佐々木ののか

文筆家。✉tegami@sasakinonoka.com Twitter:@sasak…

佐々木ののか

文筆家。✉tegami@sasakinonoka.com Twitter:@sasakinonoka

マガジン

  • Kuubo.Magazine β

    佐々木ののかが主宰するKuubo.(クーボ)のwebマガジンβ版です。

記事一覧

固定された記事

『自分を愛するということ(あるいは幸福について)』(亜紀書房)が刊行されました

こんにちは、文筆家の佐々木ののかです。 2022年3月25日に、私の2冊目の単著となる『自分を愛するということ(あるいは幸福について)』というエッセイ集が、亜紀書房さん…

49

【Kuubo.Magazineβ】選べなかった人生~第2回 岩渕貞太~

選ばなかった、あるいは選ぶことができなかった生き方に触れると、いつでも身体が火を噴いて我が身を焼く。自分で選んだ、あるいは当時はそうするしかできなかったと納得し…

佐々木ののか
5か月前
21

【Kuubo.Magazineβ】選べなかった人生~第1回 亜鶴~

選ばなかった、あるいは選ぶことができなかった生き方に触れると、いつでも身体が火を噴いて我が身を焼く。自分で選んだ、あるいは当時はそうするしかできなかったと納得し…

佐々木ののか
10か月前
45

「確定申告はなぜ始まってしまったのか」歴史と社会から見る税の仕組み

2月になると思い出すのが、確定申告の存在。 税額を確定するために必要な手続きとはいえ、領収書や請求書といった膨大な書類を前に「どうしてこんなことを……」と思ってし…

29

編集・ライティングのお仕事を承ります(+今後について)

こんにちは、佐々木ののかと申します。 (直近のお仕事はこちらにまとめました。) 2015年にそれまで勤めていた会社を辞め、フリーランスのライターになってから丸7年が経…

83

五体満足なのに、不自由な身体

***ブザーが鳴り、幕が上がる*** 1.わたしはわたしをインストールして家庭とか社会とかいう舞台をやる物心ついたら、お父さんという人とお母さんという人がいて、…

2,127
『自分を愛するということ(あるいは幸福について)』(亜紀書房)が刊行されました

『自分を愛するということ(あるいは幸福について)』(亜紀書房)が刊行されました

こんにちは、文筆家の佐々木ののかです。
2022年3月25日に、私の2冊目の単著となる『自分を愛するということ(あるいは幸福について)』というエッセイ集が、亜紀書房さんより刊行されました。お手にとってくださった方々、本当にありがとうございます。たくさんのご感想をお寄せいただけたり、気にかけてくださったりと、身に余る喜びの波が毎日押し寄せているのですが、今回の本は多くの方にお手にとっていただきたい気

もっとみる
【Kuubo.Magazineβ】選べなかった人生~第2回 岩渕貞太~

【Kuubo.Magazineβ】選べなかった人生~第2回 岩渕貞太~

選ばなかった、あるいは選ぶことができなかった生き方に触れると、いつでも身体が火を噴いて我が身を焼く。自分で選んだ、あるいは当時はそうするしかできなかったと納得していても、もう一方の道を歩んでいる人を見ると、うら暗い気持ちになる。そうした気持ちとの折り合いを未だつけられず、身から出た糸にこけつまろびつしながら、解決の糸口を探しているのがこの私だ。しかし、そうした葛藤を抱えているのは、きっと私だけでは

もっとみる
【Kuubo.Magazineβ】選べなかった人生~第1回 亜鶴~

【Kuubo.Magazineβ】選べなかった人生~第1回 亜鶴~

選ばなかった、あるいは選ぶことができなかった生き方に触れると、いつでも身体が火を噴いて我が身を焼く。自分で選んだ、あるいは当時はそうするしかできなかったと納得していても、もう一方の道を歩んでいる人を見ると、うら暗い気持ちになる。そうした気持ちとの折り合いを未だつけられず、身から出た糸にこけつまろびつしながら、解決の糸口を探しているのがこの私だ。しかし、そうした葛藤を抱えているのは、きっと私だけでは

もっとみる
「確定申告はなぜ始まってしまったのか」歴史と社会から見る税の仕組み

「確定申告はなぜ始まってしまったのか」歴史と社会から見る税の仕組み

2月になると思い出すのが、確定申告の存在。
税額を確定するために必要な手続きとはいえ、領収書や請求書といった膨大な書類を前に「どうしてこんなことを……」と思ってしまうのは私だけではないはずです。

そういえば、なぜ確定申告は始まったのでしょうか。
そもそも、誰がいつから、確定申告を始めることにしたのでしょうか。

そんな理由を知るために読み始めたのが、『税から読みとく歴史・社会と日本の将来』(栗原

もっとみる
編集・ライティングのお仕事を承ります(+今後について)

編集・ライティングのお仕事を承ります(+今後について)

こんにちは、佐々木ののかと申します。
(直近のお仕事はこちらにまとめました。)
2015年にそれまで勤めていた会社を辞め、フリーランスのライターになってから丸7年が経ちました。その間に、インタビューや記事構成、エッセイや書評欄への寄稿など、さまざまなお仕事を経験させていただいて現在に至ります。(これまでにお仕事をくださった皆様、ありがとうございました!)

2021年1月からは北海道に移り住み、そ

もっとみる
五体満足なのに、不自由な身体

五体満足なのに、不自由な身体

***ブザーが鳴り、幕が上がる***

1.わたしはわたしをインストールして家庭とか社会とかいう舞台をやる物心ついたら、お父さんという人とお母さんという人がいて、わたしはその2人の子どもというものらしかった。

お父さんという人はお父さんというよりも自由奔放に人間をやっているという感じで、お母さんという人は一生懸命にお母さんをやっていた。

お母さんは家族のからだに悪いからと言って、冷凍食品とかレ

もっとみる