『拗飛』

最近、あんまり私の相手をしてくれない。

同じ家にいるのに、仕事ばっかり。

いつもは私が気まぐれで、気が向いた時しか

甘えないから、仕方ないのかもしれないけど。

それもあって、寂しいと声には出せない。

仕事が落ち着いた頃から、機嫌をとり始めた。

私の好きな食べ物を買って、ハグを迫る。

今さら、そんなこと。拗ねたままでいた。

だけど、やっぱり負けてしまった。

猫じゃらし出されたら、飛びつくしかないわ!


#10行 #ショートストーリー #ショートショート #超短編 #短編 #短編小説 #小説 #詩 #現代詩 #スキしてみて #猫 #飼い主 #気まぐれ #甘える #寂しい #仕事 #恋愛 #機嫌 #好きなもの #食べ物 #ハグ #拗ねる #負ける #猫じゃらし #飛びつく #恋人 #彼 #疑似恋愛 #拗飛

この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます(^^)ぜひ、感想も教えてください。
17
-10行の創作世界- すべてはフィクションです。10行しかありません。 作品それぞれの色彩・時間軸・年齢・ビジュアル等を、 想像して楽しんでいただけたら嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。