お題

#家族の物語

人気の記事一覧

かぞくっていいな

一緒にお風呂に入る前に、息子が服を脱ぎながら、歌を歌い始めた。 くまの子みていたかくれんぼ〜 おしりをだした子いっと〜しょ〜 そして、実際に、こちらに向けてプリってお尻を突き出してくるものだから、僕はたまらず吹き出してしまった。 彼のユーモアのセンスはたびたび 僕という地球を救うけど、 ふと不思議に思うことがあったから、本人に尋ねてみた。 「なんでこんな古い歌知ってんの?」 「お母さんが教えてくれたんだよ〜」 なる〜。 息子のユーモアは彼女の英才教育の賜物

スキ
178

それでも、ボクたちは愛し愛され生きていくのさ

「誕生日、何たべたい?」 案の定、僕と違って食にあまり執着のない彼からは、なかなか答えが返ってこなかった。 仕方がないから、僕からいくつか候補を提案した結果、 今年の記念すべきバースデーディナーは 天ぷら に無事に決まったのだった。 そして、彼の誕生日当日の6/14、はやる気持ちを抑えきれない僕は、お店の予約時間の30分前には最寄駅に着いていた。 途方に暮れて思わず仰いだ天が、なんだかとてもいい感じで、それだけでちょっと感無量になる。 なんとなくオザケンのあの

スキ
179

ボクにはピアノがない、だけど、キミにはドラムがある

子供の頃の流行歌だった 西田敏行の 「もしもピアノが弾けたなら」 まだ幼かった僕は、この歌のサビの歌詞、 だけど、僕にはピアノがない 君に聴かせる腕もない を聴いて、文字通り、 両腕がない男性の歌だと思って、必要以上に切ない気持ちになったのを昨日のことのように思い出せる。 まあそんなどうでもいい記憶はさておき、こんなにも音楽が大好きな僕はあくまでいわゆる聴き専に過ぎず、ピアノに限らず楽器の類が全く出来ない。 実際、大学時代の夏休み、実家でアコースティックギタ

スキ
171

お父さんがいない父の日に思うこと

きのうは"父の日"でしたが、『お父さん、ありがとう』ということばを目にするたびに、心の表面にさざ波がたつような感じをおぼえました。 わたしが11歳のとき、両親が離婚しました。 まえぶれのようなものはなにも無く、ある日から父親が家に帰ってこなくなりました。 仕事からの帰宅時間がいつもおそくて、忙しいときには職場に泊まりこむこともあったので、最初の数日間はあまり気にかけていなかったのです。 "お父さん、ぜんぜん帰ってこないなぁ…?" そう思いはじめたころ、母親から離婚することに

スキ
117

【気になる】あの子の親の特徴

3児の父の枝瀬です。 自分の長男は 今年15歳、高校受験の年です。 つい先日、学習塾の三者面談にいってきました。 僕も去年まで高校教師をしていて、 その前は塾講師もしていましたから、 親目線と高校教師目線と塾講師目線で 面談に臨みました(ややこしい)。 それでも、やはり 実子の子育ては難しいものですね。 思い通りになんてなるわけない。 気になるあの子の親は???教師時代を振り返ります。 多くの生徒と付き合っていると、 自分の子どもが、 こんな風に育ってくれたらい

スキ
87

下町のゲーセンと、煙草の匂いがする団地 | 創作大賞2024

小学生を四人連れてゲームセンターに行くこととになった。 今のゲームセンターは、開放的だ。前向きで楽しげなゲーム機がたくさん並び、プリクラ機はきらびやかに装飾され、隣に女優ライトが付いた化粧直し台まである。 私にとってゲーセンと言えば、薄暗く、たばこの煙が充満し、ちょっと怖い人たちが集まる場所。しかし今は、そんな過去とは決別したようだ。 明るいクレーンゲームには、ご丁寧に攻略法やアドバイスまで書いてある。それを見ると、いかに今までの自分のやり方が間違っていたかが分かる。ク

