ワールドシューマツレポート

18
記事

【現地ルポ】映画『パラサイト』が描く韓国格差社会のリアル (ロケ地マップ付き)

アジア映画として初のアカデミー賞作品賞を受賞した、韓国映画『パラサイト 半地下の家族』。その中で描かれている、韓国の格差社会の現状。日本では知られざるその実態をこの目で確かめるために、2月3日、韓国へ渡航しました。そこで目の当たりにしたのは、映画の世界のままの暮らしと、もはや映画以上の実態でした。

(※この様子はリーマントラベラー公式YouTubeチャンネルにて動画でもまとめています)

旅をす

もっとみる
最高です!ありがとうございます!
25

初めてロシアの空港で拘束された、とある秋の日の話

2019年11月 ロシア・ユジノサハリンスク

11月の三連休。土日で北海道での仕事を終えた僕は、まだ休みが1日あったので、札幌・新千歳空港から気軽に行ける海外、ロシア・ユジノサハリンスクへ行くことにしました。

ユジノサハリンスクがある南樺太は、1905年から1945年まで日本が統治していた土地。ですが、今のユジノサハリンスクに、日本統治時代の面影はほとんどありません。

敗戦から4年後の194

もっとみる
最高です!ありがとうございます!
31

いつかまた戻りたい、シリア。

2019年9月 オーストリア・ウィーン

秋晴れの空の下、僕はウィーンの空港に降り立ちました。EU内のブルガリア経由だったため、入国審査もなくスムーズに入国。市内へ向かうため、僕はスマホを操作しUberを呼びました。

5分もしないうちにドライバーと合流。僕とバックパックを積んだ車は、市内へと走り出しました。

ハイウェイを走る車。助手席に座った僕。運転手の名はバゼル(仮名)、30歳の独身男性だそ

もっとみる
最高です!ありがとうございます!
27

いつも背中を押してくれたのは、あの時に見たテレビだった。 【僕がYouTubeをはじめる理由】

あの頃はまだ、世界は遠く、手の届かない存在だった。

▼6歳の時に初めての海外旅行。マレーシアにて。(右が筆者、左は2歳下の弟)

僕が海外旅行に目覚めたのは、24歳。旅好きの人からすると、遅咲きと言われるかもしれません。それもまさか、こんなにも旅にハマる未来が待っているなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

しかも、簡単に始められたわけではありません。

英語がまったく話せない僕が、日本

もっとみる
最高です!ありがとうございます!
34

天国にいちばん遠い日

2019年8月 ニューカレドニア

“天国にいちばん近い島”という島があるらしい。

天国からの距離が近いのか、はたまた、天国にそっくりの風景なのか、何をもって天国にいちばん近いのかはわからなかったけれど、ただそこに美しい景色があることだけは容易に想像ができました。

「いつか行って、確かめてこよう」

そう思ったのは、いつからだっただろう。

チャンスが僕に訪れたのは、2019年8月。お盆直前の

もっとみる
最高です!ありがとうございます!
33

テレビで見る世界だけが、世界じゃない。

2019年4月 インド・アムリトサル

これは、みんなに知ってほしい。

テレビや新聞で見ている世界とは、また違った、もう一つの世界。

2019年4月30日。僕が平成最後の日に選んだ旅先は、インド・アムリトサルでした。

インド北西にある街、パンジャーブ州・アムリトサル。パキスタンから約30kmの場所に位置する街。そして、インド↔︎パキスタンの陸路国境で唯一開かれている検問所が近くにある街でもあ

もっとみる
最高です!ありがとうございます!
48

「すべてはきっと、うまくいく!」そう思っていた、パキスタン。

2019年4月 パキスタン・イスラマバード

「すべてはきっと、うまくいく!」

昨日の今頃はそう思っていた、僕の平成最後の旅。

2019年、ゴールデンウィーク。

平成最後の旅。

行ったことない国へ行き、見たことない世界を見たい。そう思って、行くと決めたのが、パキスタンでした。

インドの隣にあって、元々はインドと同じ国だったのに、今はインドととても仲が悪い国。情勢が不安定な事もあ

もっとみる
最高です!ありがとうございます!
67

鼻に感じたあの違和感は。

2018年12月 エルサルバドル・サンサルバドル

 街の匂いが、急に変わった。

 燦々と太陽が照りつける、エルサルバドルの首都・サンサルバドル。首都と言えど、それほど高い建物は建っておらず、日本にいる時よりも、目の前には青空が広がっている。

 街を歩けば、どこからともなく聞こえてくる、ラテン音楽。それに、陽気なエルサルバドル人の笑い声が加わる。そして、あちこちの屋台から立ちのぼるのは、伝統料

もっとみる
最高です!ありがとうございます!
13

僕が、旅に行く理由

僕が、旅に行く理由。

それは、『自分を知るため』なんだと思う。

非日常に触れ、自分と向き合うことで、まだ知らない自分を知る。

すると、もっと自分が好きになる。
そして、もっと自分に優しくなれる。

旅は、それの繰り返し。

僕の旅は、そんな終わりなき、自分探しの旅。

▼この年末年始の旅で見つけた、今まで見た中で一番美しい光景。中米・エルサルバドルの教会にて。

皆さま、今年もお世話になりま

もっとみる
最高です!ありがとうございます!
16

ぜんぶ片桐はいりさんのせいだ

2018年の年越しは、中米・グアテマラで過ごすことに決めた。

グアテマラと聞いて僕が知っていることといえば、メキシコの下にあって、コーヒーが美味しいことくらい。よりによって、そんな国で新年を迎えることになるなんて、ぜんぶ片桐はいりさんのせいだ。僕はいつも一冊の本と出会い、本に背中を押されて、旅に出る。

平日は広告代理店でサラリーマンをしながら、限られた休みで世界を旅する僕であるが、旅への欲求を

もっとみる
最高です!ありがとうございます!
17