉店か……。だいぶ前から決まってたこととはいえ、その時が近づいてくるとやっぱり寂しいな」  寒さが一層厳しくなる12月。街はイルミネーションで彩られ、聞き慣れた耳心地の良いクリスマスソングが至る所で流れている。  クリスマスが近づくに連れて浮かれ気分になる者、師走の忙しさに寒さなど忘れて駆け回る者、今年の振り返りを始める者、来年の準備をする者。この時期の人々は、それぞれが違う表情をしていた。  多分に漏れず、本田健介もそんな人々の中

スキ
73

正月までに49kgでしたが、無事達成しました。頑張りました?

十人十色 年内最後のラーメンはクリスマスイブスペシャルスープ 「帆立貝柱の塩らーめん」

私の好きなラーメン屋の一つ「十人十色」。 今日が年内最後で、北海道産帆立貝柱4キロ貝紐2キロから濃い目に抽出したクリスマスイブスペシャルスープを出すと知り行ってきました。 着いた時間は十一時十三分。 第一陣に間に合うかなと思ったらすでに六人待ち人が! オープンは十一時半。 店内はカウンター五席なので、第一陣で入れないと、かなり待たされてしまうのです。 しかし今日は最終日。 普段なら諦めちゃうところですが、今回は並びました。 そして入れたのは十二時。 約四十五分待ちまし

スキ
53

罪や穢れを祓おう 赤坂氷川神社 年越しの大祓い

大祓 神道における神事の一つで六月の晦日と十二月の大晦日に半年の罪や穢れを払う儀式で、全国の神社で執り行われています。 大祓いでは、人の形に切り抜いた形代に自分の年齢と名前を書いて息を吹きかけ撫でて、自分の罪や穢れを移して祓ってもらいます。 本来なら大晦日の儀式に参加してお祓いもしてもらうのですが、コロナのせいで一般参加が中止になっていて形代とお布施を納めるかたちになっています。 書留での受付もしていますが、味気がないのでお参りを兼ねて行ってきました。 行ってきたのは、

スキ
54