スキ
46
再生

未開封のカプセルトイが出てきたので全部開封!【ポケモンフィギュア】

部屋を整理していたら未開封のカプセルトイがたくさん出てきたので、全部開封した際の動画です。 フィギュアを飾る大きめの棚が欲しい今日この頃。 是非ご覧下さい! ではでは👋

スキ
48

私が、手紙を好きな理由。

私は手紙が好きだ。LINEやメッセンジャーやメールで伝わる言葉ももちろんあるけれど、手紙じゃないと伝わらない気持ちもあるんじゃないか、と何処かで思っている。 なぜ、手紙がそんなに好きかというと、母とのエピソードが大きい。 母は、筆まめな人だった。何かしらあれば、誰かに手紙を書いたり、贈り物をしたり、人への感謝を常に忘れない人だった。今もそう。 記憶に強く残っているのが私が小学4年生の時。沖縄に行って戦争の歴史を学ぶという平和学習ツアーがあった。なんと3泊4日で、参加費は

スキ
81

義父の死によせて ありがとう。義父さん!

義父が、6月の92歳の誕生日を待たずして亡くなった。 息子と娘の誕生日は、月は違えど、日はおなじで、義父も息子と娘の誕生日とおなじ「日」に亡くなった。 朝6時に夫の携帯に「血圧が下がってきたので・・・」と、病院から一報をいただき、駆け付けたが、微弱に脈を打っているだけで反応はなく、手も既に冷たかった。 入院の予定期間は1カ月ほどで、その後のことは、施設に入るか、家に帰るか決まっていなかったが、期間いっぱいまでもたずに命が尽きたのは、義父の思いやりだろうか。 家に帰って

スキ
92
有料
100

これを「枯れた」というのだろうか?

現在募集中のnote「創作大賞」に、エッセイ部門がある。 以前の私なら、きっと意気込んで書いていたと思うんだけど、今の私は、昔のような情熱があまり湧いてこなくて、いまだに躊躇している。 書こうと思えば、私の引き出しには過去の体験によるネタがたくさんあり、深掘りすれば数千字の長い記事に仕上げることができる体験ネタもいくつかある。 だけど、文字に落とし込むためのエネルギーが出てこないのよね。 これを世間の人は「枯れた」と表現するのかもしれないけど、なんとも複雑な心境なのである。

スキ
35

母のことを話そう

大阪の商売人の家に長女として生まれ、小さな平屋に何人もの住み込みで働く方たちがいるような、常に騒々しくおよそプライベートなどというものはない中で、おそらくたくさん愛されて育った母とのことを話そうと思う。 私は母のことが大切で幸せを願っているが、3日一緒にいると怒りが爆発して傷つけてしまう。それがなんでなのか、どうしたらいいのかわからない。だから、盆や正月に実家に帰るときは喜びと後悔と葛藤がある。その母が今年の夏、生まれ育った大阪を離れ、私のいる(娘家族以外に知り合いの一人も

スキ
36
再生

世界最大級の水族館で見た美しい水景の数々【大阪】購入品紹介♪

人生初の大阪は子供たちの要望でユニバ目的で行きましたが、ユニバに行く前日に少し時間があったので海遊館にも行きました。 伸び伸びと暮らす生き物たちに癒されて大満足でした。 購入品の中では「ぬいぐるみ3変化王様ペンギン」という3300円のぬいぐるみが我が家では大人気でして、 公式オンラインでも販売が開始されたようなので気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。 またジンベイソフト食べたいです! 是非ご覧下さい♪ ではでは👋

スキ
58

【家族】「ごめんなさい」が言えなくて

こんにちは! 初担任のサポーター、だいです! 主に「学校教育」をテーマに発信しています。 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ ①「教育」全般に興味がある人 ②「教育」に悩みや不安がある人 ③(ゆえに)自信がなくて、  同志もいなくてもがいている人 ④自分らしくありたい人 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ に向けて、 自分が今まで投資して得た 価値ある学びを 月・水・金の 週3回の頻度で 有料記事も織り交ぜながら 発信し

スキ
74
再生

ほのおタイプのポケモンたちを連れて遊びに行くと•••

子供たちと実家に遊びに行った際の動画です。 この日はほのおタイプのポケモンたちを連れていきまして、想像していなかった出会いがありました! 孫の為に本気を出してくれた祖母には感謝感謝でございます。 是非ご覧下さい! ではでは👋

スキ
50
再生

コンビニ産のバラパック全開封で当てたいジャケポケのレアカードたち!

コンビニで買ってきた3種類のポケモンカードを家族で開封した際の動画です。 動画にはしてませんがポケカバトルを子供とし始めてからよりポケモンカードの開封が楽しくなりました。 最近はコンビニでも気軽に買えるようになってきて嬉しい限りです。 是非ご覧下さい! ではでは👋

スキ
30

最期を迎えた父との思い出

先日、SNSで知人のお父様が亡くなった投稿を見て、1年半前に他界した父のことを思い出した。 心の痛みは今も確かにあるのに、父との大切な一つ一つの思い出が離れていっていることに気づいたので、ちゃんとここに記録しておこうと思う。私がこれからも父と出会い直すことができるように。 父を思い出す時、常に後悔や心の痛みがセットでやってくる。父の最期が近いことが分かってから、自分にできることは精一杯やった。それでも私は今も後悔でいっぱいだし、この感じている痛みは、むしろ忘れず持ち続けた

スキ
54

後悔のうえを走るもの

夫によく言われるのだけれど、わたしはお年寄りに話しかけられることが多い。女性であること、威圧感を与えにくい小柄な体格であることが理由なのだろうと、自分では思っている。 このあいだはスーパーマーケットで80歳過ぎと思われる女の人に声をかけられた。 「頭、上手にやってるねぇ。かわいらしいのもついてるわ。それ、どないしてるん?」 わたしのヘアアレンジを指差し、目にはおちゃめな光をためて、女の人は立っていた。おばあちゃまとお呼びしたい風情である。 その日のわたしは、後頭部を軽

スキ
72

アラ還だからこそ「next time」よりも「now」をもっともっと大切にして生きていきたい

アメリカの家族を描いた人気海外ドラマ『This is us』(Amazonプライムビデオ配信)は私にとって大好きな海外ドラマの一つだ。 今回は、シーズン4の16話で私の心に残ったことを書いてみたい。 『This is us』 1980代の過去から現在までのピアソン家に起こった物語 ジャックとレベッカ夫婦と彼らの三つ子の子供たちのエピソードを 現在、過去、そして未来にまで及んで描かれた ドラマだ。 このドラマはケビン、ケイト、ランダルの三つ子が36歳の設定から始まってい

スキ
99

【創作大賞2024恋愛小説部門応募作】『もう、忘れていいよ』(1)

#創作大賞2024 #恋愛小説部門 誰にでも忘れてしまいたい記憶や体験がある。 取り除くことができたら、そこから新しい未来に踏み出せる。 「もう、忘れていいよ」その言葉に、心に刺さったトゲ(傷)のようなトラウマから解き放たれる。 生涯をかけてあなたを愛していきますと、誓い合う運命の人との出会い。 そして「もう、忘れていいよ」この言葉に、あなたもきっと救われる。 ここから本文 タイトル「もう、忘れていいよ」 第1章【こうして俺は、忘れさせ屋になった】 残業で終電の一

スキ
32

父の放し飼い

随分大きくなってもなお、父を猛烈に恐れていた私達姉妹が、一度だけ激しく父を怒鳴りつけたことがある。 季節は記憶にないが、特に暑かったとも寒かったとも思わなかったようなので、今頃だったのかも知れない。 私も妹ももう働いていて、家族皆の帰りが遅くなるのが当たり前の頃だったのは覚えている。 我が家には一匹の駄犬がいた。母が拾ってきたソイツはジロといい、間抜けで食いしん坊で、お茶目な上にかなりの甘えん坊で、一家の癒しの存在になっていた。 我が家には猫の額ほどの庭があったが、そこで粗

スキ
28