夢幻鉄道

7

夢幻鉄道~星空の約束

◆はじめに

お久しぶりの夢幻鉄道シリーズです。
約3500文字でやや軽め。

夢幻鉄道シリーズは有料記事ですが
物語は全文読めます。
一番最後に投げ銭コーナーを
つけていますので
面白かったら次回への応援の気持ちを
少しだけいただけると励みになります。

◆1

僕には忘れられない人がいる。

6歳の頃、電車に揺られていった先の町で
出会った同じ年ぐらいの女の子。

あんな小さな頃なのに不思議な

もっとみる
そんなあなたを私もスキですっ
4

夢幻鉄道~嫌い、キライ、きらい…

段落ごとに見出しをつけてます。
途中まで読んだ時は
見出し番号を覚えておけば
そこから読めますので
しおり代わりにどうぞ。

有料記事となっておりますが
物語全文は無料で読めます!
”面白かった”軽い気持ちで入れる
おひねり置き場が
有料になっておりますm(__)m

◆1

わたしは、子どもがきらい。

なのに今わたしはお母さんをやっている。

大好きな人が出来て
この人との子どもが欲しいと願っ

もっとみる
また、あそびに来てください
10

夢幻鉄道~閉じた世界の内側で(あとがき)~

はじめに

こちらはあとがきです。
物語を読んでから読んでいただけると
嬉しいです。

西野亮廣エンタメ研究所にて
共通テーマを通して
多くのクリエイターさんが
様々な物語を紡ぐ「夢幻鉄道」
2作目も無事運び終わりました。

noteに記事を持ってきたのを機に
検索かけてみたら
山ほど書いている方がいらっしゃる。

FBコメント欄にて
物語書いたよアピールはしてますが

ここまでくると
忙しい西野

もっとみる
応援ありがとうございます!
9

夢幻鉄道~閉じた世界の内側で(後編)~

前編から読む方はこちらから

【22】

『ざ、ざざざ…

コレは本当二辛いネ!

ねえ”カナちゃん”

次はどの

”悲しイ記憶”を

聴きたイ・・・?』

ココロチャンネルは
無情なほどに明るい声で
次の放送を流そうとした。

「放送を止めろ!
どこでこんなものを流しているんだ!

ここはカナの心の中なのか?
カナ、どこかにいるのか!?」

僕は叫んだ。
どこからも返事なんてなかった。

ココ

もっとみる
応援ありがとうございます!
8

夢幻鉄道~閉じた世界の内側で(前編)~

【1】

夏休み最終日の翌日。

その日から小学四年生の娘が
不登校になった。

どうしても布団から出てこない。
学校に行きたくないのだという。

「休み前まで普通に行けてただろ。
どうして急にそうなったの?」

ネクタイを締めながら僕は妻に言う。

妻は言う。

「急じゃないよ。
ずっとそうなりそうな気がしてた。
前から言ってるじゃない。

カナは発達障害があるかもしれないって。
”普通”のクラ

もっとみる
シェアいただけたらこれまた嬉しいです
6

夢幻鉄道~シオン~ あとがき

私の拙い書いた物語を読んでいただいた方、
ありがとうございました。

このあとがきまで読んで下さる方が
どれぐらいいるかはわかりませんが
同じ記事の中に
物語以外の文章を入れたくなかったので
こちらに書いています。

今回の物語は
西野エンタメ研究所にて
西野さんが発したひとつのテーマ
「夢幻鉄道」にて
書かせていただいています。

 

興味が湧いた方は #夢幻鉄道 を検索してみてください。

もっとみる
シェアいただけたらこれまた嬉しいです
5

夢幻鉄道~シオン~

西野エンタメ研究所発 夢幻鉄道作品です。
以前アメブロで公開していましたが
noteも使ってみようと思い
こちらに持ってきてみました。

【1】

ばあちゃんが僕の名前を
呼ばなくなってからもう1年経つ。

呼ばなくなったのは僕の名前だけじゃない。

父さんの名前も、母さんの名前もだ。

日当たりのいい縁側で
ばあちゃんはいつも静かに
死んだじいちゃんの写真と
話をしている。

【2】

僕が学校

もっとみる
応援ありがとうございます!
10