億の近道note版2021

193

市場潮流

 今週(11月29日~12月3日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で772円05銭下落し(率にして2.51%の下落)、2万8029円57銭で取引を終えました。2週連続の下落です。

 先週末に南アフリカなどで発見された新型コロナの変異株「オミクロン型」への警戒感が強く、週を通じてリスク回避目的の売りが優勢となりました。加えて、11月30日(火)の米議会証言で、パウエルFRB議長がテーパリング(

もっとみる

【〆切1日前!】まぐまぐ大賞2021 億の近道へ投票お願いします!!

いつもご愛読ありがとうございます。

さて、毎年恒例の「まぐまぐ大賞」ですが、2021年版の投票期限が12月6日月曜日迄となっております。

これは、億の近道も利用しているメルマガ配信プラットフォーム「まぐまぐ!」での人気メルマガを決定するものです。

億の近道は株・投資部門で2017年に部門グランプリを受賞しています。

ぜひ清き一票をお願いいたします!
投票は以下から!

https://ww

もっとみる

『ナショナルエコノミー』(ゲーム)のススメ

 先日、弊社主催で「ナショナルエコノミー」というカードゲームのゲーム会を開催しました。

 「ナショナルエコノミー」は事業を経営するワーカープレイスメントゲームです。
 プレイヤーは労働者を職場に配置して製品を作り、販売し、新たな職場を建設します。

 このゲームのユニークな点はお金が循環する事です。
 プレイヤーの払った給料が労働者の家計に入り、彼らが商店で買い物をする事で再びプレイヤーの手に戻

もっとみる

有料メルマガライブラリから(405)「この下落に冷静に対処することが大事」

 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。

=コラム「この下落に冷静に対処することが大事」=
 (有料メルマガ第468回・2018/2/6配信号

もっとみる

過去の安値圏に来つつあるバリュー株

 株式投資の王道は成長株投資。一口に成長株投資と言っても利益の成長性を見抜く必要が求められる。

 過去から今日まで長期に利益成長を辿り評価され続けてきたのがトヨタ(7203)。トヨタ株を資産株として長期保有されている投資家は多いだろう。

 また、産業のコメともいうべき半導体に関連する東京エレクトロン(8035)も誰も否定できない成長銘柄で半導体不足となっている今、新たな株高神話を醸成しつつある

もっとみる

市場潮流

 今週(11月22~26日)の東京株式市場は、祝日(23日(火))を挟んだ4日間の立会でしたが、日経平均株価が週間で994円25銭下落し(率にして3.34%の下落)、2万8751円62銭で取引を終えました。2週ぶりの下落です。

 週を通じて、ドイツなど欧米での新型コロナの感染再拡大を警戒するムードが強く、26日(金)は、日本時間早朝に南アフリカで感染力の強い新たな変異ウイルスが検出されたことが伝

もっとみる

足元の相場動向

10月28日のメルマガで下記のように書きました。

『上手くいっていない銘柄を書きますと(どうなるか分かりません、笑)、すらら(3998)とメドピア(6095)がイマイチで(汗)、次に狙っているのはBASE(4477)、チェンジ(3962)といった辺りです。将来が楽しみと感じるものの、高値からの(投げ?)売りと、ファンドによる空売りが減りませんので様子見しています。』

 すららネットの変わり映え

もっとみる

経済の記事を楽しく学ぶ方法

 億近読者の皆様こんにちは。小学生の親御様のために、お金の教育論について寄稿させていただいております遠藤です。
 今回は、「経済ニュースの教え方」を取り上げます。

 「経済の記事を読むのが億劫だ」と感じる人は、私だけではないと思います。
 経済記事は、娯楽ではありません。事実だけがツラツラと書かれた真面目な文章です。投資や仕事のために必要だとわかっていても、読んでいてウキウキワクワクするものでは

もっとみる

個人投資家KY氏のこと

 株式市場には運用のプロである機関投資家だけではなく、多くの個人投資家が参加し、日々の相場変動を楽しんでおられます。

 自己責任の下で個別銘柄を売り買いしながら運用成果を高めておられる多くの個人投資家の中には今回取り上げるような熱心な個人投資家もお見えです。

 KY氏は元大手機関投資家にお勤めされた経験のあるベテラン投資家。
 KYだからと言って空気が読めない投資家だという冗談はともかく、いつ

もっとみる

『あたらしいお金の教科書』の著者新井和宏さんと考える、これからのお金の使い方-後編

今回も前回に続き、「新しいお金」について社会的実証実験に取り組んでいるeumoの新井社長との対談です。

[プロフィール]

新井 和宏
 株式会社eumo 代表取締役

 1968年生まれ。東京理科大学卒。
 1992年住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)入社、
 2000年バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現・ブラックロック・ジャパン)入社。
 2007~2008年、大病とリーマン・シ

もっとみる