長期投資対談&セミナー 山本潤氏×小屋洋一氏「山本潤解体新書」

長期投資対談&セミナー 山本潤氏×小屋洋一氏「山本潤解体新書」

10/23土曜日、小屋洋一氏と山本潤氏が登壇!! 長期投資セミナー+対談イベント 開催!  億の近道水曜日執筆者小屋洋一氏と、先日ダイヤモンド・フィナンシャルリサーチを卒業し、あらたな長期投資のあり方に挑戦する山本潤氏が出演!!  長期投資の哲学を基本とした山本潤氏の基調講演「エンデから学ぶ長期投資の手法」のほか、対談では、「山本潤解体新書」として、彼の投資哲学の源泉から子育てまで、長期投資家山本潤氏を丸裸にしていく予定です。  小屋洋一氏が腕をふるいます! ■小屋洋一

スキ
1
市場潮流

市場潮流

今週(10月11~15日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で1019円69銭上昇し(率として3.64%の上昇)、2万9068円63銭で取引を終えました。4週ぶりの上昇です。  東京株式市場は、先週7日(木)に9営業日ぶりに反発し、8日(金)は前日比370円高と続伸しました。米国の債務上限問題に解決の兆しが見えたこと、大型連休が明けた中国・上海株式相場が堅調だったことなどが支えとなりました。  今週は、先週の地合いが続いたことに加え、岸田首相が「金融所得課税の導入を急が

スキ
4
子供にお金のことを教える時のコツ

子供にお金のことを教える時のコツ

 億近読者の皆様こんにちは。  小学生の親御様のために、お金の教育論について寄稿させていただいております遠藤です。  私は、セミナーなどでお金や投資について小学生や中学生にお話する機会があります。  私たち大人にとってはお金の話は興味深いですが、子供達にとっては退屈だったり難しく感じたりするものです。  子供にお金のことを伝える際には、体験をもって教えるのが一番です。  例えば、10円玉が10個で100円という話をする場合、数字だけで説明すると子供にとっては退屈なもの

スキ
2
魅力度調査

魅力度調査

 今年も都道府県魅力度ランキングが10月9日に発表された。  この調査はブランド総合研究所が毎年行っているもので国民の関心が高いからと例年、メディアが喜んでこの結果を発表する。  ブランド総合研究所が調査するだけにこのランキングの意図するものは各都道府県の知名度やブランドが背景になっていると思うがはっきり言って結果はどうでも良い。  恐らくは観光客をそこに誘導しようという意図があってのランキングなのか。  いつものように1位は北海道(点数は73.4点)で13年連続。2位

スキ
4
周期的株価変動

周期的株価変動

 新型コロナの陽性者が見事に減少してきた。本日の東京都の陽性者数は49人となり今年最少。なぜこれほど減少してきたのかは専門家すら分からないと言うほど謎めいており、いつも目にする陽性者のグラフが山から谷底に陥ってしまった。  それでも過去の周期的な変動のグラフからはまた11月半ばぐらいから増加するのではとの危惧する専門家もお見えになる。  周期的な変動を繰り返し、第6波は第5波を上回る感染拡大を予見する専門家もいる。  こうしたグラフを眺めながらふと思い起すのは株価のチャー

『お客さんに何もしてもらわないこと』がアドバイスの一番の価値

『お客さんに何もしてもらわないこと』がアドバイスの一番の価値

 今日はフィデリティ証券さんと我々アドバイザー有志で勉強会を行っていました。  テーマは、フィデリティ証券さんが7月にリリースした ザ・ハイブリッド https://www.fidelity.jp/fwe-top/ というロボアドと人間によるアナログのアドバイスを組み合わせたサービスについてディスカッションを行っていました。  フィデリティ証券は米国・欧州を中心としたグローバルに展開している証券会社なので、世界的な潮流はしっかりと理解されていて、日本においても米国同様

スキ
2
石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究 特別版」「遺言の書き方 その1」2019/01/22

石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究 特別版」「遺言の書き方 その1」2019/01/22

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ ================================= ---------------------------2019/01/22-      石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究 特別版」 --------------------------------- =================================  億の近道の大人気執筆者、石川臨太郎が皆様へお贈りするメールマガ

スキ
5
有料
290
有料メルマガライブラリから(398)「企業の成長性を見据えた投資に復帰する」

有料メルマガライブラリから(398)「企業の成長性を見据えた投資に復帰する」

 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。  自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。  なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。 =コラム「企業の成長性を見据えた投資に復帰する」  (有料メルマガ第493回・2018/8/7配信号) ※2018年8月現在の内容です。留意してお読み下さい。 【前略】  ま

スキ
3
出遅れ銘柄探し

出遅れ銘柄探し

~ダイヤモンドザイに見る最新理論株価で見出した割安銘柄~  投資家も千差万別。キャッシュが潤沢にあってリスクテイクに迫られている投資家にとっては市場での積極運用に迫られている一方で、限られた資金を少しでも効率的に運用しようと考える個人投資家の皆さんにとっては無理をしてリスクを取る必要はなくじっくりとコツコツ型の投資で臨むことができる。  つまり運用スタンスはそれぞれの投資家ごとに異なる訳だ。  リスクテイクはしても流動化も絶えず念頭に置いて運用しないとならない機関投資家は

スキ
